1. その他のネットワーク・サーバ・通信インフラ関連職

その他のネットワーク・サーバ・通信インフラ関連職の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

その他のネットワーク・サーバ・通信インフラ関連職の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

その他のネットワーク・サーバ・通信インフラ関連職の年収

全世代平均 419 万円
最高:1100万円 / 最低:160万円
※全278件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1100 万円
    大阪府 40歳 男性 2014年頃
    昇進は順調で早ければ管理職になり40歳前には1000万を超えることは可能です。
    ただし組合員の間は守られているためサービス残業はありませんが管理職の下っ端である課長はこき使われる傾向があります。かなり疲弊している人も多いです。一度出世が遅れるとどれほど優秀で成果を残してもリカバリーは殆ど不可能です。
  • 1050 万円
    東京都 51歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    基本的に昔ながらの年齢給を引きずっていて給与いいが、賞与年2回(計4.0ヶ月以上)に加え、一般社員で10万円前後の期末賞与もほぼ毎年支給される、管理職は業績により期末賞与でも10万から30万と人により差が発生する
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価や人事制度に幾分、人の好き嫌いが見え隠れするので公正な処遇を受けているのか疑問に思う、また社員間の愚痴も出る
  • 1000 万円
    東京都 43歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    安定しています。同業他社と比べても遜色ない金額はもらえるのではないでしょうか。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    年功序列意識が強い。若年層からの抜擢は基本的にないです。
    360度評価など、いろんな仕掛けがある割にはあまり有効に使われていないように感じます。良くも悪くも部課長次第。
    減点主義なところが目につきます。優秀なんだろうけど、何がやりたいかわからない幹部や管理職が多い。
  • 1000 万円
    東京都 40歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    かなりの頑張りを見せることができれば、高評価につながる。高評価の場合、納得できる昇給をもらえたと思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    ただし、どこの会社でも同じだと思うが、評価するのは人間のため、上司との仲が良くないとそれまでと同じ頑張りでも、別の上司に変わったとたん良い評価にはならないこともある。その際は、昇給はほとんどなかった。
  • 960 万円
    東京都 29歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    若い時期から給料が上がりやすい。
    毎年総合職、専門職、副主任、主任はその中でもランクが分かれているが、特に問題がなければ毎年昇級がある。昇級すると3万円ずつ上がっていくことになる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上が詰まっており、上級専門職には上がりずらくなっている。その為、主任から上に上がれずに、給料も据え置きな人が数多くいる。
  • 920 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    自分のような新卒入社では、近年は実力よりも年功序列になりつつある。若手で非常に高い成果を出し、トップクラスの優秀な評価を得ていても、上の世代で昇進や昇給が詰まっていると上がらない傾向が出てている。また、役職(タイトル)だけ上がり、それに応じるべき昇給が与えられないなど一部で歪な状況にも事実としてある。IT業界の中でも相対的には高収入であるとは思うが、透明性がなくなりつつあるので個人的には非常に不満が出やすい環境だと感じている。新卒では入社5年前後に転職すれば経験も収入も増え、キャリアアップになり、総じて幸せになると思う。
  • 900 万円
    東京都 34歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    主査クラスでも残業代でそれなりの年収になるので、無理に上を目指さなくてよい。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    新卒採用で昇格枠に入っている人間はとにかく昇格しやすい。仕事ができるできないだけでなく、上司に気に入られることも非常に重要。それに比べて、中途採用や何度か昇格に失敗した人間、上司のやり方に従わない人間はは昇格するのが非常に難しいと感じる。
  • 900 万円
    東京都 39歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    他の同年代と比較して頭ひとつ高かった。年俸制の為、夏と冬のボーナスは無かったが、業績賞与が、当時は支給された。会社の査定次第たが、結構な額を支給された。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    昇給や業績賞与の査定だか、査定する側に好かれてるか好かれてないかの判断が大きい様な感じがした。事務所のトップとの折り合いが悪い場合は、業務が円滑に進まず評価が悪くなる流れとなる。
  • 880 万円
    東京都 33歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    年齢が高い世代は、年功序列で昇格したため基本給と、昇給幅もまずまず。
    新しく入ってきた人、若い人は昇格は狭き門となっている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    残念ながら若い人、できる人からどんどんとやめていってしまう。
    上の世代と比べて、給与と評価制度に不公平感を感じることが多いからだと思います。
    スキルより上司に対する人当たりなどで評価されているパターンが多い。
  • 860 万円
    東京都 40歳 男性 2015年頃
    評価制度は整っていると思います。部署の中で相対的に順位を付けています。その順位を2期連続で最上位にいないと昇進の土俵には上がれないです。逆に最下位を2期連続続けると降格の対象になります。評価は半期に一度、上司と共に目標を立てて、期間終了後に自分で評価、その後、上司が評価、更に部署で管理者が集まり評価する形です。どうしても相対評価になる為、頑張った事が必ず評価に反映されるかは微妙です。
  • 850 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    業界標準に比べて年収はとても良いです。満足しています
    手厚い福利厚生は無いのですが、ベース給与が良いので、その給与で好きなものを自分で判断して買ってください、というのが会社方針のように思います
    会社の身動きを素早くするため、福利厚生機関との癒着を避けているのだと思います
    あと、自宅勤務が可能なグレードになると、自宅インターネット回線用の通信費も給与に加わりますので、少し給与があがります
  • 800 万円
    東京都 43歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    2016年度からジョブグレード制が導入され、上級担当者グレードまではほぼ年功制、そこから上はリーダーになれるか、課長になれる人のみ給与アップが期待できる。周囲より仕事ができる自信のある人にとっては非常にやりがいのある職場と言える。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    リーダーや課長になれない場合、給料は30代半ば(上級担当者グレード)で頭打ちになるため、モチベーションを自分で維持してゆく必要がある。会社としては新制度導入以降30代までの若年層を増やそうとしているため、40代以降で役職がないと居づらいかもしれない。
  • 800 万円
    東京都 48歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    今になって思えば、ぬるい環境でありながら給与は高いので働きやすい会社だった。だから、事業が失敗しリストラにあったのだが。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    いろんな事業をやっているが、それぞれでほぼ独立したものとなっているため、他の事業部に仕事を依頼しようと思っても、同じ日立なのに別の会社に依頼するより費用が高額となってしまいメリットが無くなってしまう。
  • 800 万円
    神奈川県 39歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    親会社とほぼ同じ評価体系
    組合がないので組合費が不要

    年二回の面談で評価が決まるが
    特に問題になったことはない

    残業代は全て出るが、昨今の情勢から
    抑制される方向だが、仕事量は減らないはずなので
    どうなるかはわからない
    期待したい
    【気になること・改善したほうがいい点】
    親会社に比べて昇格のスピードが遅く感じるが
    これは是正されつつある
  • 800 万円
    東京都 34歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    業界の中では給与は良いほうです。
    残業代は基本的にフルつきます。

    また裁量労働制を使う場合は、基本30時間分の残業が付帯され、直近で45時間以上の超勤が2カ月つづくと外されるので、社員がなるべく損をしない仕組みになっています。
    なお、30時間以内で超勤が済む場合は、裁量のほうがボーナスもよく、していない残業分も含めお得です。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    ・残業時間が長い。
    (お客様次第で状況が変わるため、コムやドコモのように、カスタマイズ型ではなくサービス型にしたらどうかと思う。)
    ・部署によって状況が大きく変わり、公平性があまりないと感じることもある。
  • 750 万円
    【良い点】
    上がるために必要となる評価は明確なのでわかりやすいと思う。
    エンジニアとして技術を続けたい人向けの道筋、マネージャーとして組織や数字の管理を行いたい人向けの道筋が用意されている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価を行う側も、どのように評価するべきか、不明瞭。
    評価制度の説明や基準の周知が曖昧で、感覚ありきなためだと思われる。
    年収は業務内容や他社と比較して、決して良いとは思えない。
  • 750 万円
    神奈川県 36歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    配属部署によるが手を上げれば任せる場面がある。意識の高い人は中心的に立ち回れるし、マネジメント層もそれを望んでいる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    一方で挑戦的な風土はなく、施策も中途半端な印象がある。
    人事評価が曖昧でみんなで均一に(順番に)上げようとしている節が見られる。脱落者を出さない配慮だろうが、出来る要員は満足出来ずに辞めていってしまう。
  • 【良い点】
    海外開発拠点との密な連携で技術的にはもちろん、コミュニケーション力も磨けることができます。やる気次第自分が成長出来る環境が整えていると思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    日本国内のマネージメントレベルの明確な方針が欲しいです。特にスピード感に関しては、もっと迅速な対応が出来るようにやらなければいけないことを先に決めて欲しいところがあります。
  • 700 万円
    東京都 44歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    安定した所得が見込めるところ。最近は働き方改革を進めようとしており、在宅勤務やスライドワークなど、積極的に取り組もうと試みている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    在宅勤務、スライドワークを進めるにあたり、数値目標
    (例えば在宅勤務取得の割合など)にとらわれすぎていて、本来の目的からかけ離れているように感じる。
    それ以外は大企業にありがちな課題が多い。
  • 700 万円
    東京都 44歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    よほどの問題を起こさない限りは減俸はないため、生活は保証される。

    【気になること・改善したほうがいい点】
    体系的な昇給基準がなく上長の判断で昇給率が左右される。
    給与は前職の給与を参考しして決められているため、能力さが反映されていない問題がある。
    給与が高い人は高いが、現場のメンバーは仕事量や会社の規模を考えると全体的に低い
    (ボーナスもない)
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう