1. ネットワーク運用・保守

ネットワーク運用・保守の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

ネットワーク運用・保守の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

ネットワーク運用・保守の年収

全世代平均 373 万円
最高:1000万円 / 最低:150万円
※全335件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1000 万円
    大阪府 50歳 男性 2015年頃
    評価制度については、マニュアルにより明文化され明確になっている。人物的な観点で年に1度の総合評価と、成果的な観点で年に2回の業績評価という2面での評価を実施している。評価にあたっては、機首、中間期、期末等、定期的な面談により、上長、社員間での擦り合わせが実施されている。面談にあたっては「チャレンジシート」もしくは「考課表」を用い、当初の目標と成果について話あうことになっている。
  • 1000 万円
    給与水準はかなり高い。
    非営業職の場合、賞与はほぼ年間6カ月となっている。
    会社の業績が良い場合にはインセンティブが追加支給される。
    また、管理職は年俸に賞与分が含まれていて、その年俸が12回に分けて支給される。
    評価制度は1年間の目標を年初(11月)に設定し、半年後に中間レビューが行われ、
    翌10月に最終レビューが行われる。
  • 980 万円
    東京都 43歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    外資のような生き馬の目を抜くような競争はなく、良い意味でぬるま湯根性が抜けない。最近人事制度も変わり、役職無しもボーナスなどに影響がでることに。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    自社の事しか頭になく、他社との違いなど理解しないままに危機感を持ったように振る舞う。
    トップの旗振りが現場に響かない状態。
  • 900 万円
    神奈川県 42歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    先の保証のない外資系のため、同業日経企業より年収は高い。結果を求められ馬車馬のように働かされるため、目的意識を持って日々の業務に取り組むこと。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    日々の業務に集中する結果、世の中のトレンドに遅れてしまう可能性がある。会社側で社員教育をすれば良いが、日経の大手企業ではないため中長期的なキャリア構築は期待できない
  • 【良い点】
    仕事内容の割に年収が高い
    【気になること・改善したほうがいい点】
    仕事内容が非常に単純で、技術的要素が皆無。
    もともとアウトソーシングしていた会社を子会社化したので
    グループ内での地位が低すぎる。
    ネットワークの運用とは名ばかりで、よく言っても社内情報システム部門
    普通に評価したらヘルプデスク程度の業務内容。
    上司や親会社の顔色をみて仕事をしている。
  • 800 万円
    東京都 50歳 男性 2014年頃
    実力よりなにより気持ちよくさせてくれる人が出世する、
    どうして関西人ばかり上に立つのだろうか、、、
    どうしておべっか使えない人は上にいけないんだろうか、、、
    しれなりの給料は出るが、仕事に見合った給料体系ではないような気がする
    増員を要望しても聞き入れられない
    何でも言ってとは言うが、言ったら言ったでそれは君らが考えることでは無いっと、、、
    要するに何を聞きたいのかが分からない
  • 730 万円
    【良い点】
    ある程度のマネージメント経験があれば
    評価は良くなります。
    英語スキルがあると更に良くなります。

    上長と有効な関係を築けるととても楽な会社になります。

    就業場所によっては、人間関係にも苦労しないはずです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    中途社員の処遇を良くしてほしい
    且つ業務評価も適切にしてほしいです。
    退職金なども適切になると更に良くなると
    思います。
  • 700 万円
    東京都 52歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    結果にコミットという言葉がありますが、収益を還元してくれる体質が近年顕著だと思います。特に今は施工関連で人手不足ですが、オリンピックまでなのかどうかを社内で聞いても誰も想像がつかないとのことです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    先輩の話ですと昔はゼネコンの中でも飛び抜けて年収が良い方だと聞いておりますが、そうでもありませんでした。
  • 700 万円
    東京都 50歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    特になし
    【気になること・改善したほうがいい点】
    社長や役員のお気に入りにならないと評価されず、給与はあがりません。毎年7月に給与見直しがあり、給与がさがる人もいるが、なんの説明もされない。職能給制度とはいえ、労働基準法に、抵触しないのか?はなはな疑問である?同意書が必要なのではないですか?人事部より、説明するように通達が出ているにもかかわらずである、
  • 700 万円
    【良い点】
    残業ありきの給料体系。残業代が月120,000円くらいで年間150万くらいにはなると思う。部署によるが。残業がない部署に行けば楽だが給料安い。ボーナスは基本給が安いのでビックリするほど安い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    東芝の粉飾決算の影響などで年収が減少傾向にある。残業も今後減って来るので、給料には期待出来ない。基本給上げないと人員確保が難しいのでは?
  • 700 万円
    東京都 39歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    商社の関連会社なので、その流れで給与水準はかなり高いと思います。また、若いうちから重要な仕事をバンバン任されるので成果を創出できれば一定水準までのステップアップが早い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    管理職層が詰まっており、上記一定水準に達すると途端に昇給・昇格が鈍化する。出向や早期退職等の抜本的な施策が必要と思われる。鈍化する閾値もどんどん下がってきているので若い人のモチベーション維持が一苦労。
  • 700 万円
    東京都 25歳 男性 2014年頃
    ほかの会社に比べても遥かに高い給料だと思います。そして、どんどん昇給していきます。会所がとってもうまくいっているので、周りもすごく給料が上がっているみたいです。
    頑張ればその分評価されて褒められるので、やりごいがあってすごく、良い環境です。ここにいると居心地がよすぎて転職したくなくなるのが弱点かもしれません笑
  • 650 万円
    東京都 29歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    福利厚生などがしっかりとしている。社員数も多く安定しているというメリットがある。ボーナスも評価に応じしっかりと支払われる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    繁忙期になるどうしても忙しい。スキルがまばらなこともあり、一人一人のワークバランスがあっていないことがある。できる人は損をしてしまうような傾向があると感じる。部署によって、働き方がかなり違う点も改善ポイントだと感じる。
  • 650 万円
    東京都 25歳 男性 2015年頃
    残業代が出ればそれなりに給料は満足できるが、基本給だけで考えると周りの同規模の企業より下回る結果になる
    またインセンティブというものはなく、ただただ、ダラダラと仕事をした人が多くの給料を貰えるため、優秀なものから他の企業へ転職する傾向がある。
    幸い教育制度は充実しているため、他の企業への足掛かりとしてはよいかもしれない
  • 650 万円
    東京都 45歳 男性 2014年頃
    個人別評価により賞与額は当然上下するが、極端に下がる事は無く、安定している。
    (裏を返せば、極めて高い額になる機会も少ない)
    (日立電子サービス+日立情報)合併に伴い、とある手当がソフトランディングで廃止となり、ざっと月額5万減ってしまった。
    全体としてはやはり「安定」が最ものウリであると感じる。
  • 650 万円
    東京都 25歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    残業代はほぼ100パーセント支給。
    ただし、部署ごとの文化があり、サービス残業や宿泊費、交通費が支給されないパターンあり
    【気になること・改善した方がいい点】
    富士通グループ特有のまったり体質。
    賞与も親会社の業績に依存してしまう点がネック
    昇級も部署によりまちまちのため同期でも給与に差がある
  • 【良い点】
    ボーナスが結構もらえる。基本給は低いが、これでなんとかしのげる形。また最近は残業時間を記録するツールが個々の端末に導入されている為、残業代は全額もらえる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    年収は安い。世の中の平均よりは高いが、昇給率がいまいち。働き方改革で残業の規制を行うのはいいが、業務量との調整が図られていない。個々の社員に偏りが見られる。
  • 600 万円
    【良い点】
    部署にもよると思いますが異動前の部署は年収、福利厚生、長期休暇、有給休暇の取りやすさはかなり上位にランキングされると思います。GW、お盆、正月は大体9連休。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    「技術者」=「製品設計技術者」のみで私のようなIT技術者や人事職能、会計職能等は単なる事務職として扱われます。スタッフ部門の立場は高いほうではないです。
  • 600 万円
    大阪府 48歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    年収は残業代込み(40時間程度)で悪くないと思います。しかし、評価が厳しいです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    基本減点主義で、仕事の出来不出来や緊急対応、障がい対応で頑張っても評価の対象にはなりません。それでいて「新しい提案を出せ」とイイながら、出すと重箱の隅を突くように詰問され、提案するだけ時間の無駄&評価されないって事になります。また、数年前のミスでも減点対象として評価されます。
  • 600 万円
    東京都 48歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    職種職能制度で基本給の幅がランクによって決まってしまいます。ランクアップは成果実績を考慮した上で最終的に部長承認が必要となります。その押し上げとして、何かプロジェクトに参加するか、若しくは情報処理資格を取得してアピールするかがポイントです。
    結構、成果に対して認めて貰え易い環境にありますので、途中まではトントン拍子に上がります。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    ある程度のランクまで来るとピタリと止まって、同ランク者で詰まります。
    そこから上は余程でないと上には上がれないですね。
    ランク自体をもう少し細かい設定にすれば改良されると思いますが、上限値の幅が広がらない限りは年収アップは望めないですね。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう