1. ネットワーク設計・構築

ネットワーク設計・構築の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

ネットワーク設計・構築の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

ネットワーク設計・構築の年収

全世代平均 470 万円
最高:1200万円 / 最低:200万円
※全363件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1200 万円
    東京都 31歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    ネット上では日本企業の年収ランキングのトップにキーエンス、日本M&Aセンター、GCAサヴァインなどが載っていますが、それと同等の年収はもらえます。結果を出せばもっと多くなりますし、福利厚生やオフィス・従業員の方達の人柄・事業の革新性、を考えれば、そのような日本企業に就職・転職するのであれば、グーグルも選択肢に入れてもいいかもしれません。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    特に無し。給与については申し分ないです。
  • 1200 万円
    評価にはあまり関係なく昇給があり、セールスインセンティブにしても、コンペセーションルールがゆるい。マネジメントには、ITのケーパビリティを持った人はいないようで、上司に上手く取り入ったような人が多そう。そういった意味でも、IT企業でも、はっきりした戦略がないため、コンサルティングビジネスはシュリンクしているよう。
  • 1050 万円
    東京都 52歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    評価によって極端に給与が変動するようなことはなく、安定しています
    【気になること・改善したほうがいい点】
    がっつり働きたい人には、給与の面では納得できないかもしれません。
    特に若手と中堅の間くらいにいる人にとっては、他社比で見劣りがするかもしれません。ただ、評価制度の見直しなども行われつつあり、そのあたりの層への手当ても厚くしようとしていく方向はあります。
  • 1000 万円
    東京都 39歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    人事評価は半年に一度の上司との面談で行われる。人事評価によってその後の一時金の支給額が決まるが、原資は全社業績、事業部業績を元に決まるため、近年は個人の人事評価の意味合いが相対的に薄れている状況。
    昇進基準は詳しくはわからないが、基本的にはそれほど違和感のない人選になっているように思う。主任職から課長職への昇進には試験があり、論文とプレゼンテーションにより、自身をなぜ課長職(管理職)にすべきかをアピールする必要がある。現在の合格率はおよそ30%だそうで、なかなかに困難になっている模様。
    人員構成的に若手社員が少ないため、若手に対しては、なんとか彼らを成長させて今後を担わせる人材にしなければならないという意識を多くの社員が持っているように思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    降格がないため、バブル期に入社した今はパフォーマンスを出せない50歳過ぎの高齢社員が高い年収を得ていることは問題である。一刻も早く彼らのリストラを進める必要がある。
  • 950 万円
    東京都 45歳 男性 2014年頃
    給与、賞与は額に満足している。昇進昇級は年功序列が強く影響しているが自分にはプラスに働いている。キャリアパスは、若いころから手を動かしてはいたが会社の仕組みについては勉強が足らずうまくいっていない。会社の評価制度はいろいろ変更しようとしているがなかなか実力をうまく汲み取るようには言っていないのではないかと思っている。
  • 900 万円
    東京都 44歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    大企業なりの給料である。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価制度は、半期に1回上司と面接して評価される。
    自分自身でも目標をたて、その目標に対しての達成度が評価されるという一般的な評価制度だと思う。
    ただし、いくら上司に評価されても、最終的には上位上司や、さらにその上位上司が相対的に評価するため、好き嫌いが影響してくると思われる。
    制度はあるが有効に活用されていないように感じる。
  • 900 万円
    東京都 48歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    年収は、一般的な企業に平均よりも高いと思います。基本的に降格人事もないため、ベース部分が削減されることはありません。上位職にいくほど、会社業績部分が大きくなるため、また個人評価のハードルも上がるため、賞与は少なくなる傾向があるが、もともと多いため、あまり気になりません。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    富士フィルムの意向、影響力が大きくなってきたため、給与体系は変わるかもしれません。逆にこのままの給与体系だと、会社の維持が難しいかもしれません。
  • 900 万円
    東京都 36歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年収はいいが、はやりそれなりのやることが多く、かつ年功上列もこともあり、自分がやりたいことで成果をあげれば給料がアップしますが、そうではないとなかなかあがらない仕組みです。また、大手でもあり、リストラーなどはなく、あくまで自分のやりたいことをしっかりして半年一度の評価面談時にしっかりアピールできればそれなりのボーナスをもらえる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    給料があまり実績でベースで反映できてない、また、やりたことあっても必ず自分ができるとは思えない。
  • 900 万円
    東京都 37歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    業績が良いときは、臨時ボーナスが支給される。

    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価は本部内での相対評価なので、所属する部門によって大きく昇格に差がでてしまう。
    上司が変わると評価も大きく変わってしまう。
    最近は評価により待遇面の差が激しくなってきて、評価される人には良いが、実力の無い人などはどんどん降格しグレードも容赦なく下がってしまう。
  • 850 万円
    東京都 39歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    自分のスキルに合った仕事がありそうだったため、入社しましたが、正社員ではなく、契約社員を希望して入社しました。入社後は、技術支援のような仕事を行いつつ、徐々にプロジェクトに参加し、主にネットワーク設計業務を担当。最初は慣れない環境でしたが、徐々に自分の強みを出すことができ、貢献できたと感じ、自分としては満足しました。個人的な事情で短期で退社しましたが、長く働けるとは思いました。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    変革期にあるようでとにかく忙しそうでした。ただ、残業はある程度規制されており、過度な残業は無かった。
  • 850 万円
    東京都 40歳 女性 2015年頃
    - ライフワークバランス
    仕事が大量にアサインされている人とまったくやっていない人との差がとても激しいと感じています。部署や上司によっては、評価が好き嫌いで行われているように見える。そのため、大変な仕事をきっちりこなしても評価にはほとんど反映されない人もいるようです。それと同時に遅く来て早く帰るような働き方をしていても上司に気に入られさえすればまったく問題が無かったりもします。
    - 給与
    人によってまったく違う為入社時の交渉がとっても重要です
  • 810 万円
    東京都 37歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    非常に安定している会社です。残業もでるし、ボーナスモたくさんでるため、安定志向のひとにはとてもよいです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価はアピール合戦。かつ立ち上げを行った人が有利。仕事を選べないため、維持管理的な人はかわいそう。企画ばかりが評価されがちです。また上司からの評価が高い人も評価されるし、上司が人事権をもってると評価されます。
  • 800 万円
    東京都 33歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    年収はインセンティブはほとんど働きません。
    A評価をもらっても、そこまでいいわけではなく、結局課長へ出世出来るか、というのが重要になってきます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    課長がいっぱいいる職場もあるので、そのような触媒において課長任用試験を受けるのはとても難しく、実現性も乏しいです。会社は絶対評価といいますが、これは間違いなく相対評価です。
  • 800 万円
    東京都 39歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    新卒採用と中途採用で待遇に差がない。
    結果を出していれば必ず評価されるが、評価されない場合、勤続年数だけでは昇進しない。
    希望の業務などは考慮して配属されるし、ローテーションもするため自分に合った業種を見つけることができる。

    【気になること・改善したほうがいい点】
    事業部ごとに文化の違いがあり、別会社かと思うほど性質が異なる。
    他社との合併が続いたため、よりその傾向が強くなっている。
  • 800 万円
    愛知県 43歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    配属部署にもよるが、提案から運用まで関わることができる。自分の裁量で機能追加の提言を直接顧客に伝え、判断をしてもらうことができる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    横の連携が今ひとつ足りない、双方に責任逃れの節が所々感じる時がある。
    もう少し垣根を超えたコミュニケーションが、取れるような体制になると、より良い職場になると感じます。
  • 800 万円
    【良い点】
    東芝グループのため、基本給は一般会社より良い。手当だが、役職手当、家族手当のほかに月に30時間分残業代が外勤手当として支払われる。支給総額は50万円(税込)以上になる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    まず、年齢層がきわめて高い。40歳でも若手の部類。大半の社員は50歳前後、つまり一般では管理職相当の年齢でも、一般社員と同じ仕事をすることになる。また、過去数回にわたりリストラを実施したが、人員の補充はしていない。よって人数はいるようであっても一人で何人分もの仕事量がある。いちばんまずいのが、親である東芝からの出向者で、能力がなくても高い役職にいること。現場をまったく知らなくても、責任者になっていて無理な要求を多々下してくるのでこまった。
  • 800 万円
    東京都 29歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    良くも悪くも年功序列です。私のケースでは、どんなに良いプロセスでプロジェクトを成功させても、どんなに大きな成果をあげても評価されないタイミングがありました。非常に優秀な上位10%の社員は高評価を得て出世していく傾向にあると思いますが、大部分をしめる中間層に属する社員は、年功序列に従った評価を受けることになると思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価内容をもっと明確、オープンにすべきだと思います。
  • 800 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    毎年のように変わる組織と制度の為、いちがいに言えないが、ある程度上層部とのコミュニケーションをとることが評価を勝ち得る為に必要なことのように思える。
    特に一部分野では派閥がある為、その中に入るかそこにたいして有益、無害でないと評価の対象にはならない。
    全体的に相対評価を用いている為、上記派閥で上位評価を独占されている場合、努力しても報われないケースもある
  • 800 万円
    東京都 44歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    乱暴な言い方ですが管理はノルマさえこなしてうまく社長に報告できればいい仕事環境が整う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価は本当にノルマの達成率と印象で決まる。
    その為、いかに姑息に卒なくやるかが大きな評価ポイントとなっているのが現実。この事ができない人は損をする事となり技術力もあり、沢山仕事しても、同期に先に出世されてしまう。
  • 780 万円
    大阪府 37歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    成熟した企業なので、完全な年功序列です。突出した成果を上げても、劇的な昇級はありません。逆に言えばそこそこの成果でも生活に困ることはありません。
    給与ランクを上げるには、試験が必ず必要でかなり合格率が低いため、中々昇給は大変です。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    もう少し給料のレンジをあげた方がよい。住宅手当の期間が過ぎたら大幅な所得のダウンになるので、改善した方がよい
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう