1. プロジェクトマネージャ(制御系)

プロジェクトマネージャ(制御系)の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

プロジェクトマネージャ(制御系)の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

プロジェクトマネージャ(制御系)の年収

全世代平均 593 万円
最高:900万円 / 最低:250万円
※全42件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 900 万円
    東京都 45歳 男性 2014年頃
    給与には満足しているが、パワハラが普通に行われている。
    休暇がとりずらく、36協定も役員もあまり気にしていない。
    毎年30名程度入社するが、20名以上の退職者がいるため
    社員数はなかなか伸びない。
    査定の仕組みもわけわからない。
    気が弱くしゃべりが苦手な人はむかない職場。
    資格が大好きな管理職がいるが、資格を取得したからといって昇進できるとは限らない。
    プロジェクトがデスマーチを始めると、リーダーは会社、客先からつるしあげられ、精神的に追い込まれて辞めていく人多数。
  • 850 万円
    東京都 53歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    数社が合併したため、まだ会社としての仕組みができていない。今後いろいろ変わるだろうが、NECの中で大きな会社になったため、評価されるかどうかは不明。かなり不透明なところがあるかと思う。特に事業部ごとの特徴もあるため、その中で特色を示していくのは難しいと思うので、今後の年収に影響すると思います。また、評価制度も変わる可能性があるかと思います
  • 800 万円
    東京都 39歳 男性 2015年頃
    【気になること・改善したほうがいい点】
    良かれ悪かれ安定的な会社です。基本的に無理はしません。その分、成長性もあまり見いだせていないのが現状です。一応、ビジョンらしきものはありますが、具体性にかけ、本気度も見えません。社員もあまり危機感がないので、親会社が揺らいだら厳しいと思います。技術面でもこれといった強みがないため、中堅会社にくらべコストだけが高い印象になります。
  • 800 万円
    東京都 40歳 男性 2015年頃
    システム上は、綿密な評価制度がある。
    インド人社員の中ではそれなりに適用されているのかもしれないが、
    日本支社の社員は蚊帳の外という印象。
    目標を十分クリアしていても後付けの明文化されていない理屈で低評価をつけられる。
    その分、インド人社員に高評価がつくというケースが散見される。
    日本人社員のモチベーション維持は全く考慮されていない。
  • 800 万円
    大阪府 40歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    年収は世間相場よりよいと思います。ただ電機業界は競争が厳しため、利益が出ている事業部とそうでない事業部では、年収に差があると思います。利益が出ている事業部は忙しく残業代も多くなりますし、賞与の支給月数も多くなります。携帯電話開発で利益がでていた時は年収は毎年アップしていましたが業績が悪くなり事業撤退してからは事業部内の雰囲気も悪くなってきますし、年齢があがっても年収は下がってしまいました。忙しさがあまり苦でなければ、社内異動制度で成長性のある事業部に早めに異動した方がよいのではと思います。
  • 750 万円
    東京都 31歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    良くも悪くも年功序列。
    そもそもの給与水準は同一業種の中では高いと思われる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    毎年どんなに良い評価をされても雀の涙程度しか給与が上がらない。これではモチベーションは上がりにくい。
    また上がつっかえているので、能力があっても昇進出来ない人材は多い。

    逆を返せば能力がなくても、一度役職が上がってしまえば降格させられることはない。
  • 700 万円
    愛知県 34歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    始業時間と就業時間を入退門ゲートで監視しているため、残業代はすべてでます

    【気になること・改善したほうがいい点】
    給料はよいが、残業時間が長く、管理者も表面的な管理時間の管理しか行っておらず、個人任せになっています
    また、残業時間は入力システム上から休憩時間として申請もできるため、業務が忙しいときは除外してサービス残業している方もいます
  • 700 万円
    東京都 43歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    良くも悪くも年功序列。ベアはあり、担当した仕事が社長受けが良ければかなりの金額は望める。年俸制の為、会社の売り上げの良しあしによって影響するボーナスの要素がない。良い意味としては会社の業績が悪くとも決まった給料がもらえる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    年俸制の為、会社の業績が仮にすこぶる好調でも変動するような給料はない。また、年俸を決めるための評価基準になるものがなく、仕事上において何を達成したのか、あるいは製品の何を担当してその仕事がどのぐらい重要で会社にどの程度貢献しているのか等、会社への貢献度も個人の達成基準も能力による評価基準も何もないので、関わった製品が社長にとってどの程度のウェイトに感じられる製品だったのかによって勝手に決まっている。仕事を年間通して何をしなくとも給与が下がらないので、出社して、席に座って、業務に影響がありそうなことをしてさえいれば給与にそうそう影響することがない。スキル、個人の達成度、会社全体に与える影響などの普通の企業において評価基準となる要素については社長が経営に直接携わっていないので、評価および年収に対しては特に影響はしない。そもそも、製品の売り上げ、および開発完了までの先行投資等について数値化もしていないので、会社への貢献度自体図る要素もない。この為、社員の向上心が生まれづらく、特に古くからいる社員は開発手法や技術の革新、習得を嫌い、困難な仕事をやりたがらない。そのような社員の背中を見て育つ若手も同様の為、技術の変革を迎える時期の製品の市場への出遅れが顕著となっている。
  • 700 万円
    静岡県 36歳 女性 2017年頃
    【良い点】
    部署によると思うが、周りの人は親切でやりたい仕事があればやらせてくれることも多い。理不尽な評価を受けていると感じることもあまりない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    とにかく人が足らない。人が足らなくて悪循環になっている。残業が減れば100万くらい下がると思う。社風なのか、言われたことだけやろうという人が多く、よくも悪くも、現状維持。
  • 700 万円
    三重県 31歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    この規模の会社に対しては給与が非常に高い。協力会社メンバが優秀であれば、特に苦労することもなく、30歳で700万円近い年収を得ることが可能。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    繁忙期は、非常に業務負荷が高くなるが、部署全体の評価を平準化するため、あまり働いていない人と残業を鬼のようにする人との間にさほど評価の差がでない。係長クラスだと毎年の評価が1ランク変わると月収に結構な差が出るため、仕事量が多いメンバからはネガティブな意見が出ていた。
  • 700 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    担当で、毎月40時間程度残業した場合の年収です。
    場所により、残業時間や賞与の評価に差があり、上記の年収は同期の中でも、そこそこ多いほうだと思います。
    課長くらいになると1000万円超えるようです。
    極めて多いわけでもないですが、同年代よりは大目ですので、生活に余裕は出ると思います。
    ただ、都会の職場の場合は、物価や住居費を考慮すると思ったより生活にお金がかかります。
    また、32歳くらいから昇格試験を受けさせられ、受かると裁量労働制に切り替わります。
    常に残業していた担当と比較すると月給は若干下がり、賞与が増えてトントン+α程度になるとのこと。
  • 680 万円
    愛知県 30歳 男性 2015年頃
    給料、賞与に関しては愛知県の子会社の中で一番いいのではないかと思うほど良い。
    特に平社員の給料が他の子会社よりもかなりいいのではないだろうか。
    昇進もある程度実績を見てくれているため、がんばりがいがあると思う。
    中にはなぜ出世したのか?と思うほど責任を取らない上司もいるため不満を感じることもあるが、そのように感じる機会は他の会社よりもずっと少ないと思う。
  • 650 万円
    東京都 35歳 男性 2014年頃
    給与は、ベースは低いですが、残業代が全て支給されるため、残業が多いプロジェクトに配属されると年収は上がります。ただし、法定時間-基準時間は残業時間としてカウントされないため、土日、祝日が多い月ほど、空残業時間が多くなると言う事になります。
    賞与は夏、冬ともに大体1ヶ月程度です。ベース給与が低いため、かなり少ないです。
  • 650 万円
    東京都 35歳 男性 2014年頃
    給与は標準水準だが賞与はこの業界ならではでやや高水準です。
    昇給、昇格は田舎企業らしくほぼ評価者の好き嫌いか、良し悪し関わらず目立ったかどうかで決まります。
    日本の美徳とも言える縁の下の力持ちタイプはこの企業では決して出世しません。
    同僚からいくら信頼を得ていても前述の通り評価者からは全く評価されません。
    開発キャリアについては以前はある程度時間に余裕もありその時間を使ってキャリアを積むこともできましたが最近は人員削減と案件増加で全く余裕がないどころか破綻している。
    評価制度としては年二回の目標管理があるが、それで評価が上がることはなく基本的には評価を下げる材料に使われる。
  • 650 万円
    神奈川県 40歳 男性 2014年頃
    給与・賞与についてはあまり良くないが、受託ソフト開発関係の中では平均的。
    昇進・昇給・キャリアパスはしっかり規定があり、この点は仕事ができた人間には
    非常に有利に働いている。
    案件によっては残業もそんなに多くなく問題はない。
    人不足であるようで、入ってくる人間も多ければ、
    辞める人間も多いような感じである。
  • 640 万円
    東京都 25歳 男性 2014年頃
    某最大手電機メーカー(日立市にて発足した会社)に勤めていた経験があるので、そちらと比較させて頂きます。某大手電気メーカーは院卒で4年目からみなし残業として30時間分の残業代が支給されますが、この会社はみなし残業になるのが社員10年めぐらいで、それまでは40時間は総務に承認を取る必要がなく、取得が可能でした。
  • 630 万円
    【良い点】
    残業代は全て出ます。
    ただ残業をしないとそれほど多くはない。
    評価は課の中での相対評価となるため、優秀な社員が他にいると高い評価を得られにくい。また、自分が設定した目標に対しての達成度で評価されるため、期初に設定する目標とその達成度の決め方を上司と如何に話し合うかが重要となる。
    ポジション(2→3→4・・・)によって基本給が設定されており、ポジションを上げるためには2回連続である一定以上の評価を受ける必要がある。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    配属される部署によって(上司によって)求められる目標のレベルが大きく異なるため、同じポジションにいてもこなす仕事の内容はマチマチ。
  • 600 万円
    兵庫県 44歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    給与水準は高いわけではないが、低いわけでもない。残業も平均的には特に多くなく、家庭や趣味に時間がかけることが可能。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価や給与は面談等の形式をとっているが、上司の評価で決定するので全く意味がない。年を取ると年収が上がりにくくなる。出張が多い職だと、給料以外の手当がかなりあり、月数万程度のこずかい稼ぎができる。
  • 600 万円
    神奈川県 38歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    基本的に残業代は、全額でます。
    ただし、全社的に残業を抑えようとしていますので、無理やり残業して稼ごうとするのは難しいです。
    また、プロジェクトによりますが、休日出勤した場合には振り替え休日の取得を強要されたり、稼働を抑えるために休まされたりするところもあります。
    金額的には、昇進しないとあがりにくいので、年次が上がると他社より低くなる傾向にあります。
  • 600 万円
    東京都 32歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    年功序列のため安定した給与が期待できる。
    ボーナスは一般的だが、住宅補助や扶養控除など、旧来の日本企業的な補助があるため、額面で見ると相応の額がもらえる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    年功序列が軸となるため、実績に対しての給与向上がほとんどない。そのためモチベーションはなかなか上がらない。
    個人の評価によるインセンティブを反映した方がよいと思う。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう