1. プロジェクトマネージャ(汎用機)

プロジェクトマネージャ(汎用機)の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

プロジェクトマネージャ(汎用機)の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

プロジェクトマネージャ(汎用機)の年収

全世代平均 631 万円
最高:1200万円 / 最低:300万円
※全87件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1200 万円
    東京都 53歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    親会社とほぼ同等の年収を得ることができる。
    年功序列色の濃い企業体から実力主義色への変革を進めている。
    評価制度も改善されつつあり、努力結果が報われやすい会社への方向を進んでいる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    規模拡大にともない、一般社員の権限縮小し、より上位の職位への権限移管が進んでいる。
    コンプライアンス等遵守の観点からやむを得ないところではあるが、管理作業比率が直接作業比率に比べて拡大の傾向にある。
  • 1050 万円
    東京都 38歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    サービス残業に厳しく、どんなに仕事ができなくても残業すれば一定水準以上の年収が保証される。過去と違い労務管理が厳しくなったため管理職にならないと年収1000万円は望めない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    あくまで自分が所属している部署では、会社方針を受けてなのか女性を管理職にすべく評価が男性と比較してかなり甘くなっていると感じる。
  • 1000 万円
    東京都 31歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    よくも悪くも給料も業務量も世間に出回っている情報の通りです。
    努力すれば評価もされ、結果が気持ち程度反映されます。
    どちらかと言えば、評価は回りとの関係構築の面に影響があって、その後の仕事の進めやすさに繋がって行くと言った方が良いのかと思います。
    それが、次の仕事の評価に繋がって、また良い仕事ができて、という形で努力が結果に結び付くのかと。
  • 1000 万円
    東京都 29歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    良くも悪くも日本企業であるため年収のベースは人によるばらつきが少なく30歳で1000万程度になる。ボーナスで個々人で差がつくが大きな差はない。
    評価は課長、部長の定性的な観点が大きく人間関係の良し悪しが評価、年収に影響を与える。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    定量的な評価が適切にされていないように感じる。そのため、業務量と年収が必ずしも比例しない。
  • お給料は入社時以降にあげるのは、かなり難しいです。たとえ、いい評価をもらったとしてもあがる%はそんなに大きくはありません。ただし、いい評価をもらった際には一定の係数がボーナスにかけられ、その分は多くもらえます。入社時に給料の交渉をしっかりとして、最大限のオファーをもらうのが一番いいかと思います。それ以外であげるのは、運しだいなところもあります。
  • 950 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    年収が下がることは基本的にはあまりない。
    極端に悪い評価だった場合は下がることもあるようだが、私の周りでは殆ど該当者がいない。
    【気になること・改善した方がいい点】
    職位は上がっても年収が上がらず、低い。
    若い年次ほど給与が低い。(現在50歳以上の年次のシニアメンバーはそれなりに貰っているよう。)
  • 900 万円
    東京都 51歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    会社の中の社員はとても仲が良いです。飲み会もとても多いです。上司が社員に対して、色々気にかけてくれる雰囲気があります。給料はわずかですが、確実に上がりますし、ボーナスも年3回でます。これは会社ができてからずっと続いていますので、安定した企業だと言えると思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    親会社の方針が変わり、コストに対する厳しさを求められるようになりました。かなりえげつないことも言われたりします。
  • 900 万円
    神奈川県 56歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    AV機器製造業の中で平均的な年収であったと感じています。残業代も全額支給されます。ただ、会社統合後の昇給の伸びは鈍化したように感じています。評価制度は目標管理が導入され上半期、下半期で期初に目標設定と期末に評価という制度で、この結果が昇給、賞与に連動しています。かなり多数の目で評価されるので公平性が保たれています。
  • 900 万円
    東京都 45歳 男性 2015年頃
    評価制度が本年(2015)より大きく変わりました。能力給の割合が増えたのです。
    実力主義に変わったといえば聞こえはいいですが、実際のところは賃下げが目的です。
    能力の判定には細かな採点基準書のようなものもありますが、結局は上司の匙加減一つで決まり
    ます。
    配属された部署の良し悪しにも因るところが多いでしょう。要は運も大きく影響します。
    まぁ入れば分かりますが、近年は優秀な新人が多く入って来るけど、自分より頭の良い者を高く
    評価するはずもなく(当然保身のため)、それに気付いた若い人はどんどん辞めてます(苦労して
    入ってるはずなのにね)。
    評価基準など作らず、昇進試験でもやればいいのにと思います。
  • 900 万円
    東京都 45歳 男性 2014年頃
    評価は年2回、上司との面談で行われます。最初にコミットした結果に対してどうだったかより、期間中にどんな成果を上げて、それをどのようなアプローチで実現したかを確認する場でした。
    評価はほぼ妥当な感じでしたので、特に不満はありませんでした。私の上司は、次のステップに向けて、どこをどう改善していったらよいかということまでアドバイスしてくれました。
  • 890 万円
    東京都 31歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    年収制のため、会社の業績による増減がなく、給与にブレがない。
    ランクアップ出来ない年でも、年40万増程度は見込める。
    ただ、ランク内での年収上限はあるため、7〜8年マネージャーをしている人は増え止まっているはず。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    良くも悪くも、上司との相性で評価が決まる。
    人間なので、多少の好き嫌いは仕方無い。ただ、評価軸として、人事による客観的な評価やスキルチェックテストなどを導入して欲しい。
  • 850 万円
    東京都 35歳 男性 2014年頃
    給与はだんだん上がらなくなってきてます。最近退職される50歳後半のオジ様方の給与を聞くとやってることはほとんど変わらない(もしくは明らかにこちらの方がバリューのある仕事してる)のに、給与は倍も違うことはざらです。5年前までは課長クラスで1000万は越えると言われてましたが今は行く人は少ないと思われます。ただ、会社全体の給与レンジを能力に合わせようとしてるので数年後には納得感のある給与体系にはなっていくのではないでしょうか。
  • 800 万円
    東京都 46歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    同業平均に比べれば高い。上位25%に入る。特定の業界においてはシェアを取っているので競合他社にくらべて優位。40代で1000万クラスもいる。技術と管理に昇進ルートが別れ、自分に合ったキャリアパスを選べる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    昇級条件が不明確。好き嫌いで評価されがち。レガシーな技術(汎用機系)を使っている部門があり技術職としてそこに配属されると辛いかも。
  • 【良い点】
    業務内容も大事ですが、自分がどれだけ周囲にアピールできるかが重要で、どれだけ苦労して業務に従事しても上司に対しアピールができてなければ評判は得られない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    グローバルの業績によって、賞与の変動がある。いくらジャパンでの結果が出ても、他のエリアで結果が出ないと意味がない。また個人評価プロセスも不明確で、ターゲットの結果よりもプロセスが重視される傾向が高いが、そこも上司の次第でベンチマークが必要
  • 800 万円
    東京都 32歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    年収はいわゆる年功序列の普通の日本の企業という感じです。業績はあまりよくないですが電機連合の関係で毎年昇給もあるので良いと思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    大手なので給料は悪くないですが、主任になると半ば強制的に裁量労働制になるため、残業代が固定になります。そのため、月に50時間以上残業をやっている部署では損になります。
  • 800 万円
    東京都 39歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    能力があればポジション、職歴に関係なく重要な案件を任せて貰える。
    自身の案件に関する裁量の幅も大きく、基本的に黒字である限り自由に運営する事が可能
    【気になること・改善したほうがいい点】
    圧倒的にリソースが不足している。
    売上目標達成には複数の案件を並行で対応する必要があるが、受けた案件をを回せるだけの人材がいない。
    必然的に個人の負荷が高く、常に余裕の無い案件運営となる
  • 750 万円
    東京都 36歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年功序列ではなく結果ベースで給与が決まる点。やることをコミットし、それに対して結果を残せば、評価は自ずとついてくる。

    【気になること・改善したほうがいい点】
    部門やプロジェクトで昇給枠があらかじめ定められており、その中で評価が定まる仕組みとなっている。努力や結果に対する絶対評価ではなく
    相対評価であるため、年次の評価結果に納得感がないこともある。
  • 750 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    【良いこと】
    福利厚生はちゃんとある。
    残業代も全額支給される。
    【気になること・改善した方がいい点】
    責任の大きさと、給料が見合うのかはわからない。
    上の人は基本的に丸投げしかしない。
    全て現場だけで解決しないといけない。
    給料や賞与の減額については、全くアナウンスがない。
    いつのまにか減額されている。
  • 750 万円
    東京都 35歳 男性 2014年頃
    残業すればそれなりの給料はもらえる。
    残業しない場合、給料がもらえない。
    管理職の手前までは比較的昇給はしやすい。
    初期の管理職の給料が低いため、あまり魅力に感じない。
    60歳から65歳の間の給料の下げ幅をなくすという名目で、管理職の給料が大幅に下げられた。
    企業自体が儲かっていないため、今後も給料は下がるのではないかと危機感を感じている。
  • 720 万円
    東京都 27歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    年収については年功序列であり、何もしなくても毎年月給が数万円ずつ上昇します。また、基本的に20時以降は残業できないなど、勤務の仕方が固定されているため。逆に、22時をすぎると25%アップ、休日25%アップ等、かなりの残業代がつきます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    配属先によりますが、完全に昔ながらの企業体質であり、業務特にできても、飲み等の接待で上司へのゴマすりが不得意の場合は、主任以上への階級は期待できません。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう