1. ホテル・宿泊施設サービス関連職

ホテル・宿泊施設サービス関連職の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

ホテル・宿泊施設サービス関連職の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

ホテル・宿泊施設サービス関連職の年収

全世代平均 292 万円
最高:1300万円 / 最低:150万円
※全278件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1300 万円
    大阪府 30歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    結果と内容が伴えば評価はキチンとされます。
    運よく忙しいみたいな感じだけではだめです。日々の業務もしっかりと判断します。
    評価の際も、具体的に何が悪いのか良いのかを明確にするので、人によって判断がまちまちになることもなく正当性はとれていると思います。
    店舗の運もありますが比較的どこでも成績を上げることは可能です。
  • 1000 万円
    大阪府 30歳 男性 2014年頃
    ライセンス評価もあり、委託料金にプラスアルファもあるので努力次第です。
    また評価制度も現場の意見でなはなくてコロコロかわります。
    店舗によっては当たり、ハズレもあります。
    前任者が本社との折り合いがうまくいかずに宿泊をフルに販売していない店舗などもあるので、昨年の売上はクリアしやすい。もう一方は前任者がめいいっぱいの金額で販売しているなら超えるのに非常に大変である。
    売上目標は昨年との比較なのでライセンス評価の為に現場は値段をどんどん上げているのが現状です。現場は自己評価が上がるとプラスアルファがあるので宿泊代をどんどんあげていきます。
    結果、会社の売上が毎年増収増益になります。最近は店舗もあまり増えていないのに増益の幅がおおきいのが顕著にあらわれています。お客様の満足度を一旦おいてといて考えればおもしろい仕組みです。
    ただお客様からはどんどん値段があがるので、コスパのスーパーホテルファンは嘆いています。
    現場としては悩ましいところです。自己評価向上かお客様の満足度がこのバランスをどう取るかの判断が経験できます。
  • 750 万円
    東京都 43歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    人事制度が成果割合が約半分を占めている。
    頑張れば頑張るだけ評価されます。
    但し、評価を行う管理職は、その評価作業が大変。年二回約1カ月は評価作業に追われる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価の幅が無く、良い評価、悪い評価の給与、賞与の差があまりない。しかし、長期にわたるとその差が大きくなる仕組み。
    もちろん昇格に大いに影響する。
    労働組合の力が非常に大きい。
    従業員は良いが、管理職は対策が大変。
  • 500 万円
    愛知県 31歳 女性 2016年頃
    【良い点】
    転職キャリア有りのため、前年収は少々考慮してもらえている。
    毎月の収入はそれほどでもないが、母体がしっかりしているので、年二回のボーナス支給額が大きいと思う。ホテル勤務の給料にしてはまぁまぁ良いほうではないかと思うが。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    昇給・昇格の基準や判断が曖昧。上司の判断によるところが大きいので、気に入られてるかどうかのみが重要視されていると思う。
  • 500 万円
    東京都 38歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    体系が変わってからは、年功序列から実力主義的な給与体系になってきていた。改善点と反するが、特にボーナスに顕著に出るようになった。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    業務がかなり多かった為、残業時間も大幅に増えた。その為、残業代目当てで残る社員も見受けられた。
    ベースアップや役職手当てはスズメの涙ほど。ボーナスが派手になった為、本質が見えにくい給与体系だった。
  • 500 万円
    東京都 25歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    給料は多くは無いが、業界内では高水準であること。
    旧来の年功序列の賃金体系のため、生活が大崩れすることはない
    評価は上司→部下の180°評価。
    【気になること・改善した方がいい点】
    責任感の低いマネージャーが少なく、ラインスタッフのモチベーションが低い
    評価基準があいまいなため、不公平感を生みやすい。
  • 500 万円
    東京都 40歳 女性 2014年頃
    【良い点】
    年齢や職位で年俸が決まっており、主任職(4階級あり)までは昇格試験の結果で決まる。係長職以上は昇進によるものだが、職位(グレード)一覧表も開示されているので透明性は高い。
    昇格時の昇給率は高いように思う。1か月あたり2~5万円UP、係長や課長への昇格であれば年収が100万円以上UPすることも多い。
    主任で年収400万~530万円程度 係長で600万円UP 課長で700万円以上にはなるのでは?
    退職金込みなので注意が必要。
    当然課長以上は残業代がつかないので、係長で残業が多い人が課長の年収を上回ることもある。
    最近は年功序列とは言い難く、年下の部下を持つ管理職が増えてきた。
    個人評価分はインセンティブとして支払われる。
    評価制度があり、目標を設定し、上長との面談が3回あり評価される。この制度の結果は昇格試験にも影響しているように思う。
    上司もまた部下から年に一度評価される。
  • 450 万円
    東京都 39歳 男性 2018年頃
    【気になること・改善したほうがいい点】
    10年以上働いても残業をしないと給与は手取り20万を切る事も。
    残業をしても良いかは事業所の支配人によって変わる。
    残業しないと業務が終わらない場合は、タイムカードを切ってからやらないと業務は終わっても、結果、注意される。
    残業代は申請をしないと付かない為、申請をしなければ、問題視されないケースもある。
    年間2回の支配人との面談があるが、必要なものか疑問。
  • 450 万円
    三重県 30歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    ホテル業界の中では低くはないと思います。夜勤手当や深夜手当がつくのはホテル部だけなので、社内でも給与水準は1番高いかと思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    手当は付くものの、その分夜勤の日は2、3時間の仮眠になる為、給料と見合っていないと考える方もいました。もう少し手当の額を増やした方が社員のモチベーションに繋がると思います。
  • 450 万円
    石川県 46歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    地域では、業績の良い企業として知られており、認知度も高い。
    業界内の中規模から大規模旅館では珍しく、経営体質が健全。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    就業規則が社員に公表されておらず、社内では、有給休暇は無いことになっている。
    OJTしか教育制度がなく、また計画的とは言えない状況。
    同族企業であるため、評価制度が曖昧。
    資格取得支援などは無い。
  • 450 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    運営会社の基準に準拠する形でキャリアパスもあります。
    評価制度はスターウッドの目標設定に添う形で作成し、社長→ASPAC→リージョナル→GM→部門長→職場長→個人といった形で目標の方向性を統一していきます。
    長年働いているとほぼ定型化していきますが、達成しやすいと思われます。
    なので能力主義というよりも年功序列の色が強いかもしれません。
    国内企業と外資の悪いとこを総取りした感じだと感じていました。
  • 440 万円
    長野県 24歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    他同業者と比べると初年度から年収が高い。また、半年に一度行われる総支配人との評価面談では、自身の言動や努力についてしっかりと説明をし、交渉をすることにより、評価が上がることもある。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    初年度から年収が高いが、その後には総支配人やUDにでもならない限り給料はほとんど上がらない。評価についても支配人が自分達の全ての仕事を見ているわけではないので曖昧なまま評価されることも多い。
  • 440 万円
    東京都 40歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    人間関係はアットホームでいい環境です。(宿泊部)
    【気になること・改善したほうがいい点】
    2015年4月より給与体系が変更になった。年令給、経験者の手当が廃止。給与が大幅に下がりました。若い人は経験を積んで転職をしたらいいと思います。30代、経験者にはお勧めしません。給与に拘らないなら人間関係は最高です。
    調理部、レストランへの転職は辞めた方がいいです。人間関係はよいですが労働時間が長いです。
  • 420 万円
    東京都 25歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    最近はベアが繰り返されており徐々に給与が上がっている。ホテル業界としては給与は良いほうだが、他業種にはかなわない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    ボーナスが1か月分と安い。また退職金制度がないため転職希望者が多い。支配人になると残業もおおくなるが、それを考慮しても給与は安いと思われる。業績により手当てが出るが、予算が高く首都圏では予算達成が難しいのが現状。
  • 420 万円
    東京都 24歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    月給38万円は、魅力。ボーナスなし。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価制度が、できても、原資があるはずがなく、昇給賞与は無し。
    仕事は、清潔が一番大事である事は納得も、現場社員レベルは、低く、
    自身のキャリアアップには、到底繋がらない。
    給料に目が眩んで選ぶのはやめたほうがいい。
    本気でやるなら、周りを蹴落とす位の覚悟が必要。
  • 420 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    査定は独自の評価体制が半年に一度ありますがそれに伴う昇給額はわずかです。責任者としての役職手当は安く、労働時間と職務内容に対してバランスが取れてるとは言えません。査定評価に関しては上司の一任て決まる為、個人により評価の度合いが違います。残業に関しては1分から手当がつく為サービス残業はありません。昇給額が少ない分を残業代で稼ぐ感じです。
  • 410 万円
    大阪府 38歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    会社内でのチームワークを大切にしようとする意識取り組みかたは素晴らしいとおもいます。
    定期的に行われている社内イベントは他部署とも交流を深めることがでします。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    ホテル関連業全般にいえることですが、給与のベースが低いのですが、もう一段階低いように感じます。
    また、出世、昇進に関しても上司に気に入られなければ絶望的。多少、仕事ができなくても気に入られば出世、昇進はみえてきます。
  • 【良い点】
    仲の良いスタッフばかりです。仕事も自分で探して動く事が出来るので、やりがいを感じられると思います。
    お客様も上品な方ばかりですので、自分のスキルアップにはとても良いです。
    会社が変わって食事手当てが出たり、会社に幼稚園が出来たりと、地元の人には働きやすいかも知れません。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    忙しくなればなるほど、どこの部署にも手伝いに行かされます。マルチな人間でないと続かないです。目標を持って、専門的なスキルアップを目指す方には向かないと思いました。
  • 400 万円
    東京都 31歳 男性 2017年頃
    【気になること・改善したほうがいい点】
    直属の上司の評価のみで決まるため正当な評価を受けづらい。
    また、実際は数値目標的な部分に関わる業務は上司ばかりがおこない下には現場仕事ばかり振り数値目標まで関われる時間は捻出できない。
    店舗ごとに裁量が大きいため、直属の上司とあわないと何もできないと言っても過言ではなくとてもやりづらい。仕事以外の部分でとても気を使う。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう