1. ブランド・プロダクトマーケティング

ブランド・プロダクトマーケティングの年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

ブランド・プロダクトマーケティングの社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

ブランド・プロダクトマーケティングの年収

全世代平均 662 万円
最高:1400万円 / 最低:150万円
※全78件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1400 万円
    東京都 35歳 男性 2014年頃
    給与に関しては前職と比べて、1.4倍程度になったので非常に満足しています
    昇給に関してはほぼ上司の独断できまります。
    3ヶ月に一回行われるレビューに点数などはなく、最終的には上司の主観で昇給率が決定します
    評価制度に関してはアメリカ本社のシステムを無理矢理導入したため、社内で混乱が起きています
  • 1350 万円
    東京都 53歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    管理職への登用スピードが早くなってきている、また部門長クラスも年齢が若くなってきている
    優秀人材はチャンスが与えられてきている
    給与体系もよくなってきている
    新しい血が企業をよくしているとも言える
    【気になること・改善したほうがいい点】
    一方で、管理職にはなれない社員を増えてきている
    また外部からの転職組みも増え、プロパー社員もヤル気も下がってきている
    昔ながらの先輩、後輩の関係が段々なくなってきている
  • 1200 万円
    【良い点】
    グレードによって給料が100万前後ことなってくる。昇給スピードは遅いがグレードを上げることでキャッチアップ出来る。中途採用が多いので比較は難しいが給料は間違いなく高水準であると言える。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    マネジメントが日本的な考え方での運営のため、事なかれ主義。実力のある人材には居心地が悪いかもしれない。ボーナスはほとんどもらえないと思ったほうが無難。
  • 1200 万円
    東京都 40歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    日本法人の組織が大きいので、いわゆる外資系で求められる短期間での成果に対するプレッシャーは大きくない。ビジネスモデルが大きく崩れないかぎりは恐らく安泰だし、社員もどちらかと言うとのんびりしたタイプが多い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    実は負けている領域が多い企業ではあるが、コンシューマ領域での圧倒的な成功体験に基づく変な自信が社内に蔓延している。
  • 1100 万円
    複数の事業部があるが、いずれも同業他社に比べて高い水準にある。そのため、問題を抱えながらも転職を控える社員が多く、腰掛け社員も少なくない。3Mには高い労務費を支える製品力があると言える。また、販売部には実力以上のインセンティブがある一方、本社社員のモチベーションは下がっているケースもある。
    全事業部に該当するわけではないが、生え抜き社員や声が大きいだけの社員への偏重、また政治家社員を見抜けない管理職もおり、評価制度は必ずしも公平とは言えない。
  • 1000 万円
    【良い点】
    年間目標を期初に設定、半期末と期末に上司と目標に対してのパフォーマンスのレビューを実施し、その結果によって当該年度のRating、昇給金額が決定される。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    昇給原資が少ない場合は、高い評価であっても昇給額が限られることが多く、上位役職にプロモーションされない限り、最近は大幅な昇給は難しい場合が多い。
  • 1000 万円
    東京都 29歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    外資トップクラスの給与体系。福利厚生も最高レベル。若いうちから人間ドックの対象で私はおかげで十二指腸が見つかり、通院して完治しました。

    評価も概ねフェアだが、人事異動や担当替えの根拠が明確でない場合も多くあり、改善が必要です。これにより退職者も多く出ます。

    【気になること・改善したほうがいい点】
    残業時間が多く、深夜労働、徹夜も厭わない。
  • 1000 万円
    東京都 40歳 男性 2014年頃
    給与・評価については満足はしていませんが、大きく変動することもなく着実に微増を続けるというのは製薬業界としては標準的であると思います。将来の製品パイプラインも比較的充実していることを考えると向こう10年はある程度安心感はあります。ただし大企業であることも事実で、多くの社員を維持していける体力を維持できるのかは不透明です。
  • 1000 万円
    東京都 45歳 男性 2014年頃
    ・2014年10月から各自の業務のプロセス、それによる成果を今まで以上に反映させるグローバルで通用する給与体系、賞与体系にシフト。5段階評価で、1と5では、4倍以上の差がつく。如何に会社に貢献仕事をしているかがポイント。また、英語ではTOEICは740点以上が課長級には望ましい。今後伸びる分野は自動車関係。
  • 1000 万円
    東京都 40歳 男性 2014年頃
    具体的な評価指標が明確にシェアされていないため、相対比較になることがほとんどである。周辺の人材よりも総合力が秀でており、人間関係に特に問題がなければポジションに採用されるというような極めて、成り行き的な人事評価である。
    全体的にいわゆる”好き嫌い”人事になっておりそれを会社として特に是正する動きもないため、しばらくはこの傾向が続くと思われれる。
  • 950 万円
    東京都 35歳 男性 2014年頃
    年始めに上司と設定するターゲットアグリーメントを元に1年間かけて設定したよターゲットを達成すべく業務を遂行します。その目標設定ができる限り数値化された目標に設定されるため、業務が多岐に渡る場合でも仕事の優先順位を決めることができて、集中した業務が行えます。評価は公平性があるため、頑張った人に対して応えてくれる会社だと思います。反面、給与体系は割と年功序列的な面も有るのでそこは一般的な外資系とは違う違う点かと思います。
  • 900 万円
    東京都 38歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    給与水準は、同業他社と比較しても高めだと思う。
    年棒制で、ベースサラリー+インセンティブとなり、割合は職種・部門によって異なる。

    ただ福利厚生は全くないので、日本企業と比較してトータルではあまり変わらないのでは。
    低いパフォーマンスが続くと、リストラされてしまうので、50歳までこの会社で働き続けるのはほぼ無理。
  • 900 万円
    大阪府 35歳 女性 2014年頃
    給料は良い。かなり高い方だと思う。平社員でも800万程度はもらえているのではないかと思う。
    昇進は上司に気に入られているか否かが主なところ。必ずしも実力主義とは言い難い。
    評価制度は自分で自分のアピールポイントをキャリアシートに書き、上司がそれをもとに評価を決める方法。上司によって最終的に決まった評価を事前に教えてくれたりくれなかったりするので、人によっては納得できない評価にされていても事前に異議申し立てはできない。
  • 850 万円
    愛知県 30歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    他の企業よりも待遇は良い方だと思う。
    特にボーナスが多い。
    基本的に残業代も付く。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    横並びで非常に差がつきづらい。
    評価制度もクリアではない部分があり、属人的な評価になってしまう。仕事の結果や成果、専門性の高さよりも、仕事のプロセスや、上の人たちにうまく気に入られ、社内政治、アピールがうまい人が評価される。
  • 850 万円
    東京都 42歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    良い意味でのんびりした会社です。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    海外の意向が強く、非常に縦割り意識が強く、不条理なシステムがまかりとおってします。本体からの出向者が未だ要職におり、本体気質か改革を仕様との意気込みがなく、他部署の顔色を見る傾向があるところが残念で、まったく変わりません。同じ雰囲気の人をとる傾向にあり、変化の兆しは全くないでしょう。
  • 800 万円
    佐賀県 33歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    有報で公開されている平均年収は、業界内では低い方だが、住宅手当が手厚い。

    34才の一般社員で、職級が中の上でこれ位の給料です。
    月ベース(税前):基本給32万円、残業代6万円、家族手当2万円、住宅手当15万円(借り上げ社宅)。
    ボーナスが基本給の5ー6ヶ月分。

    内勤の場合、残業は30時間が上限。
    働き方改革のお陰で、サービス残業は減っています。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    住宅手当ては賃貸マンションだと上記の通り手厚いが、持ち家だと数万円だけ。
    賃貸の方が良いところに住めるので、持ち家を買わず賃貸を続ける=自分の資産として家を持てない、というのが悩みどころ。
  • 800 万円
    東京都 35歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    仕事に対しての収入は高いと感じる
    ここ数年業績も良いためボーナス反映がされているのも大きい。

    【気になること・改善したほうがいい点】
    若くて実力ある人をぐいぐいあげようと言う感じはなく、年功序列は強い。また全体的に化粧品と言うよりは製造業と言う雰囲気で、おしゃれさだったりはほぼ皆無
    仕事をやってない人でもそれなりにもらえてしまう仕組みのため、頑張ろうと言うよりはそれなりにやっておこうと言う感じ。
  • 800 万円
    東京都 29歳 女性 2017年頃
    【良い点】
    すごく高収入ではないが、満足できる金額が若いうちからもらえます。若手のうちは、個人差は少なく、ボーナスで多少差がつく給与体系です。ボーナスは年一回です。育児をしながらでも働ける環境も整ってもいますが、
    仕事をセーブしながら評価を得るのは厳しいかもしれません。当たり前かもしれませんが。女性社員は増えつつあります。
  • 800 万円
    東京都 30歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年齢に関係なく幅広い職務に携わる機会がある。海外との繋がりを職場に求める方に関しては最適な環境と考えられる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    部署としては非常に忙しい。営業、エンジニアからの問い合わせから、製品管理、プロモーションまで関わるプロダクトに対し全て責任をもって仕事をすることになる。(やりがいと表裏一体になると考えられる。)
  • 800 万円
    東京都 29歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    非常に働きやすい。実力があれば、いくらでも自由に仕事ができる。論理的で合理的な意見が通りやすい。特に周りのメンバーが優秀なので、管理しなくてもよい。仕事が終わってないなど、他の大手でもよく発生することがほとんど発生しない。

    特に内製のエンジニアは超優秀な人が多い。頼んだ時にできないという人が少ない。ゲーム開発をやっていたが、比較的自由度は高い。ただし、部署や上司との関係によるところは一定ある。

    風通しが良いので、改善されやすいし皆が常に物事をよりよくしようと考えているため、真剣に議論して改善がまともに進む。
    現場での意思決定権限が大きい点は良い。ただしこれも人によるし、当然周りとの信頼関係の大きさによる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    アサインがあまりうまくない。特にミドルマネージメントがいなく、トップとのマネージメントスキルに乖離がかなりある。
    中間管理職が不在なため、トップの適切なメッセージが伝わらず、メンバー各人が独自の解釈や誤った解釈をして会社批判をする場面が多々有る。

    また、業務遂行能力やスキルは高いが、業務遂行能力と合わせて人間力も高い人は少ない。結果的に合理的、論理的なマネージメントに走りがちで、各人の思いや意思を無視した組織全体感を優先したマネージメントが多い。
    組織としてはまともだが、個人まで落ちてきた時点で納得感がないものになりがちで、それを咀嚼して伝える現場マネージャーがメンバーよりかつレベル感が低いため、結果として、うまくいかない場面が多々見受けられる。(それが起因で辞める人もかなり多い)

    また、一時的な事業拡大に伴い、魅力ある外部のスキル重視のメンバーを取りすぎたため、一時的に文化や価値観崩壊している時期があった。もう少しDeNAらしい人間を採用するやり方に直した方が良い。スキルが高い人は事業展開の時点では魅力的だが、文化、価値観融合できないとハレーションが起きる。結果自分が想像していた企業としての成長よりも少し期待ハズレだった。

    すごく良い会社で働きやすいが改善すべき点は多い。特に巨大化、多角化に伴い、統制や意思決定フロー、適切なアサイメントをスピード感持ってできなくなってきているように感じた。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう