1. その他経営企画関連職

その他経営企画関連職の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

その他経営企画関連職の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

その他経営企画関連職の年収

全世代平均 570 万円
最高:1500万円 / 最低:180万円
※全115件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1500 万円
    東京都 54歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    損害保険会社全体に言えることだが、仕事の質、量、責任に比べて給与は高く、福利厚生は充実している。特に40歳以上は出世の有無に関わらず、ある意味天国。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    良くも悪くも企画系部門が強く、その人脈で出世が決まる会社です。その人脈に乗っている社員は、現場での成績が悪くても、企画で失敗しても、問題を起こしても関係なく特命部長までは出世します。早くスローガンである人物、仕事、能力本位の人事評価が望まれます。
    又、利益で世界トップ10とお客様評価NO1という矛盾した施策を疑問も持たない会社。
    お客様評価NO1を目指すのであれば、利益を削ったり、役職員の給与を下げても保険料を引き下げるべきでは?
  • 1500 万円
    東京都 40歳 男性 2015年頃
    基本給与に加えて、現在は月4万円の住宅手当があります。また社内グレーディング制度があり、管理職相当以上のグレードの方は年に1回のパフォーマンス・ボーナスが3月に支給されます。それ以下の場合は、夏、冬に通常の賞与が支給されているようです。また年初に目標設定を行い(含む・面談)、その結果を半期と年度末にレビューして、その結果に応じてパフォーマンス・ボーナスや翌年度の基本給が変わります。
  • 1300 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    競合と比較して給与水準は高い。
    一例として、36歳 チーフディレクターで合計1350
    内訳として、基本給1000+ボーナス350(業績連動)
    成長を続けているため、毎年基本給が2-3%程度アップ(過去5年実績)
    【気になること・改善した方がいい点】
    昇進できないと、一定ラインで高止まる
  • 1300 万円
    東京都 40歳 男性 2014年頃
    一年に一度評価があり、ボーナスが出決まるが、職種により四半期毎の評価でボーナスが出る。
    全体として公平である。昇進も公平であるといえる。派閥的なものもある。そこに属していた方が、何かと仕事はやりやすいが、所属していないからといってやり辛くなるというほどでもない。常識的な手順で協力を依頼すればとても気持ち良く対応する人がほとんど。自分から話しかけていけばそういう人脈は作れる。風通しはとても良い会社だと思います。
  • 1200 万円
    埼玉県 45歳 男性 2015年頃
    給与は、固定給とボーナスで構成されるが、基本、固定給の占める割合が大半。ボーナスは、会社の業績と部門の業績と個人の業績が反映される仕組みである。グローバルの職務給的な考え方を導入中で、現在、プロジェクトが進められている。内容については、一般的に良くある職務に一定の階級を付けて、それに対し、給与を割り当てていくスタイル。
  • 1100 万円
    東京都 33歳 女性 2017年頃
    【良い点】
    給与、賞与水準は総合職の場合は、かなり良いと感じる。残業代も裁量労働制以外の営業部門等の場合は全額支給される。配属部署の評価が個人の評価に大きく影響するため、個人の実績に関わらないところで賞与は変動する。キャリアパスや評価も配属部署、上司次第なので、大きなお客様を担当させてもらうかや、上司の力量で評価を上げてもらえるかは運次第なところも。
  • 1100 万円
    大阪府 58歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    基本的にまじめな会社です。伝統のある会社らしく社風も良かったです。従業員教育もしっかりしており、在職中には多くのことを学ぶことが出来ました。過去は製薬会社で2番の位置にいたこともあり、優秀な諸先輩も多く、プライベートなことも相談に乗ってくれるアットホームな雰囲気でした。福利厚生も充実しており、安心して働くことのできる会社です。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    社長は欧米的な考え方をされる方で、株式会社としては株主にとって安心できる会社ですが、社員にとっては信賞必罰も厳しく、社内もギスギスした感じになってきたと思います。実際に「うつ」などで長期休養を余儀なくされる従業員も増えていした。バランスも大事だと思いました。
  • 1100 万円
    大阪府 45歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    管理職は基本的にそのポスト(セクション×役職)によって年俸が決まっている。所属するチーム(自身がチームのリーダーの場合)か、管理職個人の年間目標の達成度合いによって支給される賞与の額が決まる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    自分の所属するチームの目標を達成することについては熱心に取り組む人が多いが、チーム目標の達成に貢献しないが自身のチームが協力すべき仕事については、明言はしないが協力したがらない人が目立つ。
  • 1100 万円
    東京都 45歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    会社業績連動のボーナスは業績によって額が変動しますが、それはないものと思っていました。
    個人業績分は評価によって違いますが、そんなに変動しないです。そういう意味では非常に安定していると思います。
    【気になること・改善した方がいい点】
    マネジャーになると、そのあとは統括課長や部長といった役職に就かない限りは、給与は全く上がりません。その水準でもある程度の生活レベルは維持できるのですが、給与が上がることをモチベーションにしたい人には合っていないのかもしれません。
  • 1000 万円
    愛知県 35歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    残業時間にもよりますが、大卒なら係長級でも千万円いきます。

    デンソーは、トヨタを除く殆どのメーカーと違い、製造部門(高卒採用者)を本体に丸抱えしており、会社単体の従業員数は日本屈指の大企業という特徴があるため、平均賃金にすると少なくみえますが、大卒者は実際にはかなり高い賃金をもらえていると思います。
  • 1000 万円
    神奈川県 51歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    上司と部下の双方向コミュニケーションによる評価を行っているので比較的透明性がある。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    マネージャーにより、部下の評価の方法や、評価結果に差が出る。特に、日本人以外のマネージャーの場合、将来的には日本から離れる為、日本人部下の評価、育成にはあまり興味がない場合や、逆に過度に高い評価をしてしまう場合がある。
  • 950 万円
    東京都 50歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    安定感は抜群で、仕事もやりがいがある
    入社以来30年以上この会社です
    電電公社で入社試験をうけ、民間の一期生となりました
    この会社が移り変わるのを見てきましたが、良い方向に向かって常に変わってきたと思います
    縁があってこの会社で仕事ができましたら良いと思います
    社員は全体的に生真面目で仕事は責任感を持っています

    【気になること・改善したほうがいい点】
    大きな会社なので矛盾はあります
  • 900 万円
    東京都 29歳 女性 2015年頃
    【良い点】
    他社に比べて比較的高めである。ワークライフバランスもとれており、いわゆる高給で休みがない企業とは違う。
    評価制度は良し悪しあったが、人間なのである程度上司の好みで判断されてしまうことはある。役職を上げるだけでなくやりたい仕事につくにはしっかりと成果を出すこととに加え、社内に人脈を作ることが必要と感じた
  • 900 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    メーカーとしては相当恵まれた給与水準。
    評価基準も成果とプロセスに分かれており、仕組みとしてはしっかり構築、運用しようとする意志は感じる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価者によってはいい加減に運用しており、良くも悪くも平均点をつける傾向が強い。
    また年功序列色が極めて強く、昇進は順番待ちだが、上位職の意向によっては不公平な評価や昇進がまかり通る。
  • 900 万円
    大阪府 30歳 男性 2015年頃
    年収水準は高く、総合職であれば新卒後10数年で1,000万円に届くことが多い。
    国際メガバンクグループだが日本経営的思想が色濃く残っており、上意下達の体育会系な会社である。
    そのため、若手時代は気合と根性を見せる社員が非常に高評価を受けるが、管理職昇進後は成果主義の評価体系となるため、並行して自己研鑽を行わないと昇進レースから脱落する。
    専門職種という概念がなく、若手時代は複数の仕事を強制的にローテーションされる。
    その後、適性に応じて固定職に配置されることが多いが、ローテーション期間中に感じる違和感から退職する社員もいることは事実。
    管理職昇進後は頻繁な配置換えはないが、管理職層には丸投げ・放任的な空気が残っており、若手時代にマネジメント能力を身に付けたものと付けていないものに分かれる。
    ただし、概ね自分が取り組んだことが正しく評価される会社であることは間違いない。
  • 900 万円
    東京都 40歳 女性 2014年頃
    【良い点】
    年収は同業種の中では良い方だと思います。入社時に少しでも高い給料の設定をする方が良いです。その後の1年に1度の給与ベースアップはパフォーマンスに関わらず日本人は僅かです。他の国は高い利率の所もあり、モチベーションにも響きます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    一応給与査定においては360度フィードバックが採用されていますが、最終的な判断は部門長の一言で決められているように見受けられました。
  • 900 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    基本給は毎年年一回昇給します。昇給幅は3~5万円/月くらいの上り幅です。
    賞与は年二回で前年度の業績によって上下しますが、4.5カ月は最低水準として担保されてます。
    評価制度については、企業体としての歴史もあり(合併等間にありますが)、ベンチャー的に競争があるような形ではなく、年功序列の形です。評価制度はあってないようなものです。
  • 850 万円
    東京都 37歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    目標とコンピテンシーで評価する制度になっていますが、正直、あまり機能している感じではないと思います。上長とのコミュニケーションで評価してくれる感じです。また、半期に1回評価があるので、上がる機会もあるので良いと思います。経営陣は評価に対して寛容な気がするので、あまり大きく下がることはありません。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    良くも悪くもコミュニケーション次第と感じます。
  • NTTでは主査という役職、昇格は年間の評価昇格面接によって決まる。昇格の枠は年々狭くなっており厳しい競争がある。実力主義の色はどんどん強く、評価のいいものと悪いものとの年収差が拡大しつつある。但しリストラの恐怖はないため、出世をあきらめた働かないオジサンたちの分まで、出世をあきらめていない若者が酷使される側面あり。
  • 820 万円
    【良い点】
    新しい人事評価制度で、自分の業績は余すところなくアピールできます(A4で10~20ページ)。それぞれに点数がつけられ、最終的には点数順ですべての人事評価が決まってきます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    各項目は網羅的に整備されており、項目ごとに点数をつけていくので客観的なように見えますが、実態は、上席の主観的評価で決定するため、日ごろ上席の意向に沿うような業務執行をしなければ、評価はまったくされません。お客さんより上司に向いて仕事をする社風が形成されつつあります。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう

その他経営企画関連職に関連する年収まとめ