1. 団体職員

団体職員の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

団体職員の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

団体職員の年収

全世代平均 374 万円
最高:1200万円 / 最低:150万円
※全152件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1200 万円
    東京都 35歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    在外事務所勤務の場合は給与水準がそれなりに高く、時間的余裕も大きい。
    逆に本部で働く場合は給与と仕事量のバランスが悪い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    各個人の裁量の幅が大きいが、必ずしも統一的な対応が取られていない。
    役員の想定問答や資料作成などとても本質的とはいえない雑多な業務が多い。
    職員の専門的な知識に関するバラツキが大きい。
  • 720 万円
    神奈川県 38歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    論文の本数だけで一律に評価されるわけではない点はプラスである。部署または分野によっては論文の出やすい(またはインパクトファクターの高い雑誌の多い)こともある。また、職種(研究系、技術研究系)の違いも評価にある程度は考慮される。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    高い評価を得ても年収にはほとんど考慮されないことが多い。また、退職金がない。
  • 700 万円
    愛知県 55歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    ない
    【気になること・改善したほうがいい点】
    東北の地震があった時給料が一割近く減額された、民間企業なのに、そんなことをする必要はないと思った。そのため住宅ローンローンの返済に苦労した。人事評価は半年ごとに行われ、SABCDの五段階評価。いくら努力をしても、ほとんどの職員はC評価しかもらえず、B以上の評価をもらうのは、一握りである。ヒアリングはあるが、ほとんど何も聞いてもらえない。
  • 700 万円
    長野県 52歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    学生の支援にかかわる部署と総務、広報、図書館など様々に経験できる。
    忙しい時季は部署により異なるが、計画的に力を会わせて進めれば残業も減らせるだろう。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価の仕組みが課題。部署ごとに数人なので、同じ部署のメンバーにより環境が大きく変わる。繁忙期は、部署によっては残業が多い。メンタル的に病んでしまう職員がある。
  • 650 万円
    東京都 38歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    団体としては給与は非常に良い方だと思います。
    賞与は業績によって大きく変わります。
    例えば、数年前と比較すると、この年は年間で2カ月くらい増えていました。
    また、年収は残業手当によって、かなり変わってきます。
    そのため、管理職になる前の方が年収がずっと良かったという職員は多いです(管理職は基本的に残業代がつかない)。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    特にありません。
  • 600 万円
    東京都 34歳 男性 2018年頃
    【気になること・改善したほうがいい点】
    「大学の発展に貢献する力のある組織」を謳っていますが、必ずしもその思いに賛同している職員は少ないです。また、役職昇任試験制度により、試験合格者が適宜昇任となりますが、試験の募集要項には、どういった点を評価するのか、またその評価基準、評価スコア等の一切の開示がありません。このため、著しく公平性を欠くシステムになっています。結局のところ、世渡り上手な人はこの組織に最適と思われます。
  • 600 万円
    東京都 42歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    全くと言っていいほど評価制度が確立していない。1から5段階までの評価軸があるものの、数年前から管理職が関連企業から出向してきており、評価軸があいまいなまま「良好」としか言われない。何をすれば評価が高いのかを管理職に問えば「わからない」との返答を得たりする。組織的に建物の老朽化による改築・売り渡しなどの議論や、会員数が目覚ましく減っている状況、派遣社員の雇止めなどがなされていること、それに加えてビジネスモデルが限界にきていることなども踏まえ、今後は人件費まで着手しなければ運営できない状況になる可能性が極めて高い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上司と部下、同僚たちとのコミュニケーションが全くない。この中で、評価制度は仮にあったとしても成り立たないといっても過言ではない。
  • 600 万円
    埼玉県 49歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    業務に関する裁量はかなり任されているので仕事はしやすいです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    一応、毎年目標設定とそれに関する評価面接がありますが、給料は研究室予算内で決定しますので、達成具合はほとんど関係ないです。研究室予算は毎年ほぼ減額されていきますので昇給は絶望的です。また、研究室自体も期限が来れば強制的に解散になるので、長期勤務は期待できません。
  • 600 万円
    宮城県 41歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    各々、やってもやらなくても一定額の給料がもらえます。
    良い点とは言いにくいですが、人にはよっては良い点であり、また別の人からみると悪い点とも言えると思いますが。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    準公務員的な年功序列制です。
    上記のとおり、人によって 良い点とも言えるし、悪い点とも言えると思います。
    やらない人の分は やる人がカバーするようになります。
  • 600 万円
    東京都 27歳 女性 2016年頃
    【良い点】
    評価制度により昇給額が決まるが、基本的に全員同じ評価。
    毎年一定の間隔で号俸が上がり昇給する。
    仕事のできない人でもきっちり給料は上がっていく。
    もともとの給与水準は高め。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    優秀な人でも、人より評価されることはあまりない。
    基本的にみんな一律。
    男性なら、仕事ができない人でもほとんど係長→課長までは昇進できる。
    そのぶん管理職だらけで一般職員は苦労する。
    残業代は申請しにくい環境。
    メンタルの強い人なら堂々と申請できると思う。
  • 600 万円
    東京都 32歳 男性 2015年頃
    【良い点】
     残業が40~70時間/月あり残業代は全額出るので月給ベースではそこそこの金額になるが基本給は少めです。
     ボーナスに関しては評価制度が良くわからなかったが、若手は同年代平均よりは貰っていたが勤続年数が増えてもボーナスはあまり増えなかった。
     転勤は数年単位であるが家賃補助が手厚いので、その点はありがたかった。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価制度に関しては基準はあるが、曖昧な書き方で結局は上司次第の様な気がする。
  • 600 万円
    茨城県 33歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    安定しており、この先10年は問題ない状況。残業代は完全に支払いもあるし、何も言い分ない環境だと思います。
    長期休暇中はゆったりとした業務で、長くこしを据えて働きたいと考える方にはとても良い環境だと思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    やってもやらなくても給与は同じ。
    評価や自身の価値観を大切にしたいのならほかの職場への選択もありかな?
  • 570 万円
    東京都 33歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年収は良い方の部類に入ると思ってます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価制度は、やらない人も評価はされる収入に影響が出てくる。が、頑張らなくてもそれなりの立場になれる形になって、評価も結局は形だけになりがち。
    職員として頑張って国のために働いている人がちゃんと評価されるような制度、給与体制にしてあげて欲しい。
  • 550 万円
    【良い点】
    ベースは国家公務員と同じです。違う点は、残業代が出るのでその分やや多めの収入になります。
    一月最大80時間まで残業ができますが、2ヶ月連続で45時間を超えて残業してはいけないこととなっています。
    最近では残業時間を減らそうとする動きができており、そういった試みがうまく機能すればより働きやすくなるのではと思います。
    毎年少しずつ上がりはしますが、職級が上がるたびに給与ベースがあがるようです。入社して直近だと、一般的に5年ほどで中級の社員になり、そうなると給与ベースが大きく上がるように感じるようです。
  • 550 万円
    大阪府 29歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    福利厚生がとてもしっかりしている。
    仕事が出来なくても給与も賞与も貰える。
    教育や研修が多数ある為、やる気がある人は伸びる。

    【気になること・改善したほうがいい点】
    仕事をしても、しなくても年齢、役職が同じなら、同じ程度の給与であるため、やる気がない社員が見受けられる。
    研修や教育が多すぎて、仕事に支障が出ていることもある。
    上司に気に入られると、一気に昇給することがあるような部分がある。つまり、嫌われると昇給が遅れる。
    適性を見た人事異動ではなく、数年働くと現場から優秀な人材を間接業務に就かせて、ステップアップさせようとするが、ほとんどの人が望んでいない。それにより、現場の技術力が下がっている。
    組織が大きすぎて、個々の力にあった仕事が与えられず、社員はただ空いた場所を埋める駒のように感じるところがある。
  • 530 万円
    東京都 48歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    絶対に潰れない
    安定している
    緊急自動車に乗れる
    公共性の高い仕事
    仕事に来ていれば仕事になる
    【気になること・改善したほうがいい点】
    すべて本社に権限がある
    低値安定であるので生活がきつい
    アルバイトなど副業をしないと、まともに生活ができない
    親会社の執行先なので会社はなくならないだろうけど社員としての将来性はない
    ほぼ昇給はない あっても2000円程度
  • 520 万円
    東京都 28歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    配属先によっては残業が多いものの、残業代は全額しっかりと支給されるので実入りは多い。
    労働組合が強く労働者寄りな制度が多数ある。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    良くも悪くも配属先での人間関係に左右されがち、管理職は知識が無かったり、制度について惚けたりしがちなので、休み等も自分から取るぞ!という人で無ければ取りづらい。
    組合が強い為、役職に上がっていく旨みが少ない。
  • 500 万円
    東京都 30歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    国家公務員に準ずる形での給与になるので安定しています。毎年昇給が安定しており、国の俸給表よりある程度自分の来年の給与が見えてくるなどある程度将来の見通しが立てやすいです。昇給幅も年齢によるところが大きいのでこちらも見通しが立てやすい利点があるように感じます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価制度が曖昧であり昇給理由などが見えません。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう