1. 30代

公務員<30代>の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

公務員の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

公務員の年収

全世代平均 422 万円
最高:1300万円 / 最低:150万円
※全579件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとに口コミと一緒に閲覧できます。

  • 750 万円
    東京都 37歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    土日は絶対休みである。有給がとりやすい。残業代はほぼ全額出る。女性は産休、育休取れ、時短勤務ができるため働きやすい。部署によっては9時5時で帰れる。脱税している納税者を取り締まる仕事であり、社会正義の実現というやりがいのある仕事である。公務員ではあるが、仕事は厳しい。国民には喜ばれない仕事である。
  • 750 万円
    東京都 30歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    年齢相応かそれより少しマシな収入は貰えます。
    お金持ちにはなれないけど、食いっぱぐれることもないです。
    【気になること・改善した方がいい点】
    仕事を真面目にして高評価だと本部や本店に呼ばれてしまう。そうなると毎日勤務になって年収ガタ落ち。
    一回本部や本店に呼ばれてそこで高評価だと何度も呼び戻される。
    負のスパイラルに陥ります。
    組織の為に真面目に働いて本部や本店に異動して年収ダウン、全員とは言わないですが普通の仕事や人並み以下の仕事して人事異動に全くかすりもしない人達が手当を沢山もらって高年収…不平等な組織です。
    本署手当3万、本部手当5万、本店手当10万とかしてくれたらいいのになぁ〜ってたまに思います。
    前職持ちと高学歴の人と勤務成績が何年も優や秀が付いてる人は怪しいですよ。
  • 700 万円
    静岡県 35歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    額面だけ見ると、他の公務員よりやや高い。評価は、評価者により差がある。真っ当に評価してくれる人の下につければかなり良い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    若年定年や異動の多さを考慮すると、自腹を切らざるを得ない状況が多々あり。仕事=趣味でないと、心が折れてしまうと思う。仕事をしない人や問題を起こす人の方が都心に勤務となりやすく、地域手当も20パーセントでる。結果として、生涯年収は、そういう人たちの方が圧倒的に高い。
  • 700 万円
    広島県 38歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    地方公務員なので、俸給表にしたがって給与が支給される。ボーナス(期末手当・勤勉手当)は6月、12月、3月の3回に分けられて支給。半期ごとの評価が著しく高い場合は6月、12月の期末手当等がやや高めに支給される制度になっているが、その対象となる職員数は限られている。部署にもよるが、時間外勤務手当は概ね申請どおり支給されているように思う。ただし昨今の働き方改革などの影響もあり時間外勤務はできるだけ削減の方向にあるため、給与総額を考える際に残業代を当てにすることはできなくなってきているように思える。
  • 700 万円
    静岡県 35歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    勤務年数が長ければそれなりにもらえます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    所詮、公務員なので夢はありません。
    また、利益のような具体的な結果が出てこないので、個人に対する部隊での評価は皆平等になるようになってます。年2回のボーナスで差が出せるようにはなってますが、数年間、優秀な評価を与えない場合は相当な理由が必要など、基本は差が出ません。
    がんばっても差が出ないので、、、業務への熱意は人次第。差が出なくても頑張ってる人はいます。
  • 700 万円
    京都府 37歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    仕事ができてもできなくてもそれなりの給与を得ることができる。時間外勤務手当はほぼ適切に支給されている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    公務員という職務のため、人事評価が難しく、給与に差が生まれにくい。昇進すれば多少給与は上がるが、その分仕事量と責任が増加し、コストパフォーマンスが著しく悪い。女性の活躍推進のため、能力が不足する女性が管理職になることが多い。
  • 700 万円
    東京都 30歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    色んな事にチャレンジ出来る事
    若い時からリーダーとして管理を任せられる
    各種教育機会があり、スキルアップが可能
    努力次第で昇任、昇給可能
    人に感謝される事もしばしば
    【気になること・改善した方がいい点】
    サービス残業が…
    劣悪な環境で勤務する場合もあります。
    官舎がボロボロな場合もあります。
  • 700 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    勤続約10年目の技術系、毎月30時間程度の残業代が乗った年収です。霞ヶ関勤務であれば、諸々の手当が付くので、この程度ではないかと。
    人事評価は数年前からそれなりの制度を導入していますが、正直皆A評価的な横並び評価なので、ボーナスに少し差が出る程度です。できる人にとっては歯がゆい状況ではないでしょうか。
  • 700 万円
    東京都 33歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    給料は、とても良く、残業代もきちんと支給されます。年功序列ですが、頑張りには応えてくれるような評価制度もあり、悪くはありません、
    【気になること・改善したほうがいい点】
    モチベーションの低い人たちもいるので、どう折り合いを付けるかは、悩ましいところですが、雰囲気はそんなに悪くないので、さほど気にはなりません。評価の差は、付けてほしいと思いましたが。
  • 690 万円
    神奈川県 33歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    毎月40万円を超える固定給が、年間を通して安定して入る。
    わたしは艦艇部隊に所属していたので、陸上自衛隊や航空自衛隊の同期にくらべて遥かに給料が高かったです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    暇な部署と超忙しい部署の給料が一緒。はっきり言って、納得のいかないことは多いかもしれません。
    定時までのんびりしてて、さっさと帰れる部署もあれば、毎日サービス残業で夜遅くまで仕事してたり、休日返上で仕事してても、給料はのんびり部署と同じ!
  • 650 万円
    東京都 37歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    年収は各種手当を含めると総額はいい額になる。ただし、部署や担当職務によってかなり差がある。年齢、勤続年数が同じでも何百万も差が生じる場合もある。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    人事評価は制度が古く、時代の流れに合っていないと思う。評価次第で昇給にも関わってくるが、評価の基準は曖昧。結局は上司に気に入られるかどうか。もっとも、出世欲があまりない人が多く、高い評価を得たいと欲する人も少ないが。
  • 650 万円
    愛知県 33歳 女性 2018年頃
    【良い点】
    給与が安定している
    給与への反映はないが、周囲を見ていても評価は適正にされていると感じる。
    毎年メンバーが変わるため、今年ダメでも来年評価されることは若いうちはあると思われる。
    年齢を重ねると挽回は難しい。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    仕事が適当でもクビにならず給与がもらえてしまう法制度。
    権利を主張したもの勝ちの制度にあぐらをかいたものが得をするところ。
  • 650 万円
    愛知県 37歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    市役所の中では、先進的な人事評価を行っているので、ほかの市役所よりも、評価はきっちりしていると思います。また、女性の場合は、産休、育休時短とほとんどの人が取得するので、働きやすい環境といえるとおもいます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    労働組合がないため、トップが変更になり、変わった方がなると、賃金や労働環境などに急激な変化があるかもしれません。
  • 650 万円
    東京都 31歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    消防官は他の公務員と比べると警察官同様に公安職のため給与は高いと思う。
    残業手当も基本は支給されるが、予算があるのでその範囲の中で支給される。景気に左右されるものの、やはり絶大な安定職といえる。給与は、交替制勤務が手当が出るため高く、内勤は手当が出ない分少ないが身体の健康を考えると将来的には内勤がいいだろう。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    基本的に消防官といえど公務員である。仕事もやる人間とやらない人間、できない人間に分かれ、やる人間に仕事はのしかかるが給与は特に変わらない。成果を求める人間は公務員を目指すべきではない。言われたことだけやるような人間には向いている。定年間近になれば年収1000万は堅い職種であるが魅力的な人は少ないので、割り切れる人間にはいいと思う。
  • 650 万円
    神奈川県 30歳 男性 2014年頃
    年功序列で年々上がっていくが、その分人事委員会勧告等で毎年下がっているので、目に見えた昇給はありません。
    残業が多いですが、全額付けようとする雰囲気はあまりありません。
    働きに応じて評価が変わる制度はありますが、課長級以上の感覚的な判断によるものも大きく、透明性・客観性の点では疑問も残ります。嫌われていると普通の評価だったり。
  • 650 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    上記年収は残業代など諸手当、ボーナス込み。残業時間によって年収は1割ほど前後するが概ねこの程度のレンジ。イメージとしては全産業(中小企業含む)の平均年収と比較するとかなり良いが、同じ大学(例えば国内1流大学)を出て民間大手や外資系企業に入った友人と比較するとかなり低い。なお残業時間が月100時間近くあってのこの収入(4~5割程度つく)。昇給は入省時の職種(1種か2種か等)によって昇進に差がつく。1種同士、2種同士で比較するなら基本的に横並びだが、仕事の評価によって管理職昇進や指定職(部長・審議官以上。民間企業で言うなら役員クラス)に就けるか否か、また就ける時期は異なる。昔はそれも横並びだったが最近昇進の時期に差がつき始めている(それでも数年前後という印象)。また2種の優秀な人は1種への登用もされている(人数はかなり絞られるが)。2種・3種で長く勤務している人は基本給が高くなるため、責任の少ない部署や担当の課長補佐や係長であっても、激務の若手より給料が良い場合があり、若手のモチベーションを落とす一因。業績が無いため大きく収入が変動することはないが、近年の公務員人件費抑制政策などにより、将来的には民間企業との比較で平均期待値は徐々に下がっていくと思われる。
  • 620 万円
    大阪府 32歳 女性 2015年頃
    【良い点】
    当たり前ですが給料は安定してます。能力は低くても頑張っていれば評価してくれます。ポテンシャルの高さよりは協調性がある方が重宝される職場です。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    良い点でも書きましたが、能力がなくても年数だけで幅を効かせてる人がいるのも事実です。良いところでもあり悪いところでもあるのですが、上下関係は他の企業よりもキツいかもしれません。
  • 600 万円
    東京都 33歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    年収は必要最低限のレベルは貰えると思いますが、都内で生活する上で、贅沢できるような年収は期待できません。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    基本給は低いです。なので給料は残業代に左右されます。残業代はもちろん全額出ませんが、平均して5割程度いただいていたと思います。
    評価制度は年に2回ありますが、評価が高い人、低い人でそこまで大きく収入に差が出るわけではありません。
  • 600 万円
    東京都 33歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    景気に影響されず一定の給与をいただけるため、事後の計画が立てやすい。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    勤務内容の重軽で給与が決定されず、配置ポストによっては不満を感じる場合がある。合わせて、勤務内容よりも各種学校での成績が事後の昇任等に影響を及ぼすため、いわゆる学校の勉強ができる人間が給与等が上がりやすい傾向がある。
    また、一般的に残業手当は支給されない。
  • 600 万円
    東京都 37歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    働かなくても給与が支給される。
    語弊はあるが最低水準の仕事でミスがなければ評価される。
    三振かホームランか、というタイプには不向きで、熱意はないが言われたことは真面目にコツコツできる者が評価される。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価が最低でも減給にはならない。つまらない噂や、村八分に耐えられるのであれば、十分な収入と社会的な信用を得られる。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう