1. 法務

法務の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

法務の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

法務の年収

全世代平均 571 万円
最高:1000万円 / 最低:280万円
※全49件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1000 万円
    東京都 40歳 男性 2014年頃
    フロントは極端な成果主義だと思います。営業が、できる人は同年代の他社の人より早く年収1,000万円にたどり着きますが、出来ない人はツラいと思います。
    本部は数字で評価されない分、上司との愛称が評価に大きく影響します。それはどこの会社でも同じだと思いますが。
    ボーナスの業績連動性が極端に高いため、現在のような市場環境では年収が跳ね上がりますが、景気が悪くなるとかなり下がります。
  • 920 万円
    東京都 40歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    【気になること・改善した方がいい点】
    私が経験した他の会社と比較して、評価する上長の思い一つで、評価結果の良し悪しが決まる。側から見て、ギョッとする異動や退職も目の当たりにしました。
    また、評価基準の明確化が出来ておらず、評価される側にとっては、評価側に気に入られる事に腐心する事にばかり労力を奪われることがないようにすべき。
  • 900 万円
    東京都 33歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    月給は残業50時間ぐらいで手取40万円程度。賞与は業績連動でここ数年は手取100万円超である。賞与はここ数年の制度変更で部署+個人能力でかなりの差が出るようになった。大きな部署で、部署としても個人としても結果を出している人は20代であっても100万円超をもらってる人もいる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上記の通り、能力主義が濃いのでうまく成果をあげられない人には厳しいし、成果をあげていても所属する部署が評価されていなければ賞与も少なくなるので、所属する部署で個人だけでなく、部署全体をどう盛り上げていくかを、マネージャーだけでなく、部員ひとりひとりが考えていく必要がある。普通、社内は官僚的であるが、この会社は社内を自由経済主義にしていこうとしているので、部署ひとつひとつが小さな会社でそこの業績がよければ給与も増え、悪ければ減り、最悪部署として消えてなくなることもある。
  • 850 万円
    大阪府 40歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    給料やボーナスは社業が好調なため、メーカーにしては良い方であるとは思う。また、勤務制度についても、フレキシブルで働きやすいと思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    中途採用への偏見は強い。村組織のため、外部から内部に入るには非常に難しい。また、急激に拡大したせいもあり、社風が古いままで、やや下品と思われることもあった。人間関係も難しく、特に上層部への配慮は異常であった。
  • 850 万円
    【良い点】
    親会社NECと比べると自由な社風に感じた。人材開発に力を入れていて、社内研修制度も充実していた。飲み会、球技大会、職場旅行などの社内イベントが多かった。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    当時は短期間でグループ会社の合併を進め、会社としては大きくなったが、実態が伴っていなかった。合併前ということもあったが残業は多かった。社内決裁で承認者が非常に多かった。
  • 850 万円
    東京都 45歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    営業部門は管理部門に比べると諸条件が良い方ではないかと思います。また、1日の労働時間は、7時間15分となっております。今後変わるかも知れませんが。
    【気になること・改善した方がいい点】
    評価制度を早くつくらないといけないと思います。また、給与制度は、適正な運用をしなければならないでしょう。
  • 800 万円
    東京都 34歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    グレードが上がらないと昇給の上がり幅は小さいです。年収×1%未満程度。
    グレードは半期、年間評価によりますが、評価は上司だけでなく、360度評価的なやりかたがあります。ただし、これはチームによるかもしれません。
    評価によっては早くからかんりしょくや役員になることができると思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    特にはありません。
  • 800 万円
    東京都 30歳 男性 2015年頃
    若手の給料は同業他社に比較して高い。
    昇進試験の結果で全てが決まるが、日常業務の成果は一切反映されない。プレゼンテーション能力のみが評価されるため、技能の習熟などは何の意味もなさない。
    また、業務目標は一切設定されず、フィードバックもない。
    部署により実態は異なるのだろうが、人事による各部署の業務評価チェックは行われていないのではないか。
  • 800 万円
    東京都 35歳 男性 2014年頃
    主任昇格後は毎年1万円程度の昇給はありますが、業績に連動するボーナスの幅が大きいので、毎年少しずつ上がっている、という実感はありません。700-800万の間をいったりきたり、といった感じです(子供の扶養手当を含めた金額です。)。30代後半から40代前半にかけての人材が余っていて、昇格は、容易ではありません。40代になってもマネージャー試験を受けさせてもらえない人がたくさんいます(優秀でないというわけではなく、毎年マネージャーに昇格できる人数が限られているため年功序列によりなかなか機会が回ってこない。)
  • 800 万円
    東京都 40歳 男性 2014年頃
    私は中途入社ですが、新卒入社と中途入社で評価の差は感じません。努力して結果を出した社員は評価されています。
    契約社員で入社した方も、正社員への登用制度があります。本人の頑張り次第でしょう。
    キャリアパス制度も最近導入されましたが、まだ手探りの感は否めません。私は管理部門に勤務していますが、キャリアパス制度と社内ポストに連動性はまだ見えません。何のためのキャリアパス?といった感じです。
  • 750 万円
    東京都 34歳 女性 2016年頃
    【良い点】
    33歳ごろに受験する昇格試験に合格すると、裁量労働者となり年収が一気に増えます。基本的には年功序列のため年数と共に収入も増えます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    裁量労働者となると、残業代がつかなくなるので、元々残業を多くしていたような人の場合は、年収が下がることもあるそうです。年功序列のため、若い担当者の間は辛いかもしれません。
  • 750 万円
    東京都 40歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    半期ごとに、期初に目標を立て、期末に業績を評価します。このあたりのことは、他の会社とあまり変わりません。できるだけ客観的に評価すべく、グレードごとに、また職種ごとに期待される能力が細かく定義されており、それに対して自分がどの程度到達したかが四段階で評価され、評価結果がそのままつぎの賞与やその後半年の給与に反映される仕組みです。基準面ではこれ以上客観化するのが難しいくらい、よく検討された制度と思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    基準面では非常に客観化されていますが、最終的に評価するのは人なので、そこについてはやはり評価権者との相性に左右されるのは否めません。ただし、そんなことはどこの会社でも一般的に生じていることですので、ドワンゴだけに特有の問題とは思いませんでした。
  • 700 万円
    東京都 40歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年功序列であり差がつかない。さらに日立東芝の年長者が無駄に居座っているので、上の役職が詰まっているため昇進が困難。
    さらに会長が他所から来た人でありコストカットにご熱心。そのため年収や役職が上がる手がかりが全くない。
    業績も悲惨のため、将来も大幅な昇給の見込みは少ない。
    部署によって忙しい部署と仕事をしなくても良い部署が有る。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    業績回復が困難のため、多少の改善ではどうしようもない
  • 700 万円
    東京都 43歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    社長をはじめ役職者の人柄が皆さんよくて、社内の雰囲気も風通しの良い会社です。会社として積極的に若い人材を登用しようとしている方向性がわかりやすくて安心します。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    業界自体が成長産業ではないため、今後の見通しには不安を持たざるをえません。自分次第なのかもしれませんが、常にスキルを磨いておかないと将来的には不安です。
  • 700 万円
    東京都 34歳 女性 2015年頃
    【良い点】
    給与は、他の業界に比べ高い方だと思います。
    残業代はフルに出ます。
    賞与は業績連動のため、景気が良ければかなり高いですが、悪ければ当然下がります。
    入社10年目までは、個人の能力に関わらず、エスカレーター式に基本給は上がります。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    年功序列形から、成果主義の方へ転換しつつあります。
    入社11年目からは、個人の評価が賞与に反映される度合いが高くなります。

    マネージャークラスになると、残業代の代わりに食事手当てが出るため、生活残業をする中年の方々が散見されます。
  • 700 万円
    大阪府 25歳 男性 2015年頃
    【気になること・改善した方がいい点】
    給与は他社と比べ低い傾向にある。ボーナスカットなのでなおさらである。妻が専業主婦であり、子供もいれば、生活は自ずときつくなること間違いない。やはり若ければ若いほど給料は低い傾向にあるので、転職を考えてしまう社員も多くて当然と思う。しかし、住宅手当等の福利厚生は事業所によっても手厚いので、そこはやはり大企業と実感する。
  • 650 万円
    大阪府 29歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    日本最大手の保険会社であり、様々な約款法務業務があるため、場数が非常に増える。生命保険協会等を通じて他社を取りまとめる機会も多くある。優秀な人材が非常に多くその中に身をおくことで自己成長を図ることができる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    残業。〆切前のプレッシャーも半端ではなく、心をやむ人も多数。仕事と家庭の両立には不向きな会社。
  • 600 万円
    東京都 31歳 女性 2016年頃
    【良い点】
    お給料はそこそこ。不自由のない生活が送れるほどにはいただけます。
    評価制度は明瞭。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    他信託と比較すると給料は低いよう。
    評価制度は明瞭だか、若干複雑。あと、当たり前ではあるが、同期と比較して自分が優っているか、劣っているか明確なので、少しイヤ。基本的に降格等はないので、なんでこの人が?というような人が役席者だったりする。
  • 600 万円
    愛知県 32歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    30代の離職抑制策としてこの世代のベースアップが度々行われてます。直近10年で給与は飛躍的に上昇。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    業務内容・仕事量・能力の差があれど年齢・役職が同等であれば給与はほとんど変わらない。上司がコントロール出来ない部署ではモチベーションの低い人ほど残業をつけ、結果として年俸制の上司より年収が多くなるという逆転現象が起こっている。
  • 600 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    残業時間が非常に多い。部署によってはサービス残業が横行している。震災以降止むを得ない部分はあると甘受せざるを得ない状況。しかし、コストカットに対する意識の低い部署においては青天井に近い状態であるのも実態であり、不公平さがあるというのも事実か。評価制度は少しずつ変わりつつあるように感じる。若手の抜擢も少しずつではあるが実行され始めたようだ。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう