1. 塾講師・家庭教師

塾講師・家庭教師の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

塾講師・家庭教師の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

塾講師・家庭教師の年収

全世代平均 343 万円
最高:1100万円 / 最低:150万円
※全400件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1100 万円
    兵庫県 20歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    アルバイトで働いていましたが、時給はとても良かったです。私が働いていた個別館では1コマに1人の指導だと1350円、2人の指導だと2700円もらえました。
    【気になること・改善した方がいい点】
    時給はアップする講師はアップするが、しない講師は全然してい無かったです。アップする人は能力もありましたが、社員の方に好かれている人はより上がっていたと思います。
    また、評価の基準も曖昧なように感じました。
  • 800 万円
    大阪府 46歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    幹部からつつかれるのはほとんどが生徒指導・成績に関することで、売り上げや生徒数に関するノルマは全くと言っていいほどありません。評価制度については成果主義の色合いが濃く、生徒を増やしている校舎のスタッフはかなり良い年収を取っていると思います。一方、苦戦している校舎のスタッフもそれほど悪くはないようです。会社全体の収益率がよいからだと聞きました。
  • 800 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    とにかく業績重視だからそれによって年俸は大きく変わる。例えば塾生数を伸ばして合格実績を伸ばせれば校長でも1000万程度の年収になるが、悲惨だと500ま万程度まで落ち込むことも。もちろん本人の実力が大きいのは確かですが、赴任した先の校舎が崩壊していればすぐに建て直すことは不可能だし、逆に入試実績がよく良い先生集まっている校舎に赴任すれば年収アップはまちがいない。要するに、どこの校舎になるかで大きく変わるわけです。
  • 760 万円
    東京都 25歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    色々言われることが多いが、
    やはり大企業なので、
    同業他社に比べて、給与水準は高い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    30代前後で、固定残業給与制になるので、忙しい部署なら給与が下がってしまう場合がある。

    また、残業代の観点では
    膨大な仕事量を終われている社員も
    楽な職場の社員も同じになり、報われない。
    ※もちろん基本給は異なるが。
  • 750 万円
    東京都 36歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    自由がきく職場で、また移動時間やこちらの状況も考慮したうえで、仕事を与えてくれるなど、大変に働きやすい環境でした。また、良い意味で、講師と営業の仕事が分けられており、講師としての仕事に集中できることもよかったです。
    関東圏や関西圏以外で同様な職種がないのも魅力的だと感じました。教室のアクセスもよかったです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    こちら側にも問題があったとも思いますが、
    休みが取りにくいのが難点でした。
    有給があるのにも関わらず、レギュラーを崩さないでほしいと注意されるなど、疑問を感じることも多かったです。繁忙期にはかなり多い連勤や残業時間も経験しました。
  • 700 万円
    【良い点】
    非常に時給が、高い。もちろん最初から高いわけではないが、それでもプロ講師としては、業界でも最高水準に入るのではないか。
    会社への貢献度(指導した生徒数、家庭からの評価など)によって、もちろん、昇級の度合いは異なるであろうが、評価ぎ高ければ、しっかりと時給に反映される。
    実力がある人には非常にやりやすい会社ではないかと思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    もう少し、家庭、講師、会社の連携がとれていければ、さらによくなると思う。
    家庭教師派遣では、当たり前だが紹介して、そ!でハイ、終わり、、、というほど、ひどくはない。
    ただ、契約的な内容では(つまりお金のこと)チェックがよく入るが、業務的な内容で、もう少し連携がとれていければ理想的ではあると思う。
    ただ、お金にルーズな会社ではないということなので、それは安心できる。
    給料が振り込まれないとか、指導した分を、もらえないなどと、いったことはない。
  • 700 万円
    広島県 25歳 男性 2014年頃
    賞与について。半年に一度直属の上司(教室責任者)と面談を行い、その半年間の評価や今後の業務目標などを話し合います。その際の個人評価と配属先の教室の売上・生徒数、および会社全体の業績などを勘案して賞与は決まっているようです。社長が決める目標を達成し、利益を上げている大規模校舎になれば、年2回の賞与合計額が月収の6か月分を超えることもあります。
    基本給以外では交通費(全額支給)・残業手当・目標達成時の特別手当(全社員共通or教室単位)などがあります。
  • 650 万円
    東京都 32歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年収に関しては、申し分なくもらえます。特に貯金をしたい、お金が欲しいという人には大変オススメです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    しかし、失うものも非常に大きいです。休みはほぼ週一で日曜日は出勤なため家族や友人や恋人と過ごす時間はほぼないと言っていいです。プライベートを優先する人には向いていません。また、配属される校舎により身体的、精神的な負担は大きいです。
  • 650 万円
    東京都 42歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    給料がとてもいいので、やる気に繋がる。また、色々なフォローがあって、研修も充実しているので、迷うことなく授業をすることができる。校舎はきれいなので働きやすさは心配いらない。配属されればその校舎に直接出社して、そこから直接帰宅できるので、意外と早く帰ることもできる。塾のイメージとはちがうと思われる。けっこういい。
  • 650 万円
    神奈川県 25歳 男性 2014年頃
    年功序列の色が強い分、それにどっぷり使っている中堅・ベテランが多いように思うが、その分自身の頑張りが際立ち、結果を残せばしっかり評価はしてくれる。
    賞与は、成績が良かれ悪かれ、基本的には、基本給2ヶ月×2回分支給される。評価方法は、能力考査と行動考査の合算で決まる。上位1割は、ボーナス2.5~3ヶ月分であった。
  • 600 万円
    東京都 26歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    業界経験者、未経験者問わず、給料がそこそこ高いこと。年500万円という話で入社したが、現在は600万円まで年収も上がり、ある程度満足している。また、実力が求められる社風であるため、実績を残せなかった社員は降格したり「自主退職」したりするので、上のポストは空きやすい。若くて野心と実力があるのならおすすめできる職場。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    労働時間が長いのが当たり前、休みが無くなるのが当たり前であること。トップダウンで物事が決定するため、本部の指示がおかしくても現場の人間にしわ寄せがいく。また、拠点によってまちまちだが、27:00まで残業をすることもある。この場合社員の自主性によるものとして残業代は出ない。休日出勤は手当がちゃんと出る。
  • 600 万円
    東京都 37歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    給料は良くも悪くもといったところです。同業他社の平均年収がいくらくらいかというのはわからないですが、自分にとっては、やりがいをもって働けていてのでそれ以上は望んでいませんでした。将来の性格などを形作ってしまうような年代、小学校に入る前の子供たちに教育するのは常に気を配って緊張感をもってやらなければいけないので、大変ですが楽しいです。
  • 600 万円
    静岡県 42歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    成功すれば若くして課長レベルになれる。年功序列は一切ない。実力主義である。授業が多少下手でも情熱や熱意があればある程度までは成功できる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    反面 成果が出ないとほぼ昇進はない。ある程度まではベースアップもあるが勤続10年も経つと1円も上がらないこともある。ボーナスは年々下がる一方で少子化の波を大きく受けている。
  • 600 万円
    愛知県 44歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    自分の頑張りが子供の成長につながるやりがいのある仕事です。受験を乗り越え、親子ともども合格を感謝されたときは何にも代えられない喜びとなります。年収などの条件も同業他社よりも良い場合が多いかと思います。定期的な研修も行われ、講師の平均的なレベルが高く、全国規模の授業大会でも毎年優秀な結果を残しています。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    どうしても労働時間は長くなります。付加給与はありますが、勤務規定外の日に休日出勤したときが基本で、通常勤務のときは何時間早く出勤しても、何時間遅くまで勤務してもサービス残業になります。そうしたサービス残業が一部の有能でやる気のある社員に偏りがちなのが問題で、これらを変えないと社員の出入りがどうしても激しくなってしまうと思います。
  • 600 万円
    東京都 20歳 男性 2014年頃
    塾講師という職業の中では、給料は高額であると思います。ただし、やはり塾業界の特徴である、労働時間の長さは否めないです。業務量は多いです。
    基本的に、授業アンケートにより講師の評価が決まります。生徒からの人気が無いと昇給、昇格は厳しいです。逆に高評価を獲得し続けられれば、スピード昇格もあり得ます。
    その他、生徒の獲得への貢献度も評価の対象です。
  • 593 万円
    神奈川県 39歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    顕著な結果を評価してもらえると昇格が容易に行われる。
    上長に気に入られていると昇格しやすい。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    決定者の不透明な評価による降格人事が行われる。
    反論は受け入れれない。抵抗権がないため、受け入れるしかない。
    個人的なつながりが決定に影響力を持つため
    気に入られていない人材に関しては難癖をつけてきて、降格処分になる。
  • 593 万円
    神奈川県 38歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    タイミングと上司のウケが良いと昇格する。「結果」が悪くない必要はあるが、飛び抜けてなくても昇格する。目をつけられなければ、めったに降格しない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    客観的な、納得のいく降格にしてほしい。
    同じ結果でも降格させられることがある。最初に提示された期間と違う期間で評価され、降格させられる。
  • 520 万円
    東京都 34歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    入社当初から高報酬。成果が収入に反映される。役職が付くようになるとまた報酬額が変わってくる。勤続年数ではなく完全に実力評価。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    実力評価なので、それがモチベーションアップにつながることもあるし、自分をみなおすきっかけになることもある。でも、思うように結果が出なかったりすると、やはり厳しいと感じるときもある。
  • 500 万円
    兵庫県 49歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    収入が安定しています。
    ポーナスは業績に連動していますが一定金額は確保されています。
    企業の将来性もあります。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    年収は一定金額以上は上がらないようです。また、新卒者を積極的に採用していますが、研修が不十分ななか、離職率は高めかもしれません。よく事情がわからないうちに教室長に配属され、保護者からのクレームも多い気がします。
  • 500 万円
    宮城県 34歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    ノルマをクリアすると、それなりの見返りはあるが、前回のベースでボーナスが決まるため、連続でクリアすると、収入は増える。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価の仕方が曖昧。達成できない目標を課され、達成できないと文句ばかり言われる。そもそも目標も曖昧なときがあり、どこまで頑張らないといけないのかもわからないときがある。
    自分の業績がよくても、部署の業績がわるいと報われないときもある。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう