1. 弁護士

弁護士の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

弁護士の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

弁護士の年収

全世代平均 946 万円
最高:2300万円 / 最低:300万円
※全18件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 2300 万円
    東京都 30歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    いわゆるロックステップ方式を採用していた名残りにより、弁護士間の差は他の事務所に比べて少ないはず。Billable Hoursに単純に比例した歩合ではなく、Billable Hoursを考慮しつつも定性的な評価を合わせて評価ランクが決まり、それによりボーナスの支給額に差が出るという仕組み。新規分野の開拓などはすぐにお金にはならず、Billable Hoursは稼げないのだが、この評価システムのおかげで、その点を気にする必要がないのはメリット。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    他の四代事務所などと比べると、最大給与額が少なくなるので、トッププレイヤーにしてみると、金銭的には少し物足りないかもしれない。定性評価の透明性も今一つ。
  • 2200 万円
    東京都 34歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    クビのリスクは低いが、給与がロックステップ方式のため、労働時間・事務所への貢献度があまり報酬に反映されず、働かない弁護士程辞めない傾向にある。シニアアソシエイトのベースは1,600-2,000万円程度。最近はボーナスが少なく、出来上がりで2000万円に行かない場合も多く、シニアアソでは他の四大事務所に若干負けぎみ。
  • 1600 万円
    東京都 31歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    法務のプロフェッショナル集団であると感じました。産業別ではなく地域割の法務体制としているのが特色といえます。複数あるうちの一つのチームは社内トレーニングを専門に担当しており、人材のレベルアップに寄与しています。日本企業の中でもトップレベルの法務組織・陣容を持っているものと思われます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    特にありません。
  • 1500 万円
    東京都 29歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    とにかく給料は高い。同年代でここまで貰える職場はなかなかないと思う。また、出来不出来にそれ程影響されず、9年目位までは毎年それなりに給料は上がっていく。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    労働時間が果てしなく長いので、時給換算するとそれ程でもないと思ってしまう。また、基本的に同期同額で残業代の概念はないので、働く人が損をする形になっている。
  • 1200 万円
    東京都 31歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    給料は弁護士の場合1年目で月額100万円(ボーナス込み)。2年目以降は別途ボーナスがでてベースも上がるはずだが,どれくらいかは不明。最近はさほど上がらない模様。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    給料は1年目にしては割と良いが、労働時間は非常に長い。深夜、土日業務は当たり前。ビラブルで月300時間越えると新件の受任が禁止されるルールになっているが、それすら無視されている状況。
  • 1200 万円
    鳥取県 40歳 女性 2016年頃
    【良い点】
    雰囲気は自由で性格がよい人が多く、あまりがつがつしていない。セクハラ、パワハラなどはなく、ホッとラインもしっかりしているので、泣き寝入りすることもない。きわめて、社員に優しい会社である。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    競争があまりないので、のんびりしすぎているところは否定できない、また、給与がなかなかあがらないところもモチベーションに影響はあると思う。
  • 1000 万円
    東京都 28歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    パートナーに昇格すると歩合制となる。20代で大企業の役員クラスを稼いでいる人もいた。そこそこ仕事を取れれば、1000万円程度はいく。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    逆に仕事を取らないと収入が0になってしまう。一定期間は最低保証給もあるが、期間経過後のことを考えると転職を考えざるを得ない。古参勢が仕事を抱え込んでいるので、ワークシェアリングすることが必要だと思われる。
  • 900 万円
    東京都 24歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    外部機関を交え、堅実な評価制度を構築しています。
    他の大手事務所は浅い年時から過酷な競争を強いられていますが、TMIは一定の年次まではあまり歩合を設けておらず、個々の弁護士が成長するためにしっかりと時間を費やせるようになっています。
    年収についても、弁護士回避の負担をしてもらえることや、互角研修があることに鑑みれば、十分な額ではないでしょうか。

    【気になること・改善したほうがいい点】
    特にありません。
  • 800 万円
    東京都 25歳 男性 2014年頃
    給与は安定した支給が受けられる一方で、個人的な成果へのインセンティブについても考慮されているため、精神的に安定しながらチャレンジ精神を持って仕事に取り組める点に満足している。賞与は年2回の支給で、こちらも同様に社員の生活に配慮しつつ自社製品のヒット時等には社員に還元する配慮がなされている。人事評価については経営陣のビジョンがしっかりしている為、若手社員でもこつこつ努力できるタイプの人には居心地の良い職場である。
  • 789 万円
    東京都 35歳 男性 2014年頃
    常勤弁護士の年収については、同期の裁判官及び検察官と同等の給与が支給されることになっている。
    さらには、特別手当といって、実績に応じた特別ボーナスもある。
    動機の弁護士の待遇に比べて、中の上といったところか。
    少なくとも、給与について不満があるといった声は聞いたことがない。
    私自身も特に不満はなかった。
  • 600 万円
    東京都 23歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    メーカーであるため、法務部は非常に現場に近く、様々なことに関わりを持てるため、刺激ややりがいが非常にあります。また、福利厚生も非常にしっかりしており、社員に対しての待遇は非常によく感じました。さらに、上司との距離は私個人としては近く感じており、面倒をとてもよく見てもらっています。今のところ私の部署は快適です。
  • 600 万円
    東京都 31歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    ないです。採用してもらったことは感謝します。今は弁護士の数が増えていますので、大手の他都市展開しているところであっても採用をいただけたことはありがたく感じています。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    やっている業務に対して年収は少ないのではないかと思いました。だからこそこのように全国的に展開できているという点もありますが。ですが、よく言えば、経験を積むにはいい環境ですので、採用してもらえれば経験を積むために入ってもいいんじゃないでしょうか。
  • 500 万円
    東京都 36歳 女性 2016年頃
    【良い点】
    仕事量と給与のバランスはとれています。
    弁護士会費は事務所が負担してくれるほか、年金1回の健康診断の費用も事務所で負担してもらえます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    経営が厳しく、東日本大震災以降給与が年々カットされていきます。
    また、ボーナスはありません。
    年金や保険も国民年金、国民健康保険のため、実際の手取り額は額面よりもかなり低くなると思います。
  • 500 万円
    東京都 26歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    弁護士の仕事を裏側からフォローする仕事であり、一見地味なように思いますが、弁護士会として、社会に貢献しようという観点から仕事に取り組むことができ、やりがいを感じました。
    特に、弁護士会として、ゼロワン地域を減らそうという支援など、社会全体に関する仕事については、特にやりがいを感じ、積極的に取り組める仕事でした。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    弁護士の業務をフォローするという地味な役割であり、目標を持っていないと、やりがいを感じにくい。
  • 400 万円
    大阪府 30歳 男性 2014年頃
    月給は、30万円。1年目は、弁護士会費を事務所が負担してくれるが、2年目からは自己負担。月給は、2年目は31万円、3年目は32万円。それ以降は上がらない。ボーナスは、年2か月分。個人事件は、3割の経費負担を求められる。個人事件も頑張れば、年収600万円ぐらいになるかもしれない。ただ、事務所事件だけで十分忙しい。
  • 350 万円
    岡山県 33歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    給与は基本的には上司との面談およびMBOと呼ばれる自己申告シートをもとに昇給額および有無が決定されます。このMBOは比較的公平に評価される基準となる為、評価そのものに対する不満は少ないと思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    ただし、評価が適切でも、それが昇給額に適正に反映されるとは限らないので注意が必要です。また、所属する部署によって賞与が決まる為個人の努力ではどうにもならない部分があります。
  • 300 万円
    東京都 29歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    給与は貸与制となったが、先輩が後輩に奢るという文化が代々受け継がれているため、貸与制の中でもそれほど困らない暮らしをすることが可能である。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    貸与制から給費制に変更したほうがいいと思う。今のままでは、法曹になるのにお金がかかり過ぎており、お金に余裕がある者しか法曹になれなくなってしまっている。この点は非常に問題である。
  • 300 万円
    東京都 26歳 女性 2014年頃
    【良い点】
    1年の研修期間でした。色々な職業を見ることが出来てよかったと思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    我々の代は貸与制でいただいた金銭は返還義務を負っております。
    近年給費制が復活したようですが、やはり以前のように全額給付に戻す方が、落ち着いて修習にのぞめます。
    兼業は申請すれば可能でしたが、制限があります。修習の妨げにならない程度の兼業の範囲をより広くみとめてほしかったです。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう