1. 研究員、リサーチャー

研究員、リサーチャーの年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

研究員、リサーチャーの社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

研究員、リサーチャーの年収

全世代平均 524 万円
最高:1400万円 / 最低:150万円
※全88件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1400 万円
    東京都 28歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    この企業の良いところはとにかくお金です。

    こんなに貰えるのかと思いました。とにかくお金がもらえますので、お金が欲しい方には良いです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    お金が目的ですので、やりがいなどはほぼないです。なのでみなさんやめて生きましたね。ですが雰囲気などは最高です。またいつか何かありましたら、宜しくお願い致します。失礼しました
  • 1200 万円
    東京都 47歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    給与水準は多忙さに応じて相応。業績連動だが、そんなに大きな上下変動はない。基本的には年功序列だが、近年、みんなが一定年齢になれば昇格できるという状況ではなくなりつつある。ただし、当然ではあるが優秀な人は順調に昇格sていく。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価が受注額が中心でそれ以外の点はほぼ考慮されていないように感じられる。キャリアに関しては多様性がなく、また個人のキャリアパスについては整備されていない。
  • 1070 万円
    東京都 46歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    年初に部署の年間目標を共有し、個人の目標設定を可能な限り数字(または達成する期限)で明確にしていました。また、四半期ごとに達成状況と目標の見直しが全社ルールだったと思います。所属部署・上長にもよるかもしれませんが、目標設定と見直しはしっかりと実施され、最終的な評価に評価者の主観が入りにくい仕組みになっていました。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価者の主観が入りにくいことを「良い点」と指摘しましたが、そうでない場合もありました。最終評価時にそれまでに合意形成された目標設定の数値について、一方的に変更を促し、意図する最終評価に誘導する事例もありました。被評価者に不利な設定変更をする場合には、上司と部下以外の第三者の確認が必要ではないかと思いました。
  • 1000 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    院卒入社時点で残業代込650万円、その後毎年50万円ずつ昇給して8年目くらいで1000万円を超える。順調に行くと10年目くらいで上級職に上がるが、上級職からは売上と生産によって差がつく仕組みとなっている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    パフォーマンスの低下した上級職をどのように処遇するのか大きな問題を抱えており、それに嫌気を感じた若手が離職するといった悪循環が発生している。
  • 999 万円
    東京都 37歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    個人のやりたいことが重視される風土。
    やりたいことがある人にとっては、提言すればやらせてもらえる環境であるため、豊富に成長のチャンスがあると考えてよい。
    一方、指示待ちの人間にとっては稼働率の都合上、様々なプロジェクトへの参画が求められ、またその内容が不統一になることも多々あるため、スキルがいつまで立ってもつかないという状況に陥る可能性がある。
  • 950 万円
    東京都 43歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    退職金なし、賞与なし、その他手当や、裁量労働制のため残業代も一切ないシンプルな制度。ただし6か月定期代は支給される。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    30代で700万円台後半、40代で900万円台半ばだが、40代でも700万円台後半の人もかなりの数いる。プロパー社員の給与体系が粗いため、これ以外の年収はないと思ってもらって間違いない。
  • 900 万円
    東京都 34歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    ・20代のうちは他の日系上場企業と比べて給与水準は高め。
    ・一人一人の目標設定やフィードバックは丁寧に対応される。
    ・個人や組織の成果は給料にも反映される。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    ・30代半ばから給与は伸び悩む。
    ・成果は給料に反映されるが、傾斜が緩やかなため、頑張りすぎた分は報われない。
    ・頑張らない人が黙認される事なかれ主義な風土も一部にある。
  • 870 万円
    東京都 33歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    給与水準は比較的高い。上記の年収は、主任でかなり高い評価(トータルでS)をもらった場合の金額で、ボーナスに反映される。転職者を対象とした5年間の家賃補助が付いている。私の場合は年100万程度。主任で1000万を超えることはほぼ不可能であり、昇進して管理職(主任研究員以上)にならなければならない。大手電機メーカーの中で比較するとそれほど高くないと思われる(日立製作所とNECの間ではそこそこ差がある模様)。
  • 850 万円
    東京都 43歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    良いときは1000万を超えることもあり、インセンティブを貰えれば不満は無かった。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    業績が回復しても報酬を上げようとしない。また、従業員数が減っていて業務量は変わらず、新たな取り組みも増やしているので、一人あたりの負荷は格段に上がっている。売り上げのみならず、利益も増えているのだから、一時金だけでも社員に還元し、モチベーションを上げるべきである。
  • 800 万円
    神奈川県 48歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    自由な雰囲気のよい会社です。服装も自由です。駅からは会社のビルまで濡れずに通勤でき、周りの環境もよいです。業務は、原子力に特化した案件のみとなります。出張や会議などで外出する機会が多いです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    ワンマンの会社なので、社長の方針で業務の流れが左右されます。その点がネックです。その点を除いては、特に問題のない会社です。
  • 750 万円
    東京都 30歳 女性 2014年頃
    私は専門調査員として在外公館に派遣されていました。基本給は少ないですが、在外手当(派遣国により異なる)、住宅手当を含めると満足の給与でした。
    しかし、給与は円で定められた後、その国の通貨で受け取るため、給与が為替に大きく影響される点は大変でした。また、大幅な為替の変動があった場合は、在外手当も変動しますが、在外手当の改定までに時間がかかることが多く、その点は不満でした。
  • 710 万円
    【良い点】
    若いうちは同業他社に比べて高いと思う。具体的には、20代後半で700万円以上はもらえる。労働組合がしっかり活動しているため毎年ベースアップがある。賞与も最近は業績がいいのでしっかり出ている。労働時間、業務の難易度、プレッシャーなどと給与を比べるとかなり給与の競争力は高い
    【気になること・改善したほうがいい点】
    もっと幅広い分野への展開、海外展開など。
  • 700 万円
    東京都 29歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    住居手当や、福利厚生も充実しているため、一定水準以上の給料はもらえる。三井住友FGであることが大きい。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    コンサルティング業界の中では給与が低い。また、5年目までは年功序列で横並びに給与が上がる点も不満足。それ以降は、実力次第な点もあるが、それでも評価制度が定まっておらず、上司に気に入られているかどうかによる主観的な評価によるところが大きい。
  • 700 万円
    東京都 46歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    銀行からの紹介案件に対応するだけでも、そこそこの企業のプロジョクトに携われて、かつ予算目標も達成出来ると思います。二年以上予算達成した上でスキルを評価されれば昇進も可能。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    内容よりもプロジョクトをいかにうまくクロージング出来るかで複数案件をこなすため、クライアントファーストになっていないか、クライアントのレベルに合った成果までで終わりということも。
  • 700 万円
    京都府 26歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    さすがの大企業だけに福利厚生はとても満足のいくものです。社員の方ものんびりとしていて部署だけではなく全体をみて仕事をすすめているので先輩方に相談もしやすいです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    残業と無駄に長い会議などはもう少し控えた方がよいと思います。部署によっては残業等が多く大変そうな印象です。一時期は低迷しておりましたが最近はまた盛り返しているので社内も活気があります。
  • 700 万円
    東京都 27歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    外資や総合商社に比べると劣る面はあるものの、一般的に年収に関しては満足いく水準だと思う。転職してそれを実感した。
    評価に関しても、適正だと思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    ボーナスに関しては、自分の成績が反映されることは勿論だが、第一は自分の所属する部店が目標に達成したかどうかが重要となる。そのため、否応なくみんなで協力する、という体制となっていた。
  • 650 万円
    東京都 27歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    20代後半で600万円台(家賃補助を含む)。院卒で4年目から裁量労働制になり、基本給があがるが、残業代が付かなくなる。別途裁量労働手当が支給される。また家賃補助が6万支給される。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    同業他社(N社やM社)と比べて年収が低い。裁量労働手当はみなし時間ベースで設定されているが実態とかけ離れており、残業代が払われていないと同等。
  • 650 万円
    東京都 43歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    とてもひどいと思います。なので、年収を期待し内容がいいと思います。そのほか、福利厚生なども皆無です。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    せめて住宅手当などがあるといいのですが。
    ただし、給与以外については割かし恵まれているかと思います。
    特に女性は産休や育休が取りやすく、結婚や出産を考えている方はいいかと思います。職場復帰もスムーズに行われているかと思います。
  • 650 万円
    【良い点】
    昇格時は一律の給与になりますが、その後は毎年の評価次第で昇給幅が変わります。良い人は10数%上がりますが、逆の場合は最悪ステイ、数%ほどのアップに留まります。いずれにしてもパフォーマンスに応じて昇給幅が変わりますので、納得感はあると思います。(評価に納得できない場合は別ですが)
    【気になること・改善したほうがいい点】
    BIG4の中では高めと聞きますが、戦略ファームに比べると低いようです。より良い人材を獲得したいのであればベース給与の見直しが必要だと思います。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう