1. 社会福祉士

社会福祉士の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

社会福祉士の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

社会福祉士の年収

全世代平均 365 万円
最高:700万円 / 最低:200万円
※全42件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとに口コミと一緒に閲覧できます。

  • 700 万円
    北海道 59歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    仕事の負荷量から考えると民間よりは割合がいいと感じます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    勤務評価制度があり、直属の管理職が判断して勤勉手当の額を4段階に振り分けするというものですが、評価する管理職の独断と偏見が入る可能性があり、管理職に気に入られていない職員は評価が低く、結果、勤勉手当が低くなるといった不公平が生じる可能性も現実的にあります。
  • 600 万円
    【良い点】
    評価制度は年に1回、自己評価と上司からの評価があり、面接もおこなわれます。しかし、評価制度があるものの、それがどのように反映されているのか、不明である。上司の意見の聞き取りでひょうかされているのか?
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価が5段階評価であり、人とあまり差ができず、たいして意味のないものとなっているのが現状です。
  • 600 万円
    埼玉県 45歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    法人自体はMSWの仕事に理解がありとてもやりがいを持って仕事ができます。また事務職の方々との連携も取りやすいのでそのこと自体がストレスになることはあまりありません。のめりこもうとするといくらでものめりこめるので、ある程度調整しながら出ないと勤務時間や出勤数などオーバーワークになりかねません。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    各部署の調整が難しい。
  • 600 万円
    熊本県 35歳 男性 2014年頃
    高い水準での評価をもらえている。個人の仕事に対する姿勢や取り組みに対し、表彰制度や昇級もそれ次第でチャンスは多い。人事考課制度をとっており本人の頑張り次第で他の水準より高い昇給も可能です。医療福祉の世界ではトップクラスといえる接遇教育も実施されており専門職にありがちな個人の経験や知識にプライドを優先する人は柔軟性がないと異次元に感じるかもしれないが謙虚さをもった人であれば自然な形で前向きにかんじることができます。
  • 550 万円
    【良い点】
    大卒資格持ちならば、新卒でも年収450万円はいきます。ただし夜勤など日々の業務は大変です。
    故障で退職されかたは多いですが、給料が良いので空きはまれです。
    福利厚生もしかっりしており、24時間の託児所もあろので、家庭がある方はとても良い環境です。
    【気になること・改善した方がいい点】
  • 520 万円
    京都府 25歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    資格や子育て世帯に対しての、待遇が良く、介護業界のなかでは、給与面はいい方だと思います。
    【気になること・改善した方がいい点】
    労働組合がないため、急に給与の仕組みが変わることがあります。現在働いている人は、今までのものが引きつがれるので、大きな影響はありませんが、もう少し話し合いの中で、決めてもらいたいです。
  • 500 万円
    広島県 34歳 女性 2018年頃
    【良い点】
    実力重視の社風であり、やる気とそれに見合った能力があれば給料が上がります
    また、処遇改善なども毎月の給与にプラスされて支給される為、透明性が高い様に感じます。
    評価制度に関しては、昇給、賞与の際には必ず自己評価、上司評価があり、管理職になると社長本人からの評価があります。なかなか他の会社ではないことかなと、思います。
  • 500 万円
    東京都 31歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    福祉の割に給料が高めです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    パワーハラスメント、マタニティハラスメント、パタニティハラスメントがあり、改善された方が良いと思われます。また、経営陣の交代によって業績が悪化しており、五年未満のボーナスがカットされており、今後、給料もその対象になりうるとの事。採用に関しても、きちんと人を見ずに誰でも入れてしまう傾向にあるため、教育するにもできず、慢性的な人員不足のため、有給休暇はいっさい認められなくなりました。子供の病気などでも休みにくく、子育てはし難いと思うので、なんとかしないと後が続かないと思います。
  • 420 万円
    神奈川県 33歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    給与は同業種の中では良い方である。最も福祉業界で良いとこなんてないので、一般的に見れば低水準であるのは致し方ない。大きい法人で職員数も多いだけあって、福利厚生や給与水準はしっかりしていると思う。人事考課制度に関しては一度は自然消滅となったが、新たな考課制度を新年度中には導入するという話であった。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    やはりグループホームの方が諸手当があり、給与は良いと思う。但し、ホームによって仕事の大変さ、業務量、やり易さはだいぶ違うと感じる。
  • 400 万円
    東京都 34歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    全てが区に準じているので、高給とはいかないが安定している。そのため地域手当も20パーセントでるため、他事業団等と比べても優遇されていると思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    給与をはじめ、福利厚生面では優遇されているが、昨今の全国的な流れからどこまでその体制が続くのか非常に疑問。渋谷区は都内屈指の財政力だが、いつまでもおんぶに抱っこが続くのでしょうか?
  • 400 万円
    大阪府 24歳 女性 2017年頃
    【良い点】
    公務員の職場ですので最低限は保障されているように感じます。超過勤務も自己申告で後から後からどんどん書いてもほとんど何も言われません。残業代で6万円ほど稼いだ月もあります。残業代は2万円後半から6万円程度と言ったところでしょうか。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    人事評価制度が常勤職員には適用されています。
    ただし、自己評価が低くなると「ボーナスが下がる可能性」しかない制度です。
  • 400 万円
    愛知県 29歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    福祉職としては良い年収。よほどの欠勤や就業規則に抵触する行為を行わない限り、毎年の昇給は確実にある。年収400万のラインは数年働けばすぐに越える。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    給与形態について等級のシステムがあり、昇給の上がり幅を上げるためには自身の等級を上げなければいけないが、そのための評価基準が曖昧で分かりにくい項目が多い。障害者支援施設から児童、保育園など多岐に渡り事業展開をしているにも関わらず、評価の基準となる項目はほぼ一緒である。結局は上司のさじ加減なのではと勘繰ってしまう。
  • 400 万円
    神奈川県 28歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    やりがいあり。研修が多く、個々のスキルアップするために法人内だけでなく、外部研修なども積極的に参加することができる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    勤務時間内に仕事が終わらないことが多い。かといって残業代はなかなかでず、上司、法人からの圧力で時間外申請が出しにくく、規定の職員会議など全体の会議のみ残業代が保証されている。
    法人の経営状況も悪く、前年度から賞与が減っている。今後もさらに減らされる可能性もあり、不安である。
  • 390 万円
    東京都 28歳 女性 2018年頃
    【良い点】
    福祉系のなかでは良い方だと思う。
    毎年少しずつ給料は上がる。
    資格取得にも力を入れており、合格すれば受験料を負担してくれる。最近では資格手当も導入され、僅かながら手当がつく。
    夜勤・宿直手当も年々上がってきている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    残業については、会議や研修等、正当な理由がないと申請が出来ない。
    自分の仕事が溜まっているという理由では不可。サービス残業をしている人が多数いる。
  • 380 万円
    愛知県 30歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    業界の中では、トータルでしっかりしている方。幹部の社員に対する思いやりや考え方もまとも。施設職員として働くならおすすめ。
    【気になること・改善した方がいい点】
    介護報酬改定による不安、業界全体の話なのでいたしかたない。老人福祉業界は働き手にとっても、利用者にとっても不安が大きいのが否めないところ。人手不足、低賃金、etc
  • 350 万円
    東京都 45歳 女性 2016年頃
    【良い点】
    年収350万円 → 毎月の手取り約18.7万円 賞与36万前後
     内訳:基本給20万 副主任手当て1万 社会福祉手当3万
     賞与:2回(基本給×4.0)→ 評価によって前後有
     昇進:年1回 一般職1,000円~1,500円程度 
     退職金:約10年勤務 約85万円 

     勤務年数/約10年 役職/副主任 職種/デイケア支援相談員

     
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価制度はあるものの上司との関係性で評価が大きく変わります。同じ仕事を同じようにしていても、上司次第で評価がよかったり、
    わるかったりします。評価=上司との相性です。

    異動(産後育休明けの異動も含む)で降格になるため、キャリアパスが難しくキャリアビジョンを描けないです。



  • 350 万円
    東京都 31歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    年収に関しては介護福祉士の業界では悪くないように思える。
    退職金制度はしっかりしており、勤務歴が短い社員や非常勤職員にも適用されり。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    人事考課制度という制度があることはあるが、ほとんど機能していない。
    年に一回の面談も無ければ、書類による自己振り返りの機会もない。やる気がある社員にとっては不満が残るかもしれない。
  • 350 万円
    東京都 26歳 女性 2014年頃
    【良い点】
    年収は他に比べて高く、昇給も少しあった。退職金が2種類あり、多く支払われた印象があった。年度末にきちんと面談があり、そういう機会は作ってもらえる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上司の個人的な評価が左右されやすい部署もあるため、そうならないように工夫する必要があると思う。面談はあるが、かたちだけで何か具体的な話などをするのは難しい。
  • 【良い点】
    若いかたでも、やる気と能力があれば、認められ管理業務につくことができると思います。私も実際に、新卒二年で事業所管理者になり、大変有意義な経験を積みました。同期も多く、お互い励ましあいながら、非常に良い雰囲気で仕事ができました。同期の存在は大きかったです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    本社では定期的にフォローアップの研修がありましたが、もう少し決め細やかにフォローして欲しかったです。上司の質に左右されることが多く、もどかしい思いをしました。上層部と話す機会が欲しかったです。
  • 350 万円
    京都府 30歳 女性 2014年頃
    福祉業界の中ではもらえるほう。
    準公務員の給与体系だったが、正社員については、昨年度から人事考課制度が導入され、独自の給与体系になった。しかしまだまだ上部も制度を持て余しており、今のところ大きな影響はない。
    賞与は正社員で夏冬約2ヶ月分ずつ。
    嘱託職員A(5年契約)は約1ヶ月分、嘱託職員B(1年契約)は約半月分。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう