1. 生産管理・品質管理(医薬)

生産管理・品質管理(医薬)の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

生産管理・品質管理(医薬)の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

生産管理・品質管理(医薬)の年収

全世代平均 448 万円
最高:1000万円 / 最低:180万円
※全147件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとに口コミと一緒に閲覧できます。

  • 1000 万円
    兵庫県 41歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    比較的高めな給与。同業他社と比較しても良い給与だと思う。中小の企業から比べるとかなり高め。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上がる時は上がりやすい。過去に会社業績から、会社全体として数年昇給無しもあったが、今は無い。一方で給与額は完全に上司の一存で決まり、明確な基準が無いため、上司に好かれてる、好かれてないで大きく変わってしまう。
  • 1000 万円
    東京都 50歳 男性 2014年頃
    給与は年俸制です。55歳で役職定年を迎え、給与は25%ダウンします。60歳からは再雇用扱いとなり、給与がグッとダウンすると聞いています。ただし法律違反はしない真面目に本業に取り組む製造業の会社です。また昇格は、上司の推薦を受け、論文と面接で行われます。推薦には毎年の業績評価で一定の水準を3年ほど上回る必要があります。通例、春に目標を設定し、年度末の到達度でSABCDランクに分類され、上位と下位では賞与にも差が付きモチベーションンに繋げようとしています。
  • 1000 万円
    大阪府 40歳 男性 2014年頃
    評価制度はコンプレクスではありますが、それほど厳しくない。社員の間は競争的な雰囲気はありますが、それほどやりにくい状況ではない。国際化が進んでいて上層部に外人も入っているが、その下のレーヤに特に影響はない。然し、近々外国語(英語)使えるかどうかは問われる時代になると思います。入社は難しいとおもいますが。
  • 950 万円
    大阪府 52歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    やる気のある人は評価され、昇級できる。若くして管理職になる人も多い。
    年収も優秀であれば結構もらえるので、やる気があれば昇進できて給料もいい。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    個人の目標、チームの目標、部の目標、本部の目標が会社の方針からうまくブレークダウンできていないので、経営者の方針が十分伝わっていない。個人の業務が会社の方針に必ずしもあっていないことがある。
  • 900 万円
    熊本県 38歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    残業代は申請した分は支払いされる。入社10年までの評価において会社のためになっていなかった昇格試験がようやく廃止された。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    労働基準法を違反しても実効的な改善策はとられない。評定システムはしっかりしたものがあるが、評価を抑えるためには利用されているように思える。年功制が根本にあり、他者との比較において納得できない評価となっているところも大きい。
  • 860 万円
    東京都 34歳 女性 2016年頃
    【良い点】
    年齢に関係なく、ポジションで給料が決定するので、同世代に比べて給料水準は高い方かと思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    同じポジションにいると、昇給はあまり見込めない。ポジションが上がらなければ、額のジャンプアップはない。評価制度があるが、本当にどのような評価がなされているのかは、見えにくいところがある。もっと、透明性のある制度と方法にすべきかと思う。
  • 800 万円
    東京都 38歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    評価制度、処遇等、年々親会社に合わせてきており親会社の成長と共に向上していることは非常に良い点かと思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    発足から10年以上経ちますが、依然として管理職は親会社の出向者のウェイトが多くを占めており、ミッションであり、親会社と明確に違う「人と技術を育む」部分についてはそれに基づく評価体制になっていない(つまり親会社と同じで華やかな仕事が評価されやすく、大事だけど地味な仕事はあまり評価されない)ので、マネジメントは中外製薬工業のミッションに基づいて正しく評価されると良いと思います。
  • 800 万円
    大阪府 51歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    個人の能力主義を徹底しているが、その評価方法についてはあり公平とは言えない。評価は上司の主観に大きく左右され、数値で客観的に評価するとはしているが、うまく機能していない。また、個人の能力向上を最優先にしているため、部署異動が頻繁に行われ、チーム全体の能力向上にはあまり関心がない。よって、チームが弱体化していく部署が多い。
  • 750 万円
    佐賀県 47歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    能力や成果に応じて給与や賞与が決定される
    【気になること・改善したほうがいい点】
    オーナー企業なので、オーナーの承認を得るための社内稟議手続きが大変。説明資料の作成にかなり時間を要している。
    オーナーが利益追求に強い関心があるため、売るために必要な広告宣伝には費用をかけるものの、生産性向上、製品品質向上への設備投資には慎重。
    どこの会社も同じだろうが、原価低減についてかなり厳しい要求がある。
  • 750 万円
    東京都 32歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    基本給はそれほど高くないが、福利厚生は割としっかりしていた。
    年収(30台半ば):750万
    基本給:32万、住宅手当:7万、残業手当:4万、賞与:5~6か月
    【気になること・改善したほうがいい点】
    数値目標を設定し、達成すれば評価はされていたように感じる。
    ただ、無駄な会議や仕事が多く、効率的に業務はできていない印象。会社として残業を減らそうとしているが、マネージャークラスには昭和的な人も多く、部署によっては結果よりも上司との関係のほうが重要になることもある。
  • 750 万円
    大阪府 38歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    年収は大手製薬メーカと同じ水準と、役員などから言われる。確かに、少ないと思ったことはないが、特別な福利厚生があるわけでもなく、給与がたかいだけである。また、売上の半分が単一品であり、いつまでこの水準が保てるかは、不明確である。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    給与形態が部長などのクラスのもオープンにされており、良くとれば、励みになるが、悪くとれば、仕事のできない役職上の人物にたいして、なぜこの人がこんなにもらっているのか考え、モチベーションダウンになる。
  • 750 万円
    熊本県 35歳 女性 2018年頃
    【良い点】
    総合職に限って言えば、年収はかなり良いです。同じ業界の給与水準からすると、ちょうど真ん中くらいだと思います。部署によっては残業が多いですが、残業代は分単位で支給されます。
    評価制度は、自己評価を基に上司が2段階で評価しています。他の方の具体的な評価は知り得ませんが、昇進する方々を見る限り、変な人が昇進するわけでもなく、真っ当な評価をしていると感じます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    技能職の給与は安いです。
    地元の平均から考えても安いと思いますし、その割に仕事量、要求される質が高い場合もあり、仕事の質について、きり分け、人事配置がうまくいっていないと思われます。
  • 740 万円
    東京都 33歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年収は決して低くはないので、それなりには満足だが、統合以降の制度では昇級がかなり改悪されたので、世代間のギャップが大きい
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価の結果は所属する部署の構成によってかなりばらつきがあるため、実力と結果のギャップがあることが多い
    公平な評価には限界があるので、もっと階級を細かく刻んだ方が不公平感が和らぐと思う
  • 730 万円
    兵庫県 30歳 男性 2014年頃
    ・基本給が高く、また残業や休日出勤の手当てが正当に支給される。
    ・好業績時は、期末ボーナスが支給され、従業員の給与・賞与面でサポートしようと考えてくれる姿勢が良い。
    ・昇給は年1回あり、昇給額にも満足しているが、昇進に関しては業績評価よりも印象評価がメインとなるため、上司の質により評価がことなり、昇進に影響する。
  • 720 万円
    東京都 45歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    キャリアパス制度が確立されており、評価は上司(課長)が行うが概ね妥当性があった。会社的に中途採用者は少なく、その評価については知識を持っていないのでコメントできない。賞与については、勤続年数が5年以上になれば、半期で3桁の金額になる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    中途採用の割合はかなり低い。有ったとしてもかなりの専門的知識を必要とされる。基本的には社内教育が充実しているので、中途採用を行う必要性が低い。
  • 700 万円
    【良い点】
    私の場合は前職給与が低かったこともあり、現時点では仕事の内容、待遇含めて満足している。賞与もそれなりに出るうえ、昇給もなされ、よくある残業制限もないため大きな不満はない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    トータルの年収で考えると大きな不満はないが、多種多様な手当があればより一層の満足を得られると感じている。今後の検討に期待していきたい。
  • 700 万円
    東京都 38歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    給与ベースは高い、評価制度は明確で頑張れば頑張った分だけ評価される。業務は多いと思うので気付けば1日、1年終わってる感じです。残業代もきちんと支払われる
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上司次第なとこは否めない。上司によってきちんと評価されたりされなかったりするため所属部門によりきりかと思う。福利厚生は給与に込みとなっているため見えない部分は否めない。
  • 700 万円
    東京都 38歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    ライン長等現場の管理職が正当な評価をしたとしても、上層部が正当な評価ができない。年収は中々上がらないが、残業が割とある為、その分収入は上がる。生産が安定して残業が無くなれば、収入は一気に下がる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上層部は何を評価しているのか分からない。フィードバックはあるのだが、ライン長からのフィードバックであり、ライン長も上層部からは何も聞いていない為、フィードバックでも何でもない。
  • 700 万円
    東京都 35歳 女性 2014年頃
    給与・賞与体系がコロコロ変わるため(組合と会社が手を組んでるのではないかと思うほどである)、昇級試験を受けて受かってもその後に給与体系が変わったりして、責任だけが重くなっているような釈然としない思いをすることがある。
    評価制度はテストと面接(プレゼン)あるいは論文。仕事の内容やそこでの評価は試験そのものには一切関係がない(試験を受けるための条件でしかない。しかし上司の評価により試験を受けられるか決まるため、上司と合わない場合はいつまでたっても評価を得られず試験が受けられないこともあると思う)。テストが得意か、プレゼンあるいは論文が得意かにより大きく左右される。
  • 660 万円
    東京都 34歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    年功序列で、ある程度仕事をやっていればそれなりにもらえる。給料自体は平均よりは多めにもらえる。最近は毎年ベースアップが行われており、少しではあるが基本給は上がっている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    年功序列であり、モチベーションはあまり上がらない。下っ端のモチベーションは低く、予算必達ということで無理なことをさせられるものの、それに見合った見返りは特にない。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう