1. 研究・開発(半導体)

研究・開発(半導体)の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

研究・開発(半導体)の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

研究・開発(半導体)の年収

全世代平均 573 万円
最高:1300万円 / 最低:200万円
※全76件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1300 万円
    東京都 49歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    労働組合がない。そのため会社全体が本当に社員のことを考えて、人事を行なっている。不当な残業がなきように徹底されている。

    【気になること・改善したほうがいい点】
    組織構造が技術と営業のマトリックス構造となっている。そのために最終決定権が誰にあるのか明確ではなく、決定、判断が遅れる事があり、新製品開発、市場投入が遅れ、他者の後塵を拝することが見受けられる。
  • 1250 万円
    東京都 43歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    僕は韓国採用だったので、
    子供のインターナショナルスクールの費用を会社が半額ちょっと負担してくれました。
    但し、幼稚園は入社前に交渉しておかないと出してもらえないことがあるので注意が必要です。
    また、アパートも準備しててくれますが、会社の近くではなく、ソウルと会社の中間付近の希望を出したほうがいいです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    とにかく契約前に気になることは確認し、必要なことは契約者に記載してもらうこと!
  • 1000 万円
    東京都 47歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    意識が高い人にはいろいろなチャンスがあります。希望すれば、部署や勤務地を含めいろんな経験ができると思います。給料は低くはないと思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上司に気に入られるかどうかでやりやすさや昇進が決まる。方針決定や変更がトップダウン。声の大きい人が昇進する。人の入れ替わりも少なくない。閉鎖的な部門が少なくない。
  • 1000 万円
    東京都 38歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    職場により裁量労働の場合もあるが、係長級の場合はフレックス制が採用されている職場ならば、残業代はしっかり支給される。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価が上司の主観になっている印象。目標管理などはあるが、実効的に機能しているとはいいがたい。忙しい職場の場合は、面談もかなり短くキャリア形成の相談ができるかどうかは、上司に依存する。
  • 1000 万円
    【良い点】
    入社すると主事になり、その後、主務、副参事、参事と階級が上がっていきます。優秀な人で10年で主務に、更に10年で副参事に昇格する感じです。それに合わせて収入も増えていきます。主務までは残業代が全て払われますが、副参事からは残業第は支払われません。副参事の年収は1000万円前後位(ボーナス年5ヶ月(2.5+2.5)と仮定して)です。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    現在は、構造改革の真っ最中で、残業は厳しく規制されています。残業代で収入を増やす事は難しいと思います。
  • 950 万円
    東京都 40歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    残業した分だけ残業代が出る。当たり前だが良いことだと思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    nand一本足打法になるので東芝メモリの将来が不安。あと食堂の食事は添加物まみれ。ビルもそれほど新しくない。住宅補助をもっと出していただきたい。大きな会社なので業務が細分化されるのは仕方がないが、なんとかならいものかといつも思う。東芝に限らず永遠の課題
  • 950 万円
    東京都 35歳 男性 2014年頃
    業界平均より給与が高いが2015年以降、人事制度の変更により減少する予定。評価は比較的公正になされているが上司との関係が効いてくる。昇進はエンジニアの能力ではなく上司に気に入られるかが重要。上司に嫌気がさして辞めていく有能なエンジニア多数。また人を教育する仕組みがなく、長く在籍するとつぶしの効かないエンジニアになってしまう可能性が大きい。
  • 930 万円
    東京都 49歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    アットホームな雰囲気でやり甲斐のある仕事ができます。社員数は100人程度と小規模のため1人の社員の守備範囲が広く、幅広い経験ができます。休暇も取りやすく、ストレスの少ない環境です。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    社員教育、キャリア教育については、あまりやられていません。年配者が上位の職位に居座り、昇進が遅いため、優秀な人が辞めていく傾向があります。
  • 900 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    14年6月の賞与から、個人評価(0~10の11段階)によって、4倍近くの金額差があります。14年12月の賞与では、その差がさらに広がっています。主任・技師くらすで評価高200万~低20万ちかくの差があります。個人評価は、割合が決まっていて、一定割合で0~10の評価の人が必ずいます。リストラで使えない人を退職させているなか、個人の成果は金額までの差はありません。評価は低い人のモチベーションが下がることは当たり前ですが、それなりの評価をもらっていても、低い人の話を聞くと、素直に喜べません。
  • 850 万円
    東京都 36歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    基本給は年齢と同じくらいあります。
    家賃手当が独身1.7万、家族持ち2.7万あります。
    就業時間はパソコンで管理されており、残業代はすべて支払われます。
    賞与、給与の査定は面談をもとに行われますが、何をもって判断して決定しているかは不明です。日頃からアピールすることも重要です。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    賞与、残業代割り増しのカットがありました。
  • 850 万円
    東京都 30歳 男性 2015年頃
    勤務時間に関係ない一律の支払いで年齢の割りには満足している。
    評価方法はほとんどが上司からの印象と思われる。
    上司と定期的に面談あるが普段から仕事で結果を出しているかが大事である。
    評価方法が適切かどうかの匿名のアンケートが行われているのでそういう意味では多数の意見で公平な評価方法によるようなシステムになっている
  • 800 万円
    東京都 40歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    莫大な赤字決算でも賞与が出る事は、中小企業ではあり得ない事で、相当な浪費癖でもない限り、住宅ローンの支払い等に窮する事は無い。給与も緊急施策としてカットされているが、5パーセント程度であり、我慢の出来るレベルと言える。今年度に黒字化を達成して、来年度に給与体系が戻れば、会社の成長性には不安が残るものの、満足のいく処遇であると言える。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    どの会社にも言える事かもしれないが、高齢化が進み、かつ就職氷河期の影響で働き盛りの中堅が少ない。結果として若手への負担が増しており、先般の不適切会計の影響もあいまって、退職していく若手が増えている。降格や特進など、これまでの年功序列的な処遇制度を変えて、働きに見合う報酬や地位を与えることが会社の永続的な発展に欠かせない。
  • 800 万円
    東京都 35歳 女性 2015年頃
    【良い点】
    特に目立った成果が無くとも高水準のお給料が年功により保証されます。また福利厚生が整っていますので休職や育休も取得できます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    部署により業務範囲や責任に大きな偏りがありますが、責任と権限が比例していないように感じます。製作所にもよると思いますが、純粋に新しい製品を作りたい、お客様に喜んでほしいなどの熱意がある方は、ストレスを感じるかもしれません。
  • 800 万円
    大阪府 41歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    開発のやり方を一から教えていただきました。非常に厳しい部門長でしたが、色々と物事の取捨選択の仕方や、周りの部門とのすりあわせなど、教育していただきました。やはり、ものづくりは抜けのないように進めるのが大事ですが、それをどう実践するかが大切。それからどう上司に報告していくか。それを教えてくれた会社でした。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    管理職になるといいよと言われて、なりましたが、業績不振もあり年収は右肩下がりで残業増大。ただ自分の経験として色々と視野を広く仕事ができたことは大きな財産です。
  • 750 万円
    京都府 39歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年功序列な所があり、仕事の良し悪しに関わらず、
    年齢を重ねると一定の安定した収入はあり安定している。また家族・子供手当などがプラスされるため助かる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    グローバル社員、エリア社員もいうくくりがあり、エリア社員の方が給料が低い。グローバル社員は給料が一定あるが、給料は定額なため残業を沢山してもかわらない点?
  • 750 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    年に2回ボーナス面談があります。部課の成果のほか、目標管理の成績を下に、上長の判断により、個人の成果が決められます。成果によって、いくらの額になるかは、組合からのチラシに記載がされています。入社数年間は部課の成果額のほうが影響が大きいです。売り上げの大きい部署に配属するか、売り上げの小さい部署に配属するかで、ボーナス額が変わってきます。
  • 730 万円
    東京都 35歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    年収は年功序列挙がっていきます。主務昇格で1割くらいアップしました。早い段階で昇格したほが有利ですが、所属部署の状況により左右されるためかなり運によります。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    出来る人、できない人でどこに配置するか差が出てくる。閑職と思われるチームには問題を起こすような従業員しかいない。どこに配属になるかで年収や出世に影響が出ます。
  • 700 万円
    【良い点】
    厚生年金、健康保険、退職金、交通費支給、出張手当あり、出張あり、残業手当あり。残業手当はは決まった時間以上働いても出ないが出るには出る。仕事が多い。上司の弁理士に質問がしやすい。電気とインターネット関係の仕事が多い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    売り上げが出ないとやめるしかない。会社内の座席が落ち着かない。事務所のルールがよくわからない。
  • 700 万円
    大阪府 34歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    5~10年前に入社した人は、好景気の関係で給料が大きく増えた時期があり、平均に比べて高い給料を得ている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    年功序列の撤廃、等級毎の給与の平滑化、役職給の追加が必須。

    年功序列で給料が決まっており、大きく給料が増えることはなく、能力に依存して給料が大きく増えることはない。

    等級制度をとっているが、最低給がなくなったため、同じ等級でも給料に大きな落差がある。

    また、役職給がないため、役職を得ることで仕事が増えることに対するモチベーションの維持が難しい。
  • 700 万円
    大阪府 45歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    有休が取りやすい。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    チャレンジコースと言う名の人事制度が導入されてから、明らかに社内の雰囲気はおかしくなった。仕事なんて一人では出来ないはずなのに、部門全体で成果が出ても、査定は係長に総取りされ、何年も昇給しないものが続出。上に気に入られさえすれば、高卒でもバンバン出世できる。院卒が普通の高卒に負ける例が続出。逆の言い方すれば、高卒には有難い会社かもしれません。
    この不公平な人事制度を何とか改善して欲しい。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう