1. 制御設計(電気・電子)

制御設計(電気・電子)の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

制御設計(電気・電子)の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

制御設計(電気・電子)の年収

全世代平均 515 万円
最高:1000万円 / 最低:220万円
※全126件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1000 万円
    京都府 44歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    基本給は職階で決まるが、ほとんどの人は副参事以上には昇級しない。基本給に休日手当と住居手当が付く。
    年功序列の風土はなく、能力のない中高年は製造やサービスに回される傾向が強い。
    私の場合、開発職の主事で月2回程度の休日出勤があり、年収は1000万くらい。

    【気になること・改善したほうがいい点】
    プロパーが優遇され、中途採用の場合だと昇進が不利になる傾向が強いため、改善が必要。
  • 950 万円
    東京都 40歳 男性 2014年頃
    近年は業績は今ひとつですが、業界他社と比べると、給与は良いレベルだと思います。年に2回、評価の機会があり評価されれば、ちゃんと昇給もあり満足しています。TOEICのスコアが昇格にもとめられます。ただ、人員の減少、開発期間の短縮などで、エンジニアへの負担はかなり増えています。年々、早期にリタイアされる人が増えており、定年まで勤め上げる比率は他社より少ないように感じます。
  • 900 万円
    神奈川県 40歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    価値のある仕事をしている気がしないが、比較的に給与水準は高いと思う。
    転職する際、同等の給与を払ってくれる会社は少ないと感じる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    コミット&ターゲットなど成果主義と言っているが、実際の所は割り当てられたバジェットの中で配分されているようで、あまり意味が無いと感じる。もはや年功序列の方が不満がなく良いのでは無いかと思う。
  • 900 万円
    東京都 41歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    休みを自由のとれるところ。いい意味で古き良き体質がある。自由な風土があること。給料は多い方だと思う。しかしながら、最近はいろいろと報道されているとおり、社内はかなり殺伐としている。ボーナスについてはほぼ半分である。そのためローン制度が追加された。またTeaTimeポイント制度もなくなりそう。いろいろと削減されている。
  • 850 万円
    東京都 35歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年収は他メーカーと比べ悪くない。経営は堅実な感じ。そのため友人からは多少うらやましがられる。自主性を重んじるため、やりたいことはやれる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    福利厚生はほぼなし(家族手当、住宅手当などなし)。尖った製品はない。保守的でよくある大企業と同じと思われる。多くの人を調整するのに時間がかかる。管理職になると年収が下がる。
  • 850 万円
    東京都 45歳 男性 2015年頃
    この春から新しい人事制度が採用され、年功序列は完全に崩壊した。従来は、職位(グレード)が役割を決める制度であったが、今後は役割がグレードを決める制度となり、若手でも上位のグレードを獲得して年長者よりも多くの給料をもらうことももはや当たり前となった。が、一部で以前従来の評価方法から脱却できない上司により、グレードの高い者をそのまま高い役割にアサインする例もまだ散見される。
  • 810 万円
    東京都 35歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    成果主義を導入しているが、良くも悪くも年功序列。みなし残業制への移行は事実上強制されているようなもの。入社5年程度まではどんなに成果を出しても評価されない。残業は部署により月80時間は行っている。最近では週2日定時退社日が設けられているが、別の日に残業が増えるという弊害もある。業績の悪い事業所はリストラが頻繁に行われる
    【気になること・改善したほうがいい点】
    30歳を過ぎると、早期退職者の候補となる。会社に残るためには成果を出し続けなければいけない
  • 800 万円
    神奈川県 37歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    残業は月に20〜30時間程度で780万程度です。それ以上を望むのであれば課長補佐もしくは管理職になると思います。ただしプレッシャーなどはそれ相応で大変かと思います。
    リーマンショック級のクライシスが起きない限り、給与に関しては安泰かと思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    残業代を稼ぎたいがために遅くまで残る人も多い。
    周囲を気にせず早く帰る人もいるにはいるが、余裕があると思われて仕事を振られる。
  • 800 万円
    東京都 35歳 男性 2014年頃
    残業代が必ず支給される。役職者になった時点で みなし残業制度となり 残業代は支給されない年俸制となる。 そのため 役職者になった年度から年収は下がるその後課長職を経験しなければ さらなるステップアップができない 課長を3年勤めた後は 役職が1段階上がる 成果が出ない限り年俸アップと更なるキャリアアップは 期待できない
  • 700 万円
    滋賀県 36歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    基本給は一般平均より少し良いと思います。
    ただ、組合費なども高いし残業時間もサービス残業は無いが最大時間が規制される。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    昇給や、昇進は上司の当たり外れや入れられるチームによってかなり変わる。
    つまり、運が良ければ仕事出来なくても給料は上がるし、運が悪ければ仕事が出来ても仲間に褒められるだけで終わり。
    年功序列時代の人間が下のものを評価するので、まだしばらくは直らないと思います。
  • 700 万円
    東京都 31歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    勤続年数を重ねるごとに確実に年収があがって行きます。良くも悪くも年功序列の文化が残っており、安定しています。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    強いて上げれば、業績評価が給与に反映されにくいことです。平社員の時は良い評価をもらった時も悪い評価をもらった時も賞与額に大きな差がなく、それよりは残業時間の量で大きく年収か変動します。そのため、いい評価をもらうためのモチベーションがなかなか持てません
  • 700 万円
    大阪府 39歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    半年に一度、評価に関して上長と個別に話をすることができる。評価に関しては成果主義ステージに行くと、個人の頑張りはあまり関係なくなり、プロジェクトの成果で評価が決まる面がある。5段階評価だが、一説にはその上の評価もある(直属の上司だけでなく、部門長クラスの評価がないと採点されないらしい)
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上司と話す機会はあるが、結局のところどのような過程で最終評価になったのかはよくわからないことが多い。
  • 700 万円
    東京都 37歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    給料自体は特別良いわけではないが、それなりにはもらえるので悪くは決してないと思う。
    業界平均はもらえると思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    景気が悪くなって賞与が減らない限りはそれなりの額がもらえるが、過去何度も窮地に陥っており、そのときのボーナス額ひどかった。
    なお、退職金に関してはそれなりにもらえるが、自己都合の場合、他社と比較しても
    驚くぐらい支給額を減らされるので、退職金目当てにしているのであれば一度入社したら定年までいるつもりでいないと厳しい。
  • 700 万円
    東京都 31歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    やりようによっては自分のやりたいようにできる。出張好きにはいいかも。人事ローテーションが3、4年単位であり、働く雰囲気を色々変えたい人には向いてる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    部署によって忙しさはまちまち。東京技術センター所属でも国内外の出張が多く、1年以上行ったり来たりする場合もある。
    設計は基本やらなく、派遣もしくは下請に丸投げ。
  • 700 万円
    東京都 57歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年収に関しては勤続年数が長くなれば各種手当もあり充実してきた。現在はそれほどではないが忙しい時は残業時間が多くなり収入もその分増えますので、世間一般の企業と遜色は無いが残業が全くなくなれば年収面で厳しいところがありました。評価制度も結局は上司の評価になるので仕事上で馬が合わなければ評価してくれない場合もあると思います。仕事ができるだけでは評価されない面もあり。試験制度の評価でないので不公平感はあったと思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    業績が伸び悩んでいる面がありました。今般はどのような企業も厳しいので一概には言えない面もありますが、安定企業には間違いないと思います。
  • 700 万円
    東京都 33歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    基本的には年功序列の傾向が強いので枠が空けば30代前半で管理職となります。
    高卒、高専卒でも総合職への転換試験がありますので一定の条件を満たし試験に合格すれば大卒クラスになることは可能ですが自由応募での合格率は低いように思われます。上司からの斡旋がある程度は必要?
    基幹職(高卒、高専卒、一部の大卒)と総合職の待遇がはっきりと違いますので逆に僻まれる事はあまり無いと思います。
  • 700 万円
    神奈川県 45歳 男性 2014年頃
    幹部職について、下級といわれる部類では、
    一般職で残業を数十時間やってる方が年収が高いです。
    賞与の大幅カットが痛かったです。半年分のボーナスが月給の半分だなんて信じられませんね。
    とはいえ一般職も仕事は減らないのに、残業削減でしたので、日々はつらいと思います。
    ボーナスで補填してるということですね。
  • 685 万円
    東京都 25歳 男性 2014年頃
    年収は同年代の中ではもらっている方だと思います。また、何より安定している事が最大の魅力だと思います。賞与は正直少なく、業績連動という名の下に、上層部が根こそぎ持っていっている構図だと思います。平〜主任級は、1.5ヶ月分くらいしかもらえません。同業他社の中では恐らく半分程度なのではないでしょうか。大企業として残念です。
  • 670 万円
    大阪府 40歳 男性 2014年頃
    給与賞与は、会社規模などから見たら妥当性があるが、評価に関しては上司によってはまちまちな判断基準という印象。
    昇格昇進は、所属部署によってかなり差があり、同じ技術職でも開発は役職につきやすいが、目だった動きをしても直接の上司自体の勢いの有るか無いかに左右される。つまり、注目されている人物の下で目立った成果を上げる事が一番の早道。
    雑用ばかりして、10年以上経つ社員もいれば、1年でも重要な仕事を任されるという印象。
  • 660 万円
    【良い点】
    仕事を自分でコントロール出来れば有給や、残業の程度を調整できます。


    【気になること・改善したほうがいい点】
    そのときの仕事によって残業時間が激変し、プライベート重視の人には不向きかも。
    また、子会社上がりだと給与が上がらない点もマイナスとおもいます。
    一部に人格否定するような、おかしな人もいて、部署によっては病気になるひともいました。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう