1. 電子部品設計

電子部品設計の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

電子部品設計の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

電子部品設計の年収

全世代平均 484 万円
最高:1000万円 / 最低:200万円
※全49件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとに口コミと一緒に閲覧できます。

  • 1000 万円
    東京都 41歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    新人事制度が導入され、様子見の段階。
    賞与や昇格は、優秀な人材が、比較的正当に評価されていると感じる。
    組織的な動きで仕事が進む訳ではなく、個人の能力やモチベーションで結果は左右される。
    プロアクティブでないと、つらい面がある。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    長期的な成長ビジョンが見えない。
    かつての革新企業のイメージはなく、普通の会社。
    高齢化が進行して、若手の活力を充分いかせていないが、中には優秀な人材がおり、会社を支えている。
  • 885 万円
    給与は高い方だと思います。ただ、最近は残業が全社的に減ってきたため、残業代で
    かせぐのは難しくなってきています。
    グローバル企業のため、語学力も評価の対象になります。開発であれば600点以上ないと昇進できません。営業であれば、800点以上は必要です。
    ある程度昇進できれば、残業代がつかない代わりに基本給与が大幅に上がります。
  • 800 万円
    長野県 42歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    労働時間はM-TIMEと言う打刻システムで管理され(只の電子タイムカード)、やった分は残業代貰えます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    帰宅したふりしてそのまま業務を続ける「自主」サービス残業が横行してる部門もあり、制度崩壊を自ら招く者がいる。上長からの圧力、歪んだ認識(頑張ってるアピール?原価圧縮効果?)と、本当に業務の時間が足りない(タスク多過ぎ、仕事の効率が悪いの両方)などが要因だが、それを会社側(特に人事)は是正する気は毛頭無い。
  • 800 万円
    【良い点】
    残業が多いため年収は高い。住宅手当てや家族手当ては充実している。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    一人一人の仕事の不可が多いため、協力して仕事を進める環境はまったくない。必然的に自宅での仕事を強いられる。規模以上、実力以上の商品を開発しているので定常的に不良が発生しているが、人員不足で対策検討も不充分、何度も同じような不良を再発させている。この状況は当分は続くと思われ、事業を左右する事態になる可能性がある。
  • 800 万円
    大阪府 51歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    基本的に大手なので、初任給などは普通。入社してしばらくは定期昇給はある。主事制度があって、将来管理職を目指すのであればこれに応募する必要があるが、一応人事による選抜がある。普通の人材であれば主事にはなれるが、一定期間内に「会社会計」や「マネージメント」などの社内講座に合格する必要があり、これに合格しないとコースから外れてしまう可能性がある。講座は結構難しくまじめに勉強することが必要。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価制度はあるが結構いい加減であった。実際の給与、賞与に影響があるのかどうかが不透明であった。
  • 750 万円
    神奈川県 43歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    仕様検討から量産立ち上げまでの作業に携われる。サービス残業がなく、給与がそこそこ良いところ。職場が雰囲気が良く、分からないことも、周りに聞けば直ぐに分かるところ。英語でのミーティングもあり、英会話のスキルアップができる。福利厚生がそれなのに整っているところ。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    顧客対応で忙しいときは、残業時間が60時間以上になり、休日出勤もあること。
  • 700 万円
    京都府 36歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    給与は同業他社のそれに比べていいと思われる。あと家族で参加できるイベントごとなどがあってそれはよい点であると考える。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    勤務時間(残業)が基本的長い気がする。基本的に定時に帰ることはない。休日出勤も他の会社に比べて多いと思われる。私は技術職で製品評価等に色々な設備を使用しますが、会社全体的になのかあまりそのようなことに投資をしないため、設備が古く、使いにくい。
  • 700 万円
    東京都 44歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    給与体系が違った幾つかのソニーの子会社が一緒になっていた為、
    基本給も違っていたがようやく統一された。
    関東地方の給与をベースにしているので、
    地方の工場の人は地方の相場に対して高めの給与と感じられる。

    査定評価は2回/年。
    自己評価と面談が実施される


    【気になること・改善したほうがいい点】
    残業時間の規制が厳しくなり、残業代での収入増があまり出来なくなっている。
  • 650 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    大学教授卒、30歳で年収650万円程度。
    年収は毎年上がっていくが、階級が上がるまではそれほど大きくは上がらない。
    階級が上がると100万円程度は上がる予定である。
    しかし、昨今の不況の影響で、なかなか上の階級に上がれない人も多い。さらに、部署によって、残業時間も様々であるために、同期でも年収に50万円程度の差はある。
  • 650 万円
    愛知県 30歳 男性 2014年頃
    同業界の中では給与が高いと思われる。開発部門主任手前の平社員で基本給約30万+残業手当13万+通勤手当+家族手当で総支給45~50万といったところ。昇進には教育が必要で半年ほどかけて行われる。また主任への昇進はTOEIC600点以上が必要。点数に満たない場合は一定の時間学習するか(ハードル高い)40歳を迎えるまで昇進できない。
  • 620 万円
    東京都 32歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    残業と各種手当込みではあるが、最低限のラインはもらえていた。サービス残業もほぼ無し。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    やっていることのわりには少なく感じる。ここまでやるなら、そのエネルギーを転職に向けたら大幅アップが見込めてしまうよな、という考えがよぎる。
    昨今の営業利益の高さも、従業員が割を食っているだけとも読み取れてしまう、、、
  • 620 万円
    【良い点】
    収入はそれなりに良い。
    残業もあまり規制されないため、ある程度は必要なだけ残業が可能。
    サービス残業はほとんどない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    人数が足りないため慢性的に忙しく、残業が多い。
    業務のマネジメントについては、部門やチームによっては良くない状況で、個人の能力に業務が依存しているところもある。
    住宅手当が少ないと思う。
  • 600 万円
    大阪府 30歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    ボーナスが6ヶ月出る
    残業代は、全額支給
    【気になること・改善したほうがいい点】
    有給は、取得できますが使いにくいです。
    ボーナス6ヶ月貰えますが、実質基本給がかなり低いです。
    新卒で非独立社の場合、大卒19万5000円、院卒21万円程度になります。
    退職金は、貰えますが平均で1500万円程みたいです。
    営業は、残業代が一切つかないため、改善して欲しいです。
  • 600 万円
    東京都 31歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    パソコンのログイン、ログアウトで勤務管理がされているため残業代が働いた分だけきっちり出ます。賞与も2016現在は業績がいいのでよかったです。また、管理職、特にグループリーダーや部長になると手当がもらえるため年収1000万以上もらえる方もいます。非管理職でも賞与を入れると年収800万近くなる社員が多くいます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    夜勤勤務がハードすぎる。体力に自信のない方は諦めましょう。
  • 600 万円
    上司、部門によって変わってくるがタイムカードを導入したこともあり残業代はほとんどでるので年収は高めだとおもう。 但し基本給はこの業界では高水準だが多くはないとおもう。毎年評価は上司との面談によって決定されるが実際は面談の前に決まっている。 また一時金(ボーナス)は平均五ヶ月と決まっているので景気、売り上げに左右されることはない。
  • 550 万円
    長野県 33歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    特にない。年功序列。特にボーナスでの評価制度もない。自分の異動の希望もなかなかかなわない。事務部門や生産技術のような部門では、ストレスも小さく、ただ言われたことを淡々とやればよく、他社に比べ非常に恵まれていると思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    完全な技術開発型企業のため、生命線は設計開発者にかかっている。しかしながら、それは言葉だけで、給与体系は完全な年功序列である。設計開発者の熱意やその努力によって救われている会社である。優秀な人材を確保するためにも、給与体系は、その責任や専門性によって改めるべきである。
  • 500 万円
    東京都 27歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    安定して賞与額は大きく、2014~2016あたりは年間100~110万円ほどだった(新卒入社3年未満)。
    2010年あたりなどは150万円?ほどだったと聞いている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    仕事ぶりを評価することはなかったように記憶している。ほとんど年功序列だったように思う。中途入社者も、20代から部長クラスまで幅広くいたが、中途入社者については不明。
  • 500 万円
    東京都 34歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年収は他社同業種と比べて、比較的良いように思います。
    残業代もしっかり出るのでサービス残業はありませんので、残業次第ではそれなりな収入になります。ですが、部署によって業務の急がしさが違うので、残業が多ければそれなりに仕事も忙しくなります。
    部署によっては海外出張、出向もありますが、手当についてはしっかりでます。
  • 500 万円
    大阪府 36歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    評価制度があり、ある程度昇給が計算できる。また、研修等も希望すればわりと誰でも受講できる。客先と近い位置での開発ができスキルアップにもつながる
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上司によっては好き嫌いで昇格基準を判断している。辞める人が増えていることもあり一人にかかる責任が大きく組織も固まっていない。責任が明確でない中での評価が正しく出来るのか疑問
  • 500 万円
    東京都 33歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    残業代、休出代はきちんと出るので、仕事の多い開発部門であれば残業代込みでそこそこの年収になります。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    年功序列制度が色濃く残る。突出した能力を持っていたりアウトプットが出来る人は出世するが、それ以外は細かく査定せず、年齢や入社年度で昇進させている印象。ある職務レベル間での相対評価の為、開発部門より管理部門等の比較的忙しくない部門の方が競争が緩く、出世しやすい側面がある。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう