1. 30代

研究・開発(電気・電子)<30代>の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

研究・開発(電気・電子)の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

研究・開発(電気・電子)の年収

全世代平均 577 万円
最高:1500万円 / 最低:200万円
※全325件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1000 万円
    東京都 38歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    給料面では非常にホワイトな会社だと思う。組合の力が強いからか、福利厚生もしっかりしている。評価も公正公平で、評価の理由は30分以上の面談で伝えられる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    今までは良かったものの、今後は年収が大幅にダウンするだろうと予測される。すでに役職者は年収カットされているし、4月以降は一般者の年収もカットされていくことになっている。
  • 950 万円
    東京都 38歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    年収は平社員でもMAX1000万円までいける。
    給与は普通であれば歳を重ねるにつれて上昇していく。定年近くで年収がガクンと減るが、それまでは安定。役職にもよるが、当然上限はある。
    課長への昇進は上司による推薦であり、特別試験があるわけではない。若いと30代で課長になることもある。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    多少なりとも年功序列なところはまだ存在する。
  • 900 万円
    大阪府 35歳 男性 2015年頃
    【良い点】
     年収は基本的には年功序列的な傾向にある。とはいえ主任クラスにせよ課長クラスにせよプレゼン面談の類の試験があり、その試験は部長や課長からの推薦がなければ受けることができない。
     特に課長クラスについては推薦を受けても通る人間の割合は少なく、なったばかりの年は大体年収は下がる傾向にある。2~3年すると大体1000万円の大台も見えてくる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    調子の良いことばかり言って、技術を持っていない人間が課長に上がることがあるのは部長や課長などライン長に見る目がないことが有る為と思われる。
  • 900 万円
    愛知県 35歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    しっかりした社風で確実に給料が上がっていきます。しかし、40才を前に伸びが無くなりますが充分な給料をもらえるので問題はありません。
    【気になること・改善した方がいい点】
    評価制度は設定あるが曖昧な評価が多く、なぜあいつが?というようなことも。
    結局は、上司とうまくやるということが大切です。
  • 900 万円
    愛知県 35歳 男性 2014年頃
    給与は国内大手企業の中でもかなり高い水準にあると思います。かといってサービス残業が横行しているわけではなく、労務管理もしっかりしています。
    昇進昇給は、成果主義が叫ばれているこのご時世でも、何だかんだ言って年功序列な所が残っています。課長になるまではほとんど差がつかないでしょう。
    年に一度自分自身のキャリアについて上司と話す場があり、異動希望等もこの場で伝えることができます。が、めったに希望が叶うことはなく、形式上面談をしているだけのような気がします。
  • 900 万円
    神奈川県 35歳 男性 2014年頃
    年々昇進ができなくなってきている。
    不運にも所属するプロジェクト解散になると他のチームに移籍できればまだ安心。(出世が遅れるが…)
    行く宛がない場合は解雇or自分でプロジェクト立ち上げ、予算を確保する必要性あり。(自分の給料分も)
    クライアントは韓国だけで、慣習や言語の違いなどで予算つけるのに苦労します。
  • 880 万円
    大阪府 30歳 男性 2014年頃
    残業代は働いた分だけもらえる点については満足しているが、頑張っても頑張らなくても横並び的な評価制度のため、同年代の社員間での格差はそれほど大きくないと思う。ニュースなどでも報じられている通り、来年度からは評価制度から年功序列の要素が撤廃され、成果主義の要素が強まるとの噂。ただ、成果主義の導入には、まず公正な評価制度の確立が必要に思う。
  • 860 万円
    愛知県 35歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    業務内容に比べると年収はまあまあ高い。
    毎年書かされる目標シートの内容に沿って年度末に上司と面談を行うが、これまでは上司の評価も自己評価とあまり乖離が無く、ある程度の納得感はある


    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価が年単位なので、長期的な成果やキャリアパスを描きづらい
    冒険するような目標だと達成度が低くなりがちなので、安易な目標設定に陥りがちとなる
  • 850 万円
    東京都 39歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    あらゆる意味で自由な部分は多い。部署にもよるものの、仕事の進め方は比較的自分の裁量がある。時間の使い方も自由度は高い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    自由度が高い反面、各社員の責任領域が曖昧になりがちで、発散気味になった時の抑制は効きにくい。同様に組織としての動きは統率感は薄いため、非効率的な業務の進め方を組織的に修正しにくい傾向にある。これらは修正すべき点であろう。
    強烈な主張を展開し、見かけの良いパワーポイントの資料を作成する、一見目だつ人の意見が聞き入れられやすい傾向もあり、本質的な議論が置き去りになるのもよろしくない傾向にある。
    会社の守備範囲がひろいこともあり、全体としてのビジョンは曖昧になっている。現経営陣の興味のある分野以外は露骨においていきぼりになりがちである。
  • 850 万円
    東京都 34歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    残業代も全額支払われるため、同規模の他社に比べて、給与水準は高いと思う。人事制度も新しくなり、頑張った人、成果を挙げた人にの給与が多くなるようにしているみたいである。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    家族手当など手当の減額が目立つ。全てのレベルの社員に成果目標を課しているが、同社の管理職のレベルで成果の正当な評価を出来ているとは思えない。また、昇進昇格にTOEICの基準があるが、グローバル企業を標榜するには、非常に低レベルである。
  • 850 万円
    東京都 34歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    残業20時間程度で普通に働いていれば、上記レベルの年収は得られます。休暇・ステップアップ休暇など自由に休みは取れる雰囲気があります。昇進は基本的には年功序列で、1年前後の違いはあるが、大抵主任級に昇進できます。ただし、労働組合を抜ける課長級には意図的に上がらない方もいます。
  • 850 万円
    長野県 30歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    主任になりさえすれば同業他社同等以上の給料になる
    業績連動性が高い賞与制度のため調子がよければボーナスが多い
    目標設定面接が半期に一度あるが課長によって力の入れ方が全く異なる
    【気になること・改善した方がいい点】
    昇格試験の選考理由が明確でない
    どの会社も同じだろうが業績より知名度、技術よりアピールが大事
  • 830 万円
    東京都 31歳 男性 2015年頃
    【気になること・改善したほうがいい点】
    人事制度改革により2016年からは評価査定によるボーナスの差が小さくなった。評価が高くても低くても大した差にならないので、モチベーションが上がりにくい。

    成果をあげた人間に報いる制度が必要。ただし、ダイナミックに差をつけるにしても結局は評価者(上司)の一存であるため、皆が納得する制度は困難であるとも感じる。
  • 830 万円
    愛知県 32歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    月収は日本企業の基準よりは高めの設定。一方で賞与は電気系企業で良い評価を取り続けるほうが高くなった傾向がある。管理職以上では割高感が更に増加する。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    特に平社員で管理制度が動作しておらず、減点制年功序列システムによる人事考課がなされているとしか思えない。よって転職後は前職と比べ評価が伸びない時期が続き、モチベーションが低下する傾向にある
  • 800 万円
    大阪府 37歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    転職の場合は前職を考慮してくれる。
    年収は電気系の中では良いらしい。と伺った。自分はそうは思わないが。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    しかしながら残業時間でMAX増やして前職に合わせこんでくれたりしているので
    実際には微妙なオファーになる。
    ただ、家賃の手当などは大手の中ではかなり良い方なので 満足できるはず。
    しかし7年程度の時限付きですから要注意です。
  • 800 万円
    東京都 37歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    大企業だけあって、電機メーカーの中ではいい方だと思います。裁量労働制になると大幅に給与が上がります。評価は基本的には年功序列ですが、だいぶ改善されて来ていて、能力によるバラツキはかなりあるように感じます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    特にないかな、裁量労働制になると、特に上の方々の一部には仕事をあまりしない人がいるのが気になりますが。
  • 800 万円
    福岡県 36歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    今のところ安定した経営
    評価もまあまあ現実に即した判断がなされる
    【気になること・改善したほうがいい点】
    あまり仕事の出来不出来に対する評価の差が出にくいため、のほほんとしてても必死に働いても給料があまり変わらない。
    なのである意味競争が少なく、ギスギスしていないといえばいいように聞こえるが、皆あたえられた仕事をこなすのみでクリエイティブな発想は生まれにくい環境だと思う。
  • 800 万円
    東京都 35歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    半期ごとの目標と成果に応じて賞与が決まる。賞与支給前に面談が設定され、何かあれば上司に直接質問することができる。また、人事評価査定が年に1度あり、こちらも結果がフィードバックされる。定期的に上司と面談する機会があるのは有難い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    完璧な評価制度など無いが、評価は上司との相性や期待度にも依存し、制度が形骸化している感も否めない。
  • 800 万円
    東京都 35歳 男性 2017年頃
    【気になること・改善したほうがいい点】
    不適切会計事件以降、福利厚生、残業単価、賞与などが悪くなり、年収ベースで100万円以上の減額となった。経営陣の引き起こした事態に対して、従業員の給料カットが行われることは稀なケースとのことだが、とはいえ納得がいかない。しかし、周囲には割と無関心な人の方が多いことが驚きで、東芝という企業の体質を象徴していると感じた。
  • 800 万円
    東京都 34歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    プライベートな時間との両立は可能。それ以外はない
    【気になること・改善したほうがいい点】
    フレックスをうたうわりに0930出社が暗黙の了解となっている。グレード制度がかわったが結局給料が下がるだけの制度になっている。若手にチャンスが与えるようなことをいってるが一度も感じたことがない。冬のボーナスが激減して社員のモチベーションが下がっている
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう