1. 評価・テスト(機械)

評価・テスト(機械)の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

評価・テスト(機械)の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

評価・テスト(機械)の年収

全世代平均 422 万円
最高:1200万円 / 最低:150万円
※全193件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとに口コミと一緒に閲覧できます。

  • 1200 万円
    大阪府 30歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    実力主義な風土であるため、能力が高いと仕事をまかせてもらえるため、やりがいにつながる

    【気になること・改善したほうがいい点】
    良い点の裏返しであるが、一旦、能力が低いと判断されると成果の上がりにくい、または、設計とは異なる業務(やりがいの少ない)仕事を担当することになり、そこから、成果を上げていくことが難しくなる。このループに入ると、働きやすいとは言えない。
  • 1000 万円
    東京都 50歳 男性 2014年頃
    メーカー中では給与は高いと思います。評価制度は毎年MAPと言われる目標設定を年度初めに上司と取り交わし、年度末にその目標に対しての到達度を評価されることになっています。しかしながら結局は上司の感覚的な評価で決まっているのが現状だと思います。いかに上司に気に入れられるかが大事で、大変優秀な人でも正論を言って上司とぶつかっている人は昇進できていません。
  • 900 万円
    東京都 32歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    利益に応じてボーナスが年間で4-10カ月程度まで変動し、ここ数年は高利益を達成し続けており、高止まりしている。
    また、ボーナスは評価によって上がったり下がったり、大きく変動する。
    残業代はきっちりでる。長くすればするほど、時間単価も上がっていくため、長時間労働が苦でなければ、良く稼げる。


    【気になること・改善したほうがいい点】
    利益がでない不景気になると残業規制と同時にボーナスも下がるため、注意が必要。
  • 770 万円
    神奈川県 35歳 男性 2014年頃
    業務の効率を重視されます。基本残業が多いですが、効率的にアウトプットしている人が評価されています。教育は新人教育程度しかなく、自分でスキルを磨く必要があります。また、昇進には海外赴任の経験を重視されますが、女性は免除されるなど、女性管理職を増やしたい思惑が感じられます。福利厚生は一部上場企業としては期待しないほうが良いと思います。
  • 760 万円
    東京都 46歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    【収入に関して】
     大手企業なので収入は多いです。
    【評価制度】
     特になし
    【気になること・改善したほうがいい点】
    【収入に関して】
     自動車業界内で見ると最下位クラスで、業績が悪化すると真っ先
     に労務費が削られます(残業させないなど)。
    【評価制度】
     一応、人事部の評価者教育はありますが、上司のさじ加減一つ
     です。数字で表れるもの指標にする人が多く、技術部門の場合、
     発行したレポート数で評価する人が多いです。質は問われず、量
     を問うというおかしな事態です。また、TOEICの点数が全社的に
     必須評価指標となっており、経験・実績もあり、部下からの人望
     が厚い人が、TOEICの点数一つで評価されないといったおかしな
     ことも起こっています。英語はコミュニケーションツールの一つ
     であるので、ビジネスツールの一つとして考えるべきだと思いま
     す。余りにも比重が高過ぎることに違和感を覚えます。私の場
     合、基準には達していませんが、海外の人々とメールや電話での
     やり取りをしていますが、評価はされません。きちんと実態を
     評価しないことはサービス残業しているのとそう変わらないよう
     に感じますが、公になることがない・証明が困難ということで
     日本ではまかり通るのだろうと思います。恐らく、どの企業も
     英語に関しては似たような捉え方だと感じますが・・・
  • 720 万円
    神奈川県 40歳 男性 2014年頃
    いわゆる最前線となる、客先に出向き、長期に渡って客先要求と向き合う業務を担当していました。上司不在が当たり前の状況で、自分の判断で仕事を進める必要がありましたが、誰からの指図を受ける必要が無く、自分の評価は顧客満足度が高ければウナギ登りだったので、頑張り甲斐はあったし、自信にも繋がりました。その後、先行開発部署に異動しましたが、ワンマン上司に振り回される環境に苦悩させられてしまいました。職場によるやり易さには明確な差があります。
  • 700 万円
    神奈川県 34歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    評価制度はグレード制となっており、グレードが上がるにつれて年収も上昇する仕組みとなっている。各グレードでも給与の幅があり、グレードが上がっても大幅に給与は上がるわけではないが、毎年の給与上昇率がよくなる傾向となる。管理職になると年俸制となる。評価制度は5段階に分かれており、評価が高いほど賞与のインセンティブが良くなる。また、評価が良い人はグレードが早く上がり管理職になるのも早い。
  • 700 万円
    東京都 30歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    最先端の技術に肌で感じることができる。
    教育制度もかなり充実している。
    頭のいい人が多いので、話がスムーズに進むことが多い。
    まずつぶれることのない会社。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    会社が大きすぎて意思決定が遅く、他社と比べると後手になることが多い。
    上記を改善するために日立製作所から切り離されて、グループ会社へ転属することはよくある。
  • 700 万円
    埼玉県 32歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    勤務地が関東であることが良いです。最初は研修で、ど田舎の工場で半導体ウェハの運搬作業をひたすらやっていましたが、工場のシステムを最初のうちにしれてよかったです。
    社風としてはゆるいです。有給はとりやすいです。土曜日にはフットサルを同期とともにやっている
    【気になること・改善したほうがいい点】
    自分が入社したときに、社長が変わったので勤務地が
    本社ではなくなったのが残念
  • 650 万円
    東京都 31歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    基本的に、職級、年齢で給与があがる。
    自己申告制度で評価され、賞与に反映される。
    景気もよく近年、賞与は約6ヶ月分支給されている。
    以前は残業時間過多により、時間制限のためサービス残業などもあったが、入退室管理、PCログイン記録などで全額支給されるようになった。
    ただし、残業時間が全社的に制限が設けられるようになった。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    残業時間は部署により大きくことなる。
    労働環境の改善のため、全社的に残業規制が設けられるようになり、強制退社するようになったが、業務の圧迫が否めないところもある。
  • 650 万円
    愛知県 33歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    年収自体はその他企業に比べて高い水準にある。真面目に仕事をこなしていれば、少なくとも係長クラスまではなることができる。しかしながら多くの社員がいるため、その中から選ばれるような成果をだしていかなければならない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    どこの企業でも同じかもしれないが、仕事ができる人に対して仕事が集中してしまう風潮がある。
  • 630 万円
    東京都 35歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    どうしてもT社を始めとする同業他社と比べて引け目を感じがちだが、他の業界を含めた世間一般と比較すれば給与レベルは高い。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価に不平等さや不透明さを感じる。
    一応、年度始めに各自で目標設定し、年度末にはそれについて自己評価と上司の評価を行うが、結局のところ上司の匙加減次第。
    配属される部署(同年代の社員が多いかどうか)、上司が声の大きい人かどうか、で職務昇進のスピードが左右されている気がしてならない。
    現在、人事評価制度の見直しを図っているようだが、平等な評価がされるようになる期待は薄いと思う。
  • 600 万円
    東京都 34歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    仕事内容のわりには、それなりの給料がもらえる。ただし、他の完成車メーカと比較すると低め。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    主任まではエスカレータ式に上がって行く。主任から主事に上がる際に試験があるがこれが曲者。この試験対策のための「○○塾」なるものが定時間後に毎週開催される。社内の昇格試験のために、社内で対策するという不合理さについて行けず、中途社員が逃げていってしまう。
  • 600 万円
    神奈川県 37歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    役職につけば、それなりの年収となる。
    役が無いと残業しないと生活は厳しいと思う。
    また、間接員と直接員では直接員の方が生活に苦しんでる人が多いと思う。
    残業、休出、夜勤をしないと生活は苦しそう。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価制度変更の話があるが、期待は出来ない。
    本人目標の達成実施内容も必要だが、良い評価になるのは上司次第である部分も強いと感じる。
  • 600 万円
    神奈川県 54歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    評価制度も無いため、特になし。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    入社時の想定年収と実年収に大きな剥離がある。想定年収は提示するべきではないと感じた。
    具体的な評価制度がない為、直属の上司に気に入られている者が得をする傾向が見受けられた。特に賞与時の格差は並大抵ではない。
    実績を上げても評価されるか、全く不透明であり、昇給は期待出来ない。
  • 600 万円
    東京都 22歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    残業代は青天井で働いた分全てつく。ボーナスは業績に左右されるが基本的にはそれなりの水準でもらえると思う。基本給の上がり幅はあまり期待できないが役職手当はそれなりだと思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    残業代、休日出勤手当てを全て出す代わりに容赦ない仕事量。土日出勤当たり前みたいな感覚のヒトが多い。仕事好きなヒトには向いてると思うが普通の感覚では厳しい。
  • 600 万円
    神奈川県 34歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    ベースの月給は他社と同等か少しいいかもしれない。ただ、残業代が出ないのと、他社よりボーナスが少ないことから、年収で見るとほぼ負ける。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価には英語が必須。管理職はもちろん一般社員も英語が話せると評価されやすい。
    当然ながら、上司の言うことに忠実な人が昇給しやすい。昇給する人はどんどんするので、格差が激しい。
  • 600 万円
    神奈川県 35歳 男性 2015年頃
    MBOボーナスという、個人目標達成度その他グループ全体や部門ごとの業績によって変動するボーナスが毎年4月に支給される。特配というわけではなく、実際は年収から10%天引きしたもの+αが支給されるだけ。年によってはマイナスとなることもある。夏冬のボーナスは5か月分なので、これらのボーナスだけで7か月分、つまり毎月の基本給はだいたい1/19となるので人によっては入社後、基本給が大幅に下がることになる。
    この対策としては、最初の人事部との面接でいきなり聞かれる希望年収で遠慮してはいけないことだ。20%くらい上乗せした額を提示しないと割に合わない。年度は12月締めなので、1~12月せっせとがんばって年度目標を達成して最高評価を頂いても、3月で辞めてしまえば年収の10%+α(最高評価なので+αも断然大きくなる)は支給されない。こうしてみると、一度入社してしまうと、なかなか辞めづらい給与体系ということになる。
  • 600 万円
    愛知県 30歳 男性 2015年頃
    給与は、他トヨタ系と比べ低い方。また30〜40歳代の人数がとても多く、部署によってはかなり昇格タイミングに差が出ることがある。昇級は、昇格をした際に多く給料が増えるシステムだが、定昇は多いとは言えない。20代前半の若手の場合、他トヨタグループと月給に大きな差はないが、ボーナスで大きな差がある。また、年々その差が広がる。
  • 600 万円
    大阪府 35歳 男性 2014年頃
    基本的に年功序列で給与が上がり、また、賞与も業績に大きく上下しないため将来設計がしやすい。逆に成果が給与や職責にほぼ連動していないため、成り上がりは期待できない。n能力に疑問のある上司でも降格になる事はほぼないため、閉塞感が生まれる様にも思える。京セラフィロソフィー教育はとても熱心に行われているため、会社に合う合わないは大きく差が出る。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう