1. ゲームプランナー

ゲームプランナーの年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

ゲームプランナーの社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

ゲームプランナーの年収

全世代平均 377 万円
最高:1000万円 / 最低:150万円
※全129件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1000 万円
    東京都 24歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    結果を出せばかなりの高給取りになれます。
    また認知度の高いコンテンツを扱っており、それを長年運営するノウハウがあるためプロジェクトを立ち上げられれば社会現象を起こすことも夢ではありません。
    求められるクオリティはかなり高いですがその分やりがいもあり、周りの方の能力もかなり高いためお互い相談し合いながら高め合うことも出来ます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    良くも悪くも昔ながらのゲーム会社という雰囲気。
    開発が佳境に入ったり問題が発生すると徹夜作業や土日出勤は当たり前。
    それを当たり前だという考えが半数を占めているため、自分の時間をしっかり確保したい方には向かない社風です(ゲーム会社なんてどこもその様な感じでしょうが...)。
  • 800 万円
    大阪府 39歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    年収は他の会社からすると、大きな単位で上がる。
    (年数万とかではないレベル)
    認められれば、一気に上がるが、そこに辿り着く為には、誰から見ても分かる結果を出す必要がある。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価が高くても、業績次第では上がらない時がある。
    かと言って、業績が良くなっても、その時の分は上がらない。
    部署により評価基準が違うのも、不満がある。
  • 800 万円
    大阪府 25歳 男性 2014年頃
    福利厚生は最低限あり、交通費も3万円まで支給されました。評価が1カ月に1回行われるようになり、管理しているスタッフの負担はましましたが、問題点が早期に見つかるようにはなりました。評価は個人の技術力とマネジメントなどに分けられ、かなり細かく査定されています。入社時はアバウトでした。休暇はプロジェクトの前後にまとめてとれました。契約が2種類ほどあり、同人活動など副収入がある人は正社員になれませんでした。年に5回ぐらい社内宴会がありました。結果が悪いとチームリーダーからおろされますが、2回ぐらいチャンスをもらえました。常に最新ソフトの開発に追われます。最近はスマートフォンにも力を入れていました。能力の低い人はオリジナルで鍛える社風でした。中間管理のポジションになると、かなり大変です。結果は運も必要ですし.....。
  • 700 万円
    岡山県 35歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    年収は同年代と比較すると多いと思います。
    月々の基本給は他の企業と同程度ですが、年2回のボーナスが多く支払われます(年で5カ月分~)。
    開発した遊技機が販売されたり稼働すれば、ボーナスが増えます。そういう意味でやったことがしっかり評価に直結する会社だと思います。
    また、特許を提案すると、手当がもらえます。
  • 700 万円
    神奈川県 30歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    プロジェクト単位の評価なので、所属する部署にもよるが能力によって適正に評価される。しかし、年功序列的な部分や、立ち回りの上手い人が実際の能力以上に評価されることもある。離職者の多くはある程度優秀なのにも関わらず、ちゃんとした評価や活躍の場を与えられていないからという理由が多いようである。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    アットホームといえばアットホームだが、仲間意識や責任感に必要以上に頼っている風潮がある。人によっては待遇に不満を感じることもあると思うので、きちんと会社としてその人に期待していることや将来のキャリアパスに関する相談に乗れないと、優秀な人材はどんどん流出していくと思う。
  • 650 万円
    東京都 29歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    業界内でも給与水準は間違いなく高い。しかも残業が多いブラックでもなく残業規制もあり、女性にも優しいホワイト企業だと思う。その分仕事の質や高いハードルを越えることを要求されるが打倒ではあると思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    元々の給与水準が高いため大きな功績や結果を出してもそれで当たり前、という感じでなかなか給与があがりづらい。
  • 650 万円
    東京都 38歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    休日出勤や残業の手当は難なく出してもらえます。
    勤怠ルールもそこまで厳しくないので、ストレスはありません。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価システムが非常に納得がいかない。
    直属上司と年間の目標を立て、問題なく達成して、
    プロジェクトも利益を出したのに自分の評価が低い。ということがあります。
    目標を達成したのに評価が低い。ってなんのための目標設定なの?という状態。
    この目標設定システムで納得できる人が果たしているのか疑問です。
  • 650 万円
    大阪府 35歳 女性 2014年頃
    年俸改定は年1回/ボーナスの支給は年2回(2か月×2回)となっているが基本月額の2か月となるため開発職のボーナスは低い。ただ評価としてプロジェクトで成果を出せば成果に応じて昇給しているためそれほど不満には感じていなかった。評価制度については360度評価ではないため、どの企業でもあることだとは思うが上層部に気に入られているメンバーは実力の有無にかかわらず昇給していた。
  • 600 万円
    東京都 37歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    一般社員は基本給は低めです。しかし残業代が全てつくので、残業が多めなら普通〜高めの年収になるでしょう。
    ただ、最近は残業時間の管理が厳しくなってきています。今後、残業の管理がより厳しくなり給与体制が見直されなければ下がることになります。
    また、近年は業績が悪い為、ボーナスは平均と比べるとかなり低いです。
  • 600 万円
    東京都 37歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    評価はそれなりにされる。ただ日本人だと出世出来ないので、出世したい人にはむかない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    人事担当者が変わってからきちんとした評価がされるか心配です。常に上に媚を売っているため、人事担当者より下に見られると評価に響く。男尊女卑をするので女性は見てて可愛そうだとみんな言っている。確かに見ていると、軽視している感じは否めません。
  • 600 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    特にない
    【気になること・改善した方がいい点】
    評価制度は曖昧で、例え期初に掲げた目標を達成したとしても、相対評価により評価されず、実質給与の増額がないパターンがしばしば。それどころか不当に下げられることもあるから驚き。その説明も曖昧で納得のいかないものが多い。
    また最高評価で評価されたとしても給与額はスズメの涙ほどしかあがらない。
    やりがいのない職場とはまさにここのことをいうのでしょう。
  • 600 万円
    給与はある意味年功序列であがっていきます。給料には満足しています。
    賞与はゲームがたくさん売れた、もうけた場合にもらうことができますが、私はヒット作に恵まれていないのでもらっていません。
    昇進するためのポストが少ないので、ある程度までいくと昇進がとまってしまいます。
    キャリアパスは自分から積極的に動くことである程度望みのキャリアを形成することができます。
  • 600 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    年収は人によって差がかなりある。実力のある人間でかつ社内営業ができる人間は例え部長クラスでないとしても600万~800万くらいもらえるが、ごくわずかな人間に限られる。40歳で年収400万の人間も居れば、部長のポジションを得て800~1000万貰ってる優秀な人間もいるというわけだ。注意してほしいのは、かなり激務だということ。月に休みは1日しかないときもある。
  • 550 万円
    東京都 28歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    会社の業績が良ければわかりやすく月給に上乗せボーナスが発生する。
    さして難しくない不具合対策ノルマの達成で毎月何万円もインセンティブが貰える。

    同業他社に比べてもかなり年収は良い方ではないか。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    ディレクターではそこまで年収アップしない。数少ないプロデューサーになれればようやく厚い手当が出るそうな。
    なので上に上がるモチベーションを維持するのは容易ではない。
  • 550 万円
    東京都 30歳 女性 2016年頃
    【良い点】
    中途採用は前職の年収が考慮されるため、年収がかなり高い傾向がある。
    新卒はかなり安いが…。
    また、残業代もきっちり支払われるため
    前職に比べるとかなり給与は上がった。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    お金が出るとはいえ、残業や休日出勤が多く
    プロジェクトメンバーは疲弊しているように見受けられる。
    勤怠は、良い意味でも悪い意味でも緩い。
    休む人や遅刻する人がとても多い。
  • 500 万円
    東京都 37歳 男性 2018年頃
    【良い点】
    契約が意外とおおいが、正社員で考えた場合、この業界では平均的に高い方だと思われる。働く地域によって増減あるので注意。物価が安い所は低め。
    もし中途で入る場合は、できるだけ高めに提示しないと損する。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    なかなか上がりづらい、かつ下がる可能性もある。後者はよほどのことがない限り起きないが、気をつけた方がよさそう。
  • 500 万円
    神奈川県 30歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    タイトルが売れるとインセンティブが入ります。売れなくても、調整金という形でいくらか入ってくる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    能力やポテンシャルではなく、いかに上司に気に入られるかという点と、年功序列の風土がある。また、平社員にリーダーをやらせて、その評価の際に本来の平社員の作業ができていないから高い評価はつけられない、と言った理不尽な評価も上司によってはありえる。
  • 500 万円
    大阪府 31歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    新しい給与制度について記載がないので・・・。

    所属部署の業績によりますが、年収500万まではコツコツやれば上がります。
    この給与自体は愛知県の30台の平均年収くらいです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上記の500万まではと記載したのは、ここからは何をどうがんばっても上がりません。

    なぜなら、この上の給与水準になるには役職が必須だからです。
    ですが、役職者のポストは限られてます。

    「挑戦しない企業エイチーム」だからプロジェクト数が少ないです。
    一時、必要があれば昇格させるからとプロジェクトリーダーをぽんぽん降格させました。
    その後は他の社員にリーダーが任されていきました。

    おそらくリーダー経験者を増やす目論見でしょうが、他社を経験している貴重な中途採用社員を手放していて、社員のマネジメントがドへたくそだなと思っています。
    さらに、この程度の給与水準で大阪、東京で応募が少ないとのたまっています。当然でしょう・・・。


    降格になった社員らは話を聞くに新評価制度の給与制限によって給与を減らされたようです。
    そうなってくると、だいたいその役職には30歳前後の人間が多いので、愛知県の平均年収を割ってきます。
    当然転職となるわけです。


    結論として、30までは安心して働ける。
    それ以降は難しいという会社でしょう。

    また、ボーナスは全社員の1か月分の給与を原資にしているそうですが、自分に入ってきたのは給与の7分の1でした。

    さも社員に還元しますという感じでボーナスの導入時に話していましたが、役職者が随分持っていってますよね・・・。

    役職者なので多少はいいと思いますが、ボーナスというくらいだから1か月分は支給してもらいたいところです。
  • 500 万円
    東京都 43歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    裁量労働制なので働きやすい。
    またプランナーはアットホームな雰囲気なので
    馴染みやすいと感じた。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    プランナーに関して言えば、
    遊んでいる人やさぼっている人が多く、
    その状態を上司は放置しているようにと感じた。
    そういった中での社員評価は
    仕事内容よりも勤怠ということになってしまう。
    仕事を頑張っても評価が上がらないので
    モチベーションも上がらない。
    このためかプランナーのスキルは低く
    上昇志向も感じられない。

    経営者や役職者はその辺りに気付いているとは思うが
    十分に指導できてないと感じる。
  • 500 万円
    【良い点】
    一般社員クラスなら新卒組と比べ転職組の方が年収が高い傾向にあるので、入社希望ならある程度スキルをつけて転職先として入る方がいい。チームにもよるがヒットを生むとボーナスとは別に支給される特別手当もあり、社員のモチベーションアップに繋がっている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    実力主義なので若手でも昇給しやすい環境だが、そのため保守型の人は年齢が上がっても給料は上がりにくい。近年、評価制度が変更され年功序列も多少取り入れ、年々徐々に上がるような仕組みにしたらしいので今後は改善されるかもしれない。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう