1. クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクターの年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

クリエイティブディレクターの社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

クリエイティブディレクターの年収

全世代平均 471 万円
最高:1700万円 / 最低:200万円
※全86件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1700 万円
    東京都 49歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    給料はいいですよ。やりがいがあり大きな仕事と取り組める.。スタッフも優秀。競合力、提案力、ソリューション力においてこれ以上の会社はないと自負できます。多忙な労働環境ですがまず仕事を楽しめる人に向いている職場といえます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    デジタル時代の低コスト環境に
    今の高マンパワー給料環境が耐えられるか。自分を高く売ってなんぼの会社だと思います。
  • 1200 万円
    愛知県 40歳 男性 2014年頃
    最近は風当たりが強くて厳しい状況ではありますが、社内的にはそれに負けないように社員みんなが頑張っています。多くの人に認めてもらうのはたいへではありますが、それも使命だと思い頑張っています。
    給与面では問題無いですが、やはり家族を持っていると自分だけでなくそちらに誹謗中傷が行くこともあり、続けていくのは厳しいと感じ退職しました。
  • 1000 万円
    東京都 20歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    現代日本において最高と思える規模を誇るクライアントと間近に接することができる点。クライアントから生の状態のままで落ちてくる課題を打ち返し、それが成功した時の喜びは何にも代えがたいです。

    また、年収も(年々下降気味とはいえ)国内有数の水準を保っており、クリエイティブは本当に働くのが楽しいと思える会社。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    デジタルへの対応は後手後手に回っている印象がある。
  • 980 万円
    東京都 29歳 女性 2016年頃
    【良い点】
    業務は完全に成果主義なので非常にやりがいがあり、成果が出れば出るほど評価される仕組み。
    月に一度MVPなどを発表する場があり自己アピールに繋がる。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    逆に思ったような成果があげられないと、プロジェクトそのものが無くなったり希望ではない部署へ異動を余儀なくされたりする。
    チャンスは与えられる風土なのでまず自己アピールをしていきましょう。
  • 800 万円
    兵庫県 35歳 男性 2014年頃
    待遇や仕事に内容に特に不満なし。しかし社風は至って体育会系のノリで合わない方には合わない。先の明るい業種ではないので、もしこれからこの業界入りをするのなら、残念ながら他の業種をお勧めする。どうしてもこの業界に興味があるのなら、地方よりダントツで首都圏に営業拠点がある会社を選ぶべきで、そうでないとただでさえ暗い会社の将来性がさらに真っ暗になる可能性がある。
  • 800 万円
    愛知県 40歳 男性 2014年頃
    上司の個人的主観で決められていたかんじがします。
    気に入られた(できる人間と認められた)人と、そうでない人は
    差が激しいです。
    目標設定をたて、達成度ランクをつけていましたが、ほぼ関係なく採点されていました。
    インセンティブもしっかりありました。
    販売の達成できた機種にかかわった人間に配られました。
  • 750 万円
    東京都 43歳 女性 2018年頃
    【気になること・改善したほうがいい点】
    業界内でも有名な給料の安さで、ある程度経験を積んだ若手はじゃんじゃん辞めていく。
    評価は相対評価で、結果上司の好き嫌いにかなり左右される。またフィードバックは上司によっては無いに等しい場合もあり、結果だけ知らされて終わりということも。また決算賞与が出る年と出ない年があり、それにより年収が100万変わる。
  • 750 万円
    東京都 27歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    自分への評価も、年収も申し分ないほど貰っているので大変満足しています。自分の上司は、正当な評価を与えてくれているなと感じます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    仕事の成果に対して、見合っていない報酬を貰っている人がいるのは、確かです。
    そういう人の存在をいかに気にしないで業務に取り組めるのかが大事だと思います。
    まだ、他部署だから気にならないが同じ部署だと士気が下がるでしょう。
  • 750 万円
    宮城県 50歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    若い頃はいいけど、年をとるときつい。昇格しなければ、給料も上がらない。
    昇格出来る人数も限られている。
    5等級リーダーと6等級マネージャーは他社でいうところの主任係長レベル。給料も激務の割にかなり少ない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    期末決算ボーナスがあるが、社長が鉛筆ナメナメして適当に決めているのでたいして期待できない。基本給が信じられなきくらいに低いので、ボーナス年間5ヶ月と言っても、たかだか知れている。所詮は組合のない会社なので同族の私利私欲の為にある会社。それでもこの会社に入る人のマインドを疑う。
  • 740 万円
    制作プロダクションの中では、恵まれている高水準だと思う。賞与は業績連結で決定され、個人の月額給与は、半年に一度の査定で決定。年功序列ではなく、完全に実力主義なので、成果さえ出していれば、若くともどんどん役職者になっている人が多い。基本はミッショングレード制度だが、360℃サーベイという仕組みで、周囲からの評価も分かる。
  • 700 万円
    東京都 31歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    若いうちは同業他社と比べても比較的給与水準は高い方だと思う。基本給自体は大して変わらないが、残業代か保証されているので、仕事を頑張った分だけ目に見える形で帰ってくる。
    評価は部門内で相対評価され、学校の通知簿のような感じ。ランクは付けられるものの、あまり給与面には反映されているようには感じられなかった。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    30歳前後で職層が上がると残業代が見なしになるため、一気に収入が下がる。一方でその頃からは主力として負荷のかかる仕事を任される機会も増えていくため疲弊し、結果として30代前半の離職者を多数生んでしまっている。
    親会社の給与体系等の事情は理解できるが、成果に応じて一部報酬が変動する、といった弾力的な給与制度にしたほうが中堅社員の定着につながるのではないだろうか。
  • 700 万円
    愛知県 38歳 女性 2014年頃
    【良い点】
    新卒で入社させていただき随分と良くしていただき給与も上げていただきました。社員の中には育児休暇を取って最近復帰した方もいて社長の方針がしっかりしている会社でした。スキルアップにと違う会社を希望し、転職しましたがスリー企画に戻りたい気持ちでいっぱいです。社内は口数は少ないですがアットホームで気を使わなくてよい社風で気楽でした。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    気になること、改善したほうがよい点は特にはありませんが、もう少しコミュニュケーションがみんなと取れるとよいのではと思います。ホウレンソウが大事なので社員同士の気持ちの通じ合いが大事です。飲み会などあると良いと思いました。社員旅行が盛大で他の社員が子どもを連れてくる。
  • 700 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    360度評価にて、自分の仕事に対するフィードバックをあらゆる人からもらえることで、成長意欲につなげることができる。それに応じた給与体系にもなっており、非常に風通しは良いように感じた。
    【気になること・改善した方がいい点】
    一方で、個人の評価は社内の誰にもわかってしまうため、承認欲求が強すぎる人には、我慢が必要。
  • 680 万円
    業務量と給与は比例しています。求めらえる仕事内容は質・量ともに高く、応えつづけることを求められます。近年では、顧客との仕事だけでなく、新規事業につながる組織のための提案を求められる。
    社風は明るく、年齢・男女関係なく、成果をあげれば評価されるフラットな環境である。仕事はほぼ自己裁量で、仕事さえきちんとこなしていれば休みも比較的自由にとれる。
  • 650 万円
    大阪府 53歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    良い点が思いつきません。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価者に気に入られると給料が上がります。逆が多いですが。
    チャレンジシートという評価シートがありますが、実現不可能な事を書かされる事もあり結局評価されない事になる様に思います。
    社内アピールの上手な方や評価者に気に入られるのが上手な方には過ごしやすい会社かも知れません。
    多くの要職には親会社から来た方がついており、数年前とは別の会社という印象が強いです。

  • 600 万円
    東京都 26歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    玩具業界全体からみれば比較的高い方だと思う。会社も東京の東側にあるため、近隣に住んでも家賃が非常に安いため、そこそこの生活レベルを維持できるだけの金額ではあると思う。ボーナスはその年の行先に応じて上下するため、売上があればそれだけボーナスも増える。
    それがやりがいにつながっていると思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    近隣の同業他社なや方が給料がいいらしく、同じような業務内容なだけに、気になる。
  • 600 万円
    東京都 40歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    かつては評価制度がしっかりと運営されていて能力があれば若い人間でも驚異のスピードで出世が可能で年収も同世代以上に上がりバブリーな生活ができました。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    会社がユウセンに買収されウェディングは本体に吸収、マーチャンダイジングはパチンコメーカーに売却、クーポンランドはアイスタイルに売却され、ただのアプリの制作会社になってしまった。
  • 600 万円
    長野県 31歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    自由な風潮がある。休むときはやすめるし、働きたいときは働ける環境。若手が多く刺激がある。
    テレビ朝日系列なので、何か起きるとしっかりと取材する点はやりがいがあると思う。全国放送になることもあるので、知り合いにもみてもらう機会も地方だがあると思う
    【気になること・改善したほうがいい点】
    チーム感がない。一人一人のスキルを上げる努力をするべき。
  • 600 万円
    東京都 36歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    年収はそれなりに良いと思う。マネージャー職になるかならないかが1つの山となり、給与が大幅に上がるため、離職しなくなる。マネージャーになるためには、普段の数字的頑張りに加えて、社員からの評価が高いとトライアルを受けることができる。トライアルは社内評価ではなく、所属している部門の達成などが主なところ。アピールするのが上手な人と、飲み会で人を楽しませることができるタイプは、そうでない人に比べて昇進しやすい雰囲気は感じる
    【気になること・改善したほうがいい点】
    悪く言えばやったモノ勝ち。やりたいアピールは尊重されやすい反面、残された者やフォローさせられた側に対する評価は見られにくい。
    加えて、上長の推しがあれば、現場の評価はイマイチでもマネージャーになれる人がいる。
  • 600 万円
    業績連動の賞与で、高業績を達成すると、高額な賞与が支給される。決算賞与6ヶ月の実績あり。
    給与水準は大手と比較すると約半分しか支給されないが、オーナーから認められると支給額が高くなる。典型的な同族経営である。
    昇級は40代後半から無くなるが、業績とやるきで昇級の可能性は0ではない。
    業績評価中心ではあるが、オーナーの好みで気まぐれな評価が下ることが多々ある。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう