1. プログラマ(その他のシステム・ソフトウェア関連職)

プログラマ(その他のシステム・ソフトウェア関連職)の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)

プログラマ(その他のシステム・ソフトウェア関連職)の社員/元社員の実際の年収事例や平均年収、最高/最低年収などを閲覧できます。

プログラマ(その他のシステム・ソフトウェア関連職)の年収

全世代平均 407 万円
最高:1000万円 / 最低:180万円
※全143件の投稿から算出

実際の年収を見てみる 転職会議に投稿された社員/元社員のリアルな年収を、世代や年収金額ごとにクチコミと一緒に閲覧できます。

  • 1000 万円
    京都府 45歳 男性 2015年頃
    特になし。この会社も特徴もなければ存在に値しない。そして、働き甲斐があるかは未知数であり、それが特になしに該当するパターンである。昇給はあるが実力主義でいかに遅くまで仕事をしているかで評価されることもあり、必ずしも成果でないが成果だと言っている。
  • 800 万円
    神奈川県 47歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    パナソニックの基準が適用されるので報酬や福利厚生自体は良い。今のところ仕事もあり、残業代もきっちり出るので、主任クラス以上で残業が多い人は一桁上の人も少なくないと思う。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    能力成果主義を長くやっているが評価の基準が曖昧で点数化したところで結局は誰かのさじ加減。どこの会社でもそうだが中身よりもアピール上手、上司に気に入られることが評価を得るポイント。
  • 750 万円
    埼玉県 38歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    給料は数年前に見直しが入りだいぶ改善した。
    ボーナスは年5ヶ月が平均。
    残業代は全て支給される。
    最近は残業規制が厳しくなってきた。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    上に気に入られた人が得をする。
    部署によってはゴマすりや責任の押し付けなどが目立つ。
    ほぼ年功序列で、中途社員には不利。
    この環境はどの部署に配属されるかで大きく変わる。
  • 750 万円
    東京都 29歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    業績が良い影響か、賞与が他のNTTグループと比較して高いです。平均年収を調べて頂ければ分かるかと思います。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    評価が組織内での相対評価となっているため、本社以外の地域の支社等で従事している場合の方が、本社に比べて評価がつきやすい。それは本社に若くて出来る人が多く争いが激しいというのと、地域は若い人が少なく争いが少ないという傾向があるからである。
  • 【良い点】
    基本的には役割によって大よその額が決まる。
    その中で毎年少しずつ額が上がるイメージ。
    残業代はみなしで支給される。
    半期ごとの評価については賞与へ反映されていく。


    【気になること・改善したほうがいい点】
    比較的他所の会社よりは良いが、退職金が無いのでその分上乗せした額になっている。
    評価制度が親会社に引きずられる傾向にあり、今後評価制度が変わる可能性もある。
  • 700 万円
    東京都 50歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    残業代はフルに出るため、忙しい部署ではそれなりに稼げます。仕事量は部門によってムラがありますので、ヒマな部門の管理職であればかなりおいしいと言えます。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    基本給が低めで昇進以外での昇給もほぼないと言っていいでしょう。IT以外の間接部門は残業がありませんので、それなりの年収になります。管理職は残業代が出ませんので、忙しい部門は損な感じがあります。
  • 650 万円
    京都府 31歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    何も問題を起こさなければ(普通にしていれば)、順当にある程度までは昇進していける。あるクラスまで昇格すると、昇格試験を受けることができる資格が与えられる。それに合格するとかなり給与はあがる。
    昨今、副参事クラスの降格制度ができたため、働いていない人は降格される可能性がある。ただし、降格された事例は聞いたことはない。
  • 638 万円
    東京都 35歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    残業がしにくい環境になってきているため年収は多いとは言えないが、時間給は悪く無い。評価は期末面談の評価と、部署評価で決まる。上司によっては、お気に入りの部下を高く評価することもあるが、概ね公平な評価がされることが多い。
    【気になること・改善した方がいい点】
    上司や、あたった仕事によって評価が左右されることがある。
  • 600 万円
    長野県 31歳 男性 2017年頃
    【良い点】
    主任までは若干他社と比べて見劣りするが、主任試験に合格すれば業界標準以上の給与水準になる。サービス残業がない。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    主任試験に合格しないと、給与が変わらないが、主任試験の門戸が非常に狭くなっており、給料が上がらず退職する人が多くいる。職場や上司によって評価が大きく異なる為、評価に不満を持つ人が多くいる。
  • 600 万円
    東京都 31歳 男性 2016年頃
    【良い点】
    人事評価は、半期に一度、上司との面談を行い、前期に自ら立てた目標のレベルと、それに対する成果により評価される。日頃アピールできなくても、このタイミングで上手くアピールできればそれなりに評価される。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    収入は個人の成績もそうだが、それ以上に自分の所属する組織としての成果が問われるため、組織の業績があまり良くない場合は、その分賞与による収入がもろに影響されるため、期待通りの収入が得られない場合もある。
  • 給与や賞与に関しては、残業すればするほど稼げる点は納得するが年を重ねるごとに給与がアップしない点は不満である。キャリアパスについてはSAS認定試験取得に熱心で受験料は1科目につき2回までなら不合格でも再びチャンスなので取得に情熱のある方には非常にありがたい。だがマネージャー、部長クラスと給与の差がありすぎるのでモチベーションが下がることも否めない。
  • 600 万円
    東京都 25歳 男性 2014年頃
    仕事自体は決まって定時で帰れるためプライベートを充実させるためにはとても良い環境。
    大企業であるので新しいことに挑戦していく風土は若干うすれている。でもこれはどこの大企業もおちいっていることなので特別に問題ではないのかもしれない。新しいことにどんどんチャレンジして自分磨きをしたい人には物足りないかも
  • 600 万円
    東京都 40歳 男性 2014年頃
    派遣先でのエンジニアとしての客先貢献は一切給料に反映しない。年に2度人事考課があるが、本人の働きを見てない上司が評価担当になるのは普通。
    また、その評価結果が給料に反映されず、名前も顔も知らない役員が現場の「管理職」という管理してない役職の人間からの情報の印象で昇給額を決めている模様。
    昇給したければテクニカルスキルではなくゴマをするスキルを磨きなさい、という事なのであろう。
  • 600 万円
    東京都 25歳 男性 2014年頃
    【良い点】
    残業代はほぼ100%出るので、収入としての不満はあまりない。
    【気になること・改善した方がいい点】
    基本給が低く、福利厚生が充実していない。家賃補助が少ないため、会社から遠く家賃が安いところに住んでいる人が多い。プログラマを評価する制度が整っておらず、インセンティブを目指すのではなく残業して稼ぐ方が得策。
  • 600 万円
    東京都 25歳 男性 2014年頃
    評価はしてもらえます。数字が全てです。
    頑張って数字を取った人はそのぶんもらえるし、取れなかった人はもらえません。
    数字さえ出されば昇給も早いです。新人でも早く出世する人はいました。
    ただ、これらに当てはまるのは営業の人達ばかりなので、それ以外の職種であまり数字がでないところは評価されにくかったようですね・・・。
  • 580 万円
    大阪府 25歳 男性 2014年頃
    残業代は全て支給されます。
    ある程度作業負荷がある状態なら、新入社員入社4年目には年収500万を超えます。
    主任クラスになれば、月平均30時間の残業で500万円代後半になります。
    ただし、最近は会社として残業時間軽減の傾向にあるのと、部署によっては残業がつけられないところもあるようです。
    私が所属する部署では、基本的には残業つけた分だけ支払われます。
    ただし、負荷が偏る傾向にあり、もうちょっと年収が下がってもかまわないので作業量を減らしたい、と考える人もいます。
  • 570 万円
    【良い点】
    残業代は100%もらえます。勤務管理システムや監視機構があるのでサービス残業は無いと思います。
    また、徐々にではありますが年収は上がります。
    マネージャークラスになると四桁の人もいるそうです。
    マネージメント重視の会社なので、年収をあげるにはマネージメント力を鍛えるのが近道。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    良くも悪くも年功序列の体質が残っています。
    仕事量や貢献度を適正に評価して差別化を図れると良い。
  • 570 万円
    東京都 30歳 男性 2014年頃
    かつては福利厚生が充実しており、住宅補助手当等がかなりの額年収に上乗せされていたが、最近の福利厚生の削減によりこれらの手当は減額された。それを差し引いてもメーカーの中では給与水準は高い方だと思う。評価制度は成果系の評価とプロセス系の評価を別々に評価され、その評価結果によって昇給額や昇格の資格が得られるかどうかが決まる。制度としては実力主義を謳っているが、現場の運用としては滞留年数が長い人の評価を良くして昇格を促すなど、年功序列の文化が色濃く残っている。
  • 550 万円
    【良い点】
    特に大きな問題を起こさない限り、給料が下がることはない。
    業績が悪くても賞与は年々上がっている。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    仕事ができる人でも、できない人とあまり給料に差がない。
    30を超えてからは給料が上がりやすくなるらしい。
    若いうちは残業時間により給料に差が出ている。
    情報処理取得を必須としているが、ベンダー資格と異なり補助がでない。
  • 550 万円
    東京都 28歳 男性 2015年頃
    【良い点】
    残業代はきっちり払ってくれるので、働けば働いた分だけ返ってきます。年齢の割に多い年収に達することはできます。
    ボーナスについては3〜4人月ほど支給されており、その点は良いです。
    【気になること・改善したほうがいい点】
    業界全体に言えることと思いますが、仕事は急な依頼も多く、残業するのが基本となってしまっています。
    評価制度は甘く、実力値よりも年功序列の感じがあります。
無料会員登録 転職会議に投稿された全ての年収情報をチェックしよう