ゼオンメディカル株式会社/新しい診断・治療デバイス開発担当【★注力事業★】

  1. ゼオンメディカル株式会社/新しい診断・治療デバイス開発担当【★注力事業★】
求人情報
年収 500万円〜850万円

応募は終了しました

提携求人サイトでの応募となります

ゼオンメディカル株式会社

  • 設立 1989/05
  • 従業員数 176 人
  • 売上高 660 百万円
クチコミを閲覧する

新しい診断・治療デバイス開発担当【★注力事業★】

種別
正社員
職種
研究・開発(医薬)

~国内で製品の開発から販売まで一貫して行っている数少ない医療機器メーカーです~

~国内で製品の開発から販売まで一貫して行っている数少ない医療機器メーカーです~
【★東証一部上場の日本ゼオンの100%子会社★】【★グループ注力事業★】【★新しいコンセプトの製品開発をお任せします★】

もっと見る

応募は終了しました

詳しい求人内容
募集職種 新しい診断・治療デバイス開発担当【★注力事業★】
仕事内容 ◎当社が開発を進める、がん領域における新コンセプトの医療機器(循環器、消化器)の開発をお任せ致します。
※ミッションは求人票下記に記載しております※

【具体的には】
■がん細胞の出現から増殖にいたる細胞および組織の動態
■既存のがんの治療法、既存抗がん剤の作用機序の把握
■副作用のリサーチなど

【募集背景】
増員になります。
これまで、医療機器を用いた、がんの診断・治療は外科手術による切除が主流でしたが、今後はより患者の負担が少ない、内視鏡などをもちいた治療法が拡大していくことが予想されております。それと同時に、投薬によるがん治療も、全身への投与ではなく、局所投与による治療のニーズが高まることが考えられ、同社も力をいれるべくの増員になります。
雇用形態 正社員
応募資格 【必須要件】
 ■理系大学院修士以上の学位をお持ちの方
  生物科学、薬学、医学、農学など
 ■製薬メーカー・大学・研究所などで
  オンコロジー領域での研究のご経験(目安:3年以上)

【歓迎要件】
 ▼医療機器開経験、特に内視鏡に関する知識
 ▼英語力

【組織構成】
5名 上長40代前半 メンバーは全員、機械系出身になります。
勤務地 富山県 高岡市江尻351
給与 月給制
モデル年収 上記年収は賞与5ヵ月分が含まれます。
待遇・福利厚生 住宅手当(独身:40000円/月、既婚:80000円/月)、家族手当(配偶者:15000円、子供:7000円/1人 高校生まで/月)、出張手当、財形貯蓄、通勤手当、残業手当、退職金制度
勤務時間 09:00 ~ 17:30
休日・休暇 年間休日日数: 125日 完全週休二日(土日)
祝祭日、慶弔休暇、夏季休暇、年末年始休暇
もっと見る

応募は終了しました

応募方法
応募方法 この求人は採用企業からパソナ パソナキャリアカンパニーがお預かりしている求人情報です。
(1)ご応募には転職支援サービスへのご登録が必要です。
(2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。
(3)求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人へ最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。
(4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当するパソナ パソナキャリアカンパニーの案件担当から行います。
※ご経験やご経歴などから、この求人情報へのご応募がいただけない場合があります。あらかじめご了承ください。
掲載開始日 2016/09/29
掲載終了日 2017/01/26
※採用状況により、掲載終了日前に募集が締め切られる場合もございます。
もっと見る

応募は終了しました

この会社について
会社名 ゼオンメディカル株式会社
設立日 1989/05
資本金 452 百万円
従業員数 176 人
売上高 660 百万円
URL http://www.zeonmedical.co.jp/
事業内容 【国産医療機器メーカー】
■各医療機器(心臓・循環器系、消化器系、栄養系)の研究開発、製造、販売
【代表製品】
IABPバルーンカテーテル、PTCAバルーンカテーテル、バイポーラスネア、胆管ステント、クラッシャーカテーテル
※世界で初めて、補助人工心臓を開発・販売を行いました。
【日本ゼオン(株)】
 特殊ゴム世界NO.1、携帯電話カメラレンズ用プラスチックガラスシェア90%の東証1部上場素材・化学メーカー
■社員数:連結 3,163名、単体 1,606名 
■資本金:242億11百万円 
■売上高:3075億24百万円(連結)
事業所 東京都 港区芝公園2-4-1芝パークビルB館7階
会社特徴 ★★★医療機器の開発から販売まで一貫して行っている数少ない国内メーカーです★★★

【★ゼオングループの中で第3の柱として注力されている企業です★】
 同社は、高分子化学メーカーの日本ゼオン(株)の関連会社として、1990年1月1日に営業を開始致しました。日本ゼオン(株)は、自社固有技術の複合による新素材、特に生体適合材料の活用による医療器材の開発を続けていました。
 その背景もあり「補助人工心臓」は1990年1月、厚生省(当時)の製造承認を得たものであり、世界初になります。1996年7月には、輸出及び研究・開発・製造部門の運営を日本ゼオン(株)から当社に移管し、名実ともに医療器材メーカーとしての一貫体制を整えました。

【★素材力を活かした製品開発★】
親会社である日本ゼオンは東証一部上場している素材・化学メーカーです。同社にも日本ゼオンから出向している研究者も多く、その高い素材・化学の知識やノウハウを用いて新製品を開発しております。昨年より、国内で3社のみしか取り扱っていない医療機器製品の販売などの販売も力を入れております。
もっと見る

応募は終了しました

応募に関するよくあるご質問

  • Q

    登録作業は時間がかかりますか?

    A

    各項目に回答頂き、最短3~4分で完了します!

  • Q

    気になる程度で応募するのは、企業に失礼でしょうか?

    A

    企業の担当者としても多くの方と接点を持てる事は嬉しい事なので、少しでも気になったなら気軽に応募してみましょう!

  • Q

    他の人は何社くらい応募をしているのですか?

    A

    人それぞれですが、内定を獲得している人は平均6~10社くらい応募しています。複数の企業を比較検討する事でより良い転職になるようです。