アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社/テクニカルサポート◆AWS経験は不問!インフラ・開発SEからの転身を歓迎◆年俸600~1500万円

  1. アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社/テクニカルサポート◆AWS経験は不問!インフラ・開発SEからの転身を歓迎◆年俸600~1500万円

応募は終了しました

提携求人サイトでの応募となります

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

  • 設立 2009年8月
  • 従業員数 --
  • 売上高 --
クチコミを閲覧する

テクニカルサポート◆AWS経験は不問!インフラ・開発SEからの転身を歓迎◆年俸600~1500万円

未経験者歓迎
種別
正社員
職種
テクニカルサポート
こちらの求人は、『未経験者歓迎』の求人です。

AWSだから、お客様対応だけでなく最先端技術を追求できる。
テクニカルサポートの常識は、ここで変わる。

テクニカルサポートのイメージは、お客様対応に追われ、
次々と問い合わせやクレームに回答する仕事だと思っていませんか?

「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」のテクニカルサポートは、まったく違います。

◆お客様の課題解決の“その先”を目指し、技術を追求&提案もできる◆
私たちが目指しているのは、お客様の問い合わせに対して
「こうすれば直ります」という端的な回答を出すのとは異なり、
今後お客様により効果的にサービスを利用していただけたり、
サポートを受けた結果、付加価値を感じていただけたりすること。

そのために、トラブルの原因究明はもちろん、
最先端技術を駆使したAWSのさまざまな可能性や機能を調査・検証し、
回答+αの提案やアドバイスまで対応できるよう、
緊急の問い合わせでない限りは、ある程度時間をかけてサポートしているのです。

◆めまぐるしく進化する最先端技術の最前線で活躍できる◆
今や世界中の大企業やスタートアップ企業で利用されているAWSですが、
お客様に常に最良のサービスをお届けするため、
アップデートや新サービスの追加を頻繁に行っています。
そんなAWSの最新版に自由に触れることができるうえ、
いち早く問題点やその解決策を発見できるのは、この仕事ならではの特権です。

また、サポートのメンバーには、オープンソースの開発者や技術書の執筆者をはじめ、
専門領域や豊富な知識を持ったギークなエンジニアが多数いるため、
技術共有をしながら解決策を練ることも可能。
さらに、海外のAWS開発チームとやりとりをするチャンスもあり、
世界基準のエンジニアと接しながら、サービスの核心に迫ることもできます。

あなたのキャリアや経験をさらに突き詰められる
AWSのテクニカルサポートで、次のステージへの扉を開きませんか?

もっと見る

応募は終了しました

詳しい求人内容
募集職種 テクニカルサポート◆AWS経験は不問!インフラ・開発SEからの転身を歓迎◆年俸600~1500万円
仕事内容 当社のテクニカルサポートであるクラウドサポートエンジニアとして、
AWSを利用するお客様へのテクニカルコンサルテーションおよびサポートをお任せします。

利用方法の問い合わせや技術的な質問に対応し、
お客様の課題を解決するとともにAWSの価値を高めていただきます。

【具体的には】
◎お客様からの問い合わせや障害があった際の連絡窓口、およびトラブルシューティング対応
◎プロセス改善やカスタマーエクスペリエンスの向上を企画・実施
◎お客様がどのようにAWSを利用しているのかを把握し、その情報をAWS開発チームにフィードバック
雇用形態 正社員
応募資格 【職歴・スキルなどの必須条件】
≪AWS経験やサポート経験は不問!技術への好奇心が旺盛な方は大歓迎≫
■フルスタックエンジニアを目指したい方
■以下の経験・スキルのいずれかをお持ちの方
・ネットワーキング(DNS、TCP/IP、SSL、DHCP、ロードバランシング)
・システムアドミニストレーション(Linux/UNIXまたはWindows)
・DBの管理(MS SQL Server、ORACLE DB、MySQL、PostgreSQL)
・プログラミング(Java、Perl、Ruby、C#、PHP)
・ウェブサービス(REST、SOAP、WSDL、XML)
・モバイルサービス(バックエンド)
■学歴不問

上記は一例ですので、当てはまらない方もぜひご応募ください!
AWSでは豊富なサービスを提供しており、あなたの経験が活かせます。
【歓迎する職歴・スキル・志向】
□英語力をお持ちの方(読解・筆記ができればOK)
□PMやITコンサルタント、セールスエンジニアとしてお客様対応をしていた経験をお持ちの方
勤務地 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー
★希望者には、将来的にシアトル、ダブリン、シドニーなどの海外拠点で活躍できるチャンスがあります。

<アクセス>
JR・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「目黒駅」より行人坂を下って徒歩5分(目黒雅叙園となり)
給与 【入社後の想定給与】
年俸600万円~1500万円
※経験・能力を考慮し、優遇いたします。
待遇・福利厚生 ◆年1回業務評価による査定あり
◆社会保険完備
◆交通費支給(月5万円まで)
◆団体生命保険
◆確定拠出年金
◆研修制度(入社後3ヶ月間の研修あり)
◆社内公募制度
◆社内割引制度
◆会員制福利厚生プログラム
◆英会話補助
◆在宅勤務制度
◆RSU・譲渡制限付自社株取得権制度
(入社時に加え、入社後も業績や活躍に応じてAmazon.com株を付与)
【産休・育休取得状況】
産休・育休の取得・復帰実績が多数あり、男性の育休取得実績もあります。
勤務時間 シフト制/7:00~23:00(実働8時間)
※深夜勤務はありません。深夜時間帯はシアトルスタッフが対応します。
※勤務時間例/9:00~18:00
※状況に応じて、在宅勤務の相談も可能です。
【残業について】
緊急の対応がなければ、基本的に残業はほとんどありません。
自身のスキルアップや調査・検証の深堀りのために残業している人はいます。
休日・休暇 ☆年間休日120日
◆4週8休(交替制)
◆有給休暇(初年度最大14日)
◆慶弔休暇
◆パーソナル休暇(年間最大5日)
◆産前産後休暇
◆育児休暇
教育 【身につくスキル】
最先端技術や経験のない技術領域に日々挑戦できるチャンスが豊富にあるため、
あらゆる課題に対応できるマルチスキルを身に付けることができます。
また、多彩なキャリアパスの中から、志向に合ったキャリアも描けます。

【キャリアパス(一例)】
・シニアエンジニアとして技術を追求するスペシャリスト
・AWSの製品・サービス開発部門への異動
・海外拠点への異動
・アマゾン本体の仕組みを支える他部門への異動 など
【入社後のサポート】
入社後はまず、AWSについてのトレーニングを約3ヶ月間にわたって行います。
その後も、専門技術を持ったエンジニアが講師となって情報共有やノウハウを紹介する
「ブラウンバッグセッション」という勉強会を月2~3回開催していたり、
自己研さんのために月1日自由に使うことができる「デベロップメントデイ」という制度を活用できるので、
意欲次第でスキルをどんどん習得していくことが可能です。
この仕事の魅力は? ★単に問い合わせに回答するだけではないやりがい
効率を優先して対応数を増やすのではなく、一つ一つのお客様の課題を根本的に解決することを重視しているため、
急を要する課題でない場合は、しっかりと時間をかけて原因究明から今後の利用法の提案・コンサルティングまで行います。
AWSに付加価値をもたらすことができるのは、この仕事ならではのやりがいです。

★最先端技術に常に触れられる環境
日々アップデートが進んでいるAWSの最前線で活躍できるのは、大きな魅力。
大企業のお客様が利用しているAWSの運用時の問題を解決することで、
最新かつ最良の解決策を自ら発見できるのも、エンジニアの知的好奇心をくすぐります。
どんな経験・スキルが活かせる仕事? AWSの経験やサポートの経験は一切不問。
ネットワーキングやシステムアドミニストレーション、
データベース、プログラミング、ウェブサービスといった分野の中で、
何か得意分野がある方や幅広い領域での豊富な知識をお持ちの方は、その強みや知識が活かせます。
大切なのは、これからも技術を習得したいという意欲や好奇心です。
手掛ける商品・サービスは? 【具体的には?】
サポート業務を担当していただく「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」は、70以上のサービスを提供しており、
2015年だけでも722回のアップデートや新サービスの発表を行ってきました。
こうした規模感・スピード感を肌で感じながら、最先端技術を積極的にキャッチアップしていってください。
過去の採用例 大手通信会社でプロバイダの構築をしていた人やゲーム開発会社でアプリ開発をしていた人、
映像配信企業でネットワークを構築していた人、大手企業でビッグデータの分析・管理をしていた人など、
さまざまな経歴を持ったエンジニアが集まっています。
中には、有名なオープンソースの開発者や技術書の執筆者も!
募集背景 世界中で選ばれているクラウド「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」のニーズ拡大に伴い、
2011年3月、グローバルで5ヶ所目となるデータセンター「東京リージョン」を設立し、
日本のお客様に向けたサポートを本格的にスタート。
その後も利用企業が増え続けているため、クラウドサポートエンジニアの増員を行います。
取材メモ リリースから約10年にして世界を席巻する勢いで利用者を拡大しているAWS。日本でのさらなるサービス拡大を担っているのが、アマゾン ウェブ サービス ジャパンだ。
同社のクラウドサポートエンジニア(テクニカルサポート)の話を伺って感じたのは、一般的に想像されがちなお客様対応のサポート業務とは一線を画しているということ。回答数を優先する“質より量”ではなく、ユーザビリティ向上やサービス拡大を見据えた“圧倒的な質(精度)”をもって対応しているのだ。そのプロセスは、用意された答えに甘んじるのではなく、自分で調査・検証し、最適な答えや新たな活用法を発見するというもの。しかも、そのフィールドはまさに世界最先端と言っても過言ではないのだから、技術が好きで仕方がないエンジニアにとって、これ以上の環境はないだろう。
テクニカルサポートの常識が覆る瞬間を、実際に肌で感じてもらいたい。
フリー記事1 【入社時にはAWSの経験・知識がなくてもかまいません】
この仕事で大切なのは、技術への好奇心・探究心があり、ホスピタリティを持ってお客様の課題解決や新たな提案ができること。技術面で言えば、ネットワークやデータベース、プログラミングなどのあらゆる分野で何かに特化しているスペシャリストの方でも、幅広い知識を持っているゼネラリストの方でも、いずれも歓迎です。AWSには膨大なサービスがあるので、あなたの得意分野が必ずどこかで活かせるのです。入社後3ヶ月はAWSについてのトレーニングを行いますし、サービスの最前線でいち早く新機能などに触れられるのも、エンジニアにとっては大きな魅力だと思います。一緒にサービスを展開しながら、お客様のビジネスに貢献していきましょう!
フリー記事2 【想像していたテクニカルサポートとはまったく違いました】
前職は大手通信会社でプロバイダの構築から運用まで幅広く携わっていましたが、「違う領域にもチャレンジしたい」と思った時に当社に出会いました。しかし、当初はテクニカルサポートに定型的な業務のイメージを抱いていたので、不安でしたね。実際にやってみて感じたのは、AWSにはさまざまなサービスや使い方があり、お客様のニーズに合わせて調査・検証をする領域が限りなく広がっているということ。日々未知の領域にチャレンジできたり、新たな解決策を発見できたり、定型的どころか刺激に満ちた仕事だったんです。周囲のサポートエンジニアや開発チームとの接点が多く、ノウハウも蓄積できるので、スキルアップにも最適な環境だと思います。
もっと見る

応募は終了しました

応募方法
選考プロセス プロセス1:Web応募書類による書類選考+オンラインテスト
プロセス2:選考(複数回)
プロセス3:内定
【@type】の専用応募フォームからご応募ください。
※応募の秘密厳守します
※応募書類はご返却できませんので、予めご了承ください
※面接日、入社日はご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください
※結果については合否に関わらずご連絡いたします

====================
★会社説明会を開催中!★
ご希望の方は会社説明会にご参加ください。

■会場
アマゾン ウェブ サービス ジャパン 目黒オフィス

■日時
・11月30日(水)19:30~
・12月10日(土)10:00~
・12月15日(木)19:30~
※所要時間1時間半

■タイムテーブル
<午前開催>
9:30~ 受付開始
10:00~ ポジション概要説明
11:00~11:30 Q&A

<午後開催>
19:00~ 受付開始
19:30~ ポジション概要説明
20:30~21:00 Q&A
掲載開始日 2016/11/29
掲載終了日 2016/12/26
※採用状況により、掲載終了日前に募集が締め切られる場合もございます。
もっと見る

応募は終了しました

この会社について
会社名 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
設立日 2009年8月
代表者 代表取締役社長 長崎 忠雄
URL https://aws.amazon.com/jp/
事業内容 ■AWSのマーケティング・サポートサービスの提供
世界190ヶ国で100万以上、日本国内で数万のお客様を支援しているクラウド
「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」の日本での展開拡大、サポート向上を担っています。
事業所 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー
もっと見る

応募は終了しました

応募に関するよくあるご質問

  • Q

    登録作業は時間がかかりますか?

    A

    各項目に回答頂き、最短3~4分で完了します!

  • Q

    気になる程度で応募するのは、企業に失礼でしょうか?

    A

    企業の担当者としても多くの方と接点を持てる事は嬉しい事なので、少しでも気になったなら気軽に応募してみましょう!

  • Q

    他の人は何社くらい応募をしているのですか?

    A

    人それぞれですが、内定を獲得している人は平均6~10社くらい応募しています。複数の企業を比較検討する事でより良い転職になるようです。