株式会社本田技術研究所/ボディ材料・接合要素技術開発

  1. 株式会社本田技術研究所/ボディ材料・接合要素技術開発
求人情報

応募は終了しました

提携求人サイトでの応募となります

株式会社本田技術研究所

  • 設立 1960/07
  • 従業員数 13000 人
  • 売上高 602308 百万円
クチコミを閲覧する

ボディ材料・接合要素技術開発

種別
正社員
職種
研究・開発(機械)

☆★世界の「HONDA」の研究開発部門★☆

☆★世界の「HONDA」の研究開発部門★☆
●世の中の事故をなくしたい●世界初の技術を創り出し世の中に貢献したい●クルマを通し、お客様に新たな価値を提供したい

もっと見る

応募は終了しました

詳しい求人内容
募集職種 ボディ材料・接合要素技術開発
仕事内容 ボディ材料・接合要素技術(SPR、FEW、FSW、クリンチ等)開発
※ご経験/スキル/志向に合わせ詳細業務を決定します
将来の軽量マルチマテリアル車体を想定した新材料を効率よく接合するための
●超ハイテンや高耐力アルミなどの高強度材料の接合技術開発
●鉄とアルミやCFRPなどの異種材料の接合(異材接合)技術開発
●海外R&Dおよび購買部門、国内外のサプライヤと連携した開発戦略の立案と
開発計画の策定および実行
●実際の接合強度評価と生産ライン適用における課題の抽出と対応手法の創出
※全体の接合戦略を作りながら、 新しい接合手法の開発を行うため
デザインやパッケージを検討する初期段階から開発業務に携わることができる環境です。
※将来的には、接合技術を軸に上記領域でのマネジメントやボディ材料の開発、
シャーシ領域の材料開発など様々な領域で
四輪の研究開発を牽引いただくことを期待しています。
【開発ツール】・LS-DYNA、ABAQUS、NASTRAN
雇用形態 正社員
応募資格 【必須要件】
●接合技術(SRP、FEW、FSW、クリンチ工法等)に関する知識・経験をお持ちの方

【歓迎要件】
●CAEスキル(構造/衝撃解析 等)
●接合機器/自動車/航空機/鉄道車両メーカー等での開発実務経験
●英語でのコミュニケーション能力
勤務地 栃木県 本田技術研究所 四輪R&Dセンター(栃木)
給与 月給制
モデル年収 25歳:510万、30歳:570万、33歳:710万(残業30h込み)
前年度賞与額5.9ヶ月
待遇・福利厚生 社宅制度有:規定内の方は3年(最長5年)、通勤手当、住宅手当、残業手当、退職金制度、寮社宅
勤務時間 08:30 ~ 17:30
休日・休暇 年間休日日数: 121日 その他
完全週休2日制(土・日 ※祝日のある週は土曜日出勤の場合有)、GW、夏季、年末年始、有給、特別休暇 【有給消化率100%】
もっと見る

応募は終了しました

応募方法
応募方法 この求人は採用企業からパソナ パソナキャリアカンパニーがお預かりしている求人情報です。
(1)ご応募には転職支援サービスへのご登録が必要です。
(2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。
(3)求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人へ最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。
(4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当するパソナ パソナキャリアカンパニーの案件担当から行います。
※ご経験やご経歴などから、この求人情報へのご応募がいただけない場合があります。あらかじめご了承ください。
掲載開始日 2016/08/02
掲載終了日 2017/01/29
※採用状況により、掲載終了日前に募集が締め切られる場合もございます。
もっと見る

応募は終了しました

この会社について
会社名 株式会社本田技術研究所
設立日 1960/07
資本金 7400 百万円
従業員数 13000 人
売上高 602308 百万円
URL http://www.honda.co.jp/RandD/
事業内容 ■二輪・四輪・航空機等に関わる研究開発及びデザイン
★二輪は朝霞研究所、四輪・航空機は和光
研究所、その他(燃料電池など)が栃木研究所
★売上高前年比2.4%増。
4期連続過去最高になっています。
海外市場でのニーズが高まっているのが要因。特に、中国などアジアでの持分利益が利益を上回ったためです。


★2500万人のお客様と繋がっています。
◎2013年度実績、2輪車:1549万台(世界TOPシェア)、4輪車:401万台、汎用機器:607万台
◎2016年には3900万台達成を目指し、新たなチャレンジをし続けています!!
事業所 埼玉県 和光市中央1丁目4-1和光研究所
会社特徴 どうなるかじゃない どうするかだ。「存在を期待される企業」を目指しています!
*****************************************************************************
★1960年に本田技研工業の研究開発部門として分離独立★
■四輪・二輪・レース・汎用製品、すべての技術・製品の研究開発を行なっています。
■創業者・本田宗一郎氏のモノ作りへのロマン、人間への情愛、そしてHondaの企業哲学である 「Honda・フィロソフィー」は、現在の開発現場にも脈々と受け継がれているのです。より素晴しいクルマを開発しようという情熱を育むべく、Honda R&Dの開発現場には、『技術の前では平等』、提案制度、一件一人主義など、エンジニアのモチベーションと潜在能力を十二分に引き出す風土と仕組みとが徹底されています。
■「最も安全な車」として、トヨタ車(ラウム、Wish、Harrier、プロボックスバン)と共にホンダ車では、【Inspire】【オデッセイ】が受賞。助手席・運転席共に6つ星車は国内でも7台のみ。
【待遇】
■本田技研工業、本田技術研究所、ホンダエンジニアリング、ホンダアクセスは同一の労働協約を適用し、労働条件は同一となっています。
【社風】
■HONDAグループは社員を尊重する社風です。ON/OFFがはっきりしており、メリハリを持って職務に当たれる環境です。
もっと見る

応募は終了しました

応募に関するよくあるご質問

  • Q

    登録作業は時間がかかりますか?

    A

    各項目に回答頂き、最短3~4分で完了します!

  • Q

    気になる程度で応募するのは、企業に失礼でしょうか?

    A

    企業の担当者としても多くの方と接点を持てる事は嬉しい事なので、少しでも気になったなら気軽に応募してみましょう!

  • Q

    他の人は何社くらい応募をしているのですか?

    A

    人それぞれですが、内定を獲得している人は平均6~10社くらい応募しています。複数の企業を比較検討する事でより良い転職になるようです。