自然科学研究機構分子科学研究所の入社理由/入社後の印象・ギャップ(全1件)

  1. 【良い点】入った理由の一つとして人間関係を重視したため、学術機関なら自分の性格と合うのではないかと考えました。想像通りに人間関係は良好です。所内の人数の比率は研究者と職...
3.4
クチコミ投稿数:6
愛知県岡崎市
/ 団体・連合会・官公庁
TOP
評判
4
年収
2
面接
--
求人情報
--

「企業のクチコミ」が無料で見られます!会員登録(無料)

自然科学研究機構分子科学研究所の関連情報まとめ

入社理由、入社後に感じたギャップのクチコミ

回答者
非正社員
30代前半
男性
5年前
団体職員
該当時期
5年前
【良い点】
入った理由の一つとして人間関係を重視したため、学術機関なら自分の性格と合うのではないかと考えました。想像通りに人間関係は良好です。所内の人数の比率は研究者と職員(技術と事務)で半々ぐらい。どの方も穏やかな人柄で、知的水準が高いためかコミュニケーションをとっていてものみこみがとても早い。複雑なロジックもすぐに理解しますので、仕事はやりやすいと感じました。男女比では、組織の性質上やはり男性が多いですが、福利厚生面では公務員並みですし、女性でも働きやすそうに感じました。また、所内には海外からの研究者や留学生が在籍しています(施設利用や学会参加のための訪問もあり)。英語が出来ると役立ちます。
【気になること・改善したほうがいい点】
所内の雰囲気として、裁量労働制の研究者が多いためかあまりあくせく仕事をする空気がなく自由な感じです。ただし、自由である反面で自分で何をすべきかわかっていないと困ってしまうかもしれません。過去、研究者の中にはそれでノイローゼになった方もいたとか。なのでポジションを築くにはある程度主体的に動く必要があります。
投稿 ID:ans-2244134 クチコミ詳細
このクチコミは参考になりましたか? はい いいえ

自然科学研究機構分子科学研究所のクチコミなら転職会議