グーグル合同会社の転職/採用/求人のクチコミ(全352件)

  1. グーグル合同会社の転職/採用/求人
TOP
評判
294件
年収
45件
面接
13件

「企業のクチコミ」が無料で見られます!会員登録(無料)

総合評価 5.0 / 5.0 (245人)

仕事が多い 仕事が少ない
実力主義 年功序列
トップダウン ボトムアップ
チーム重視 個人重視
長く働ける 40% 英語使う 86%

評判や社風 / グーグル合同会社

経営企画
20代後半
【良い点】 アイデアに溢れた環境で面白い。 仕事のあり方について考えさせられるよ... (全176文字)
法人営業
20代後半
【良い点】 様々なプロジェクトが同時進行で進んでおり、自分でやりたいプロジェクト... (全179文字)

年収の事例 / グーグル合同会社

法人営業
250万円
非正社員
【良い点】 人がいいです。まだまだ成長途中の企業ですが全員が一致団結して働き上を... (全351文字)
一般事務
500万円
30代前半 非正社員
【良い点】 人も環境も抜群で、働く環境としては最高でした。嫌な人、もほとんどいな... (全195文字)

面接の事例 / グーグル合同会社

法人営業
Q1. 貴方はどんな価値を提供してくれるのか
Q2. 貴方ができないことができるようにするために会社は何を提供すればよいのか
WEBプロデューサー・WEBディレクター
Q1. コードを書いてください
Q2. コードはかけましたか

会社概要 / グーグル合同会社

会社名
グーグル合同会社
フリガナ
グ-グル
本社所在地
東京都港区
電話番号
03-6384-9000
FAX
03-6384-9001
業界
WEB・インターネット
もっと詳しく▼

グーグル株式会社

グーグル株式会社は、誰でも知っている世界的に有名な企業である。グーグル株式会社の設立は、1998年9月7日である。
グーグルが誕生したきっかけとなったのは、スタンフォード大学においてのラリー・ペイジとセルゲイ・ベリンの出会いであった。意気投合したふたりは、スタンフォード大学でウェブページの検索エンジンとして「BackRub」というシステムを開発する。現在のグーグルの検索エンジンの原型である。「BackRub」の開発の成功は、グーグル創業のきっかけとなった。1998年9月7日に、友人であったインテル社のスーザン・ウォジスキの自宅のガレージを借りて、正式にグーグルを創業することになった。
現在のグーグル株式会社の本社所在地は、アメリカのカルフォルニア州マウンテンビューアンフィシアターパークウェイ1600番である
グーグル株式会社の主要事業は、検索エンジン、クラウドコンピューティングおよびソフトウェア、オンライン広告などのWEB上のあらゆるサービスを多岐にわたり提供している。現在のCEOは、創業者のひとりであるラリー・ペイジである。会長は、ウェンディ・シュミットで、グーグル株式会社の最高責任者としての役割を果たしている。
グーグル日本法人の設立は2001年8月で、初代の日本人社長は村上憲郎(ムラカミノリオ)である。村上憲郎が2008年12月に退任した後は、辻野晃一郎(ツジノコウイチロウ)が後を引き継いだ。村上憲郎は、2009年1月にグーグル株式会社日本法人の名誉会長に就任している。
辻野晃一郎がグーグルを退社した2010年4月をもって、グーグル日本法人の社長職は事実上廃止されることになった。2010年にグーグル株式会社の代表取締役に就任したのは、有野誠(ありのまこと)である。
グーグル日本法人のグーグル株式会社の東京オフィスの所在地は、東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワーである。

グーグル株式会社のビジョン

世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること

グーグル株式会社のビジョンは「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」である。
非公式なビジョンとしては「Don't be evil(邪悪になるな)」が知られている。
このビジョンに従って、グーグル独自のプログラムが世界中を駆け巡っている。あらゆる情報を集めて整理するという目的を持って、デバイスやコンテンツにとらわれることなく個人個人にあった検索を目指している。

グーグル株式会社の沿革

  • 1998年9月: カルフォルニア州メンローパークの友人のガレージで創業開始。創業資金はアンディ・ベクトルシャイムから10万ドルの援助を受ける
  • 2000年6月: グーグルがYahoo!のサーチエンジンに採用
  • 2000年10月: WEBページの広告主に対する課金広告サービス「アドワーズ」を開始
  • 2001年8月: 日本法人「グーグル株式会社」を設立
  • 2003年1月: Appleと提携を結び、Safariの標準検索エンジンとなる
  • 2003年2月: Pyro Networksを買収し、Bloggerを獲得
  • 2003年4月: 日本法人「グーグル株式会社」の代表取締役に村上憲郎が就任
  • 2003年10月: gooと検索エンジンの提携
  • 2004年4月: Gmailサービスの開始
  • 2004年2月: Yahoo!とのサーチエンジン契約終了
  • 2004年7月: Picasaを買収
  • 2004年8月: NASDAQで株式公開
  • 2004年10月: Keyhole社を買収した後、Keyholeの技術を使ってGoogleマップ、Google Earthを公開
  • 2005年3月: Urchinを買収した後、Google Analyticsを公開
  • 2006年5月: KDDI社と提携
  • 2006年10月: You Tube社の買収を発表。買収金額は16億5000万ドル。
  • 2007年4月: ダブルクリック社を買収。買収金額は31億ドル。
  • 2008年1月: NTTドコモと提携
  • 2008年1月: 日本法人「グーグル株式会社」の代表取締役の村上憲郎が退任
  • 2009年1月: 日本法人「グーグル株式会社」の代表取締役に辻野晃一郎が就任
  • 2009年1月: Googleビデオを含む6つのサービスを終了、
  • 2010年2月: Google Buzzを発表
  • 2010年2月: Google Fiberを発表
  • 2010年4月: 日本法人「グーグル株式会社」の代表取締役の辻野晃一郎が退任。以降社長職が廃止となる。
  • 2010年5月: Global IP Solutionsの買収を発表
  • 2010年5月: Google テレビを発表
  • 2010年10月: Google dirverless carを発表
  • 2010年10月: Zetawire社を買収
  • 2011年1月: SayNow社を買収した後、Googleボイスと統合
  • 2011年1月: fflick社を買収した後、You Tubeと統合
  • 2011年4月: You Tube Liveを発表
  • 2011年5月: Google Musicを発表
  • 2011年6月: Google+を発表
  • 2011年8月: モトローラ・モビリティを買収
  • 2012年3月: Googleプレイを発表
  • 2012年4月: Google Glassを発表
  • 2013年6月: Project Loonを発表
  • 2013年9月: Mooc.orgを発表
  • 2013年9月: Calicoの設立を発表

グーグル株式会社の主要事業

インターネット検索エンジン「Google」

Googleは、世界中で利用されている検索エンジンである。グーグル株式会社の主要事業として知られている。
創業当時から守られている理念を基に、ユーザーが出来るだけ簡単に、なおかつ素早く必要な情報を手に入れる為に提供されている。グーグルの共同創始者であるラリー・ペイジが「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにピッタリ一致するものを返す検索エンジンである[1]」と言った言葉通り、グーグル株式会社は今もなお進化を続けている。
代表的なサービスとしては、インターネットの最新ブラウザ「Google chrome」や、地図検索システムの「Google Esrth」など数えきれないほど提供されている。
グーグル株式会社の主な収益源は、検索することで表示されるWEBページに掲載されている広告収入がほとんどを占めている。
グーグル株式会社は、法人向けソリューションの提供にも力を入れている。WEB上だけではなく、あらゆるビジネスを支援する多様なツールを提供している。特に、Googleの広告プログラムは、様々なスタイルがあり、企業の顧客獲得の支援や収益を得る手段として活用されている。また、ビジネス向けに開発したクラウドコンピューティングツールの提供を行い、企業の生産性の向上とコストの削減に貢献している。

グーグル株式会社の強み

現状に満足しない

グーグルが掲げる企業理念には「10の事実」と言われるリストが存在している。グーグルは、常に「10の事実」リストを見直し、事実であることを常に確認している。
この「10の事実」の最後のリストに、一番であることに満足しないということが記されている。現状に満足することなく、常に新しい目標を設定しているのだ。常に新しいことに向かう姿勢が、グーグル株式会社の原動力であり強みである。

グーグル株式会社の社風・労働環境

社内制度
20 percent time

グーグル株式会社の人事制度として「20 percent time」がある。グーグルで勤務する時間の内20%を、自分が希望するプロジェクトに割くことが義務付けられているのだ。グーグルは、この20%ルールによって、優秀な社員である技術者のインセンティブを維持する目的がある。常に新しい技術を求めているグーグルは、技術者による革新的なイノベーションを期待しているのである。
実際、この20%ルールによって「Gmail」は誕生した。

グーグル株式会社の著名人

辻野晃一郎
  • 1984年4月ソニー株式会社に入社。12006年3月ソニー株式会社を退社。
  • 2007年4月Googleに入社。2009年1月Google日本法人の代表取締役社長に就任
  • 2010年4月Googleを退社。2010年10月アレックス株式会社を設立し、代表取締役社長兼CEOに就任

脚注

関連まとめ / グーグル合同会社

新着クチコミ

仕事のやりがい、面白み
【良い点】 アイデアに溢れた環境で面白い。 仕事のあり方について考えさせられるような刺激的な社員、クリエイティブな社員も多く、前向きかつ貪欲に仕事にのめり込める環境であ... 続きを読む
年収、評価制度
【良い点】 人がいいです。まだまだ成長途中の企業ですが全員が一致団結して働き上を目指そうとする社風が好きでした。上司も部下も関係なく一致団結していました。誕生日のお祝い... 続きを読む
ワークライフバランス
【良い点】 様々なプロジェクトが同時進行で進んでおり、自分でやりたいプロジェクトをチョイスすることもできるので、能力次第で早期に実績を積み上げる事が可能。 【気になるこ... 続きを読む

グーグル合同会社の会社情報・転職・求人情報なら転職会議

「【良い点】人がいいです。まだまだ成長途中の企業ですが全員が一致団結して働き上を目指そうとする社風が好きでした。上司も部下も関係なく一致団結していました。誕生日のお祝いや達成会も頻繁にありコミュニケーションに力を入れていた印象があります。まだまだ成長途中の企業ですがこれから必ず伸びてくると思います。まだまだ伸び白はあると思います。【気になること・改善したほうがいい点】まだまだ成長途中の為整っていない制度などもあります。残業の時間や作業フロー、チェック体制、備品環境など今後整うところも多々あると思います。もう少し整えばもっと良い環境で働けると思います。まだまだこれからの企業なのでこれからいろいろと整っていくと思います。私は派遣での雇用でしたが、派遣社員にも優しい環境になればいいなと思います。」など、グーグル合同会社の転職・採用・求人のクチコミから、中途採用・就職情報まで、転職クチコミサイト『転職会議』ならグーグル合同会社社員のクチコミで幅広く調べられます。