リコーの転職/採用/求人のクチコミ(全1135件)

  1. 株式会社リコーの転職/採用/求人

株式会社リコー

同名企業あり

同名企業一覧

閉じる

3.6
クチコミ投稿数:1135
東京都中央区
会社概要をもっと詳しく
求人情報
49件
TOP
評判
926件
年収
166件
面接
43件

「企業のクチコミ」が無料で見られます!会員登録(無料)

総合評価 3.6 / 5.0 (241人)

仕事が多い 仕事が少ない
実力主義 年功序列
トップダウン ボトムアップ
チーム重視 個人重視
長く働ける 64% 英語使う 60%

評判や社風 / 株式会社リコー

Webマーケティング(SEO・SEM)
20代後半
【良い点】 基本的にホワイトである。 しかし残業は規制されている部署もあり。 【... (全181文字)
その他のマーケティング・企画関連職
50代前半
【良い点】 社内教育が充実しており、スキルアップの方法は提供されています。 キャ... (全187文字)

年収の事例 / 株式会社リコー

一般事務
350万円
20代後半 非正社員
【良い点】 教育、社内研修等の体制もしっかりしており、上司ににも恵まれていました... (全180文字)
知的財産・特許
850万円
40代後半 主任クラス
【良い点】 自由にいろいろと提案できる点。 ただし、採用されるか、評価されるか、... (全177文字)

面接の事例 / 株式会社リコー

研究・開発(機械)
Q1. シンプルに会社に何を貢献できるか?、後は現在に至るまでにどのような点に...
Q2. 今後、どのようなキャリアプランを考えているか?、募集職種について、どの...
財務
Q1. 5年後、10年後のビジョン
Q2. なぜ競合でなくリコーなのか。

会社概要 / 株式会社リコー

会社名
株式会社リコー
フリガナ
リコ-
英語表記
RICOH COMPANY,Ltd.
本社所在地
東京都中央区
電話番号
03-6278-2111
代表者名
桜井正光
業界
その他(メーカー/製造系)
資本金
135,000,000,000円
決算月
3月
従業員数
11943人
設立年月
1936年2月
上場区分
上場
証券コード
7752
上場市場
東証1部、 大証1部、 名証1部、 札幌、 福岡
上場年月日
1949年5月1日
もっと詳しく▼

株式会社リコー

株式会社リコーは、東京都中央区に本社を構え、情報化社会における商品・サービスを提供する企業である。
画像&ソリューション分野、産業分野およびその他分野の3分野において、開発、生産、販売、サービス等の活動を展開している。
資本金は1,353億円(2013年3月31日現在)、連結従業員数は107,431名(2013年3月31日現在)である。
代表取締役には三浦善司が、2013年4月1日に8代目として就任した。

株式会社リコーの経営理念

新しい価値の提供

株式会社リコーの経営理念は、以下である。
・私たちの使命
 人と情報のかかわりの中で、世の中の役立つ新しい価値を生み出し、提供し続ける。
・私たちの目標
 信頼と魅力の世界企業。
・私たちの行動指針
 自ら行動し、自ら創りだす(自主創造)。
 相手の立場にたって考え、行動する(お役立ち精神)。
 会社の発展と個人の幸福の一致をはかる(人間主体の経営)。

株式会社リコーの沿革

  • 1936年2月: 財団法人理化学研究所における発明、考案の工業化を目的とする理化学興業株式会社の感光紙部門を独立し、理研感光紙株式会社として設立。
  • 1938年3月: 商号を理研光学工業株式会社に変更し、光学機器の製造販売を開始。
  • 1949年5月: 東京および大阪両証券取引所市場に株式を公開。
  • 1961年10月: 東京および大阪両証券取引所市場第一部に上場。
  • 1962年6月: 静岡県沼津市で製紙工場の操業を開始し、原紙から感光紙の一貫生産を実施(現・沼津事業所)。
  • 1963年4月: 商号を株式会社リコーに変更。
  • 1981年3月: 大阪工場に電子部品を開発、製造する電子技術開発センターを新設(現・池田事業所)。
  • 1981年10月: パリ証券取引所(現・ユーロネクスト パリ証券市場)に上場。
  • 1982年5月: 福井県坂井市に感光紙製造工場を新設(現・福井工場)。
  • 1983年12月: 英国に現地法人RICOH UK PRODUCTS LTD.を設立。
  • 1985年10月: 静岡県御殿場市に複写機器製造工場を新設し、厚木事業所より複写機器製造の一部を移転。
  • 1986年4月: 神奈川県横浜市に創立50周年を機に研究所を新設し、大森事業所より研究開発部門の一部を移転(現・中央研究所)。
  • 1987年4月: 仏国に現地法人RICOH INDUSTRIE FRANCE S.A.を設立(現・RICOH INDUSTRIE FRANCE S.A.S.)。
  • 1989年4月: 兵庫県加東郡社町に電子部品製造工場を新設(現・やしろ工場)。
  • 1991年1月: 中国に現地法人RICOH ASIA INDUSTRY(SHENZHEN)LTD.を設立。
  • 1995年3月: 米国のOA機器販売会社SAVIN CORPORATIONを米国の現地法人RICOH AMERICAS CORPORATIONを通じて買収。
  • 1995年9月: 英国のOA機器販売会社GESTETNER HOLDINGS PLCを買収(現・RICOH EUROPE PLC)。
  • 1996年1月: リコーリース株式会社の株式を東京証券取引所市場第二部に上場(2001年3月、同所市場第一部に指定)。
  • 1996年12月: シンガポールに現地法人RICOH ASIA PACIFIC PTE LTD.を設立。
  • 1997年3月: 米国に現地法人RICOH SILICON VALLEY,INC.を設立(現・RICOH INNOVATIONS CORPORATION)。
  • 1999年8月: 香港のOA機器販売会社INCHCAPE NRG LTD.を香港の現地法人RICOH HONG KONG LTD.を通じて買収。
  • 2001年1月: 米国のOA機器販売会社LANIER WORLDWIDE,INC.を米国の現地法人RICOH AMERICAS CORPORATIONを通じて買収。
  • 2002年10月: 中国に現地法人RICOH CHINA CO.,LTD.を設立。
  • 2003年4月: 東北リコー株式会社を完全子会社化。
  • 2004年10月: 日立プリンティングソリューションズ株式会社を買収。
  • 2005年8月: 神奈川県海老名市にリコーテクノロジーセンターを開設し、開発部門を統合。
  • 2005年11月: 東京都中央区に本社事務所を移転。
  • 2007年1月: Danka Business Systems PLCの欧州におけるOA機器の販売・サービス網をオランダの現地法人RICOH EUROPE B.V.(現・RICOH EUROPE HOLDINGS B.V.)を通じて譲り受け。
  • 2007年6月: International Business Machines Corporation(IBM)との共同出資会社であるINFOPRINT SOLUTIONS COMPANY, LLC(現・RICOH PRODUCTION PRINT SOLUTIONS, LLC)が営業開始。
  • 2008年5月: タイに現地法人RICOH MANUFACTURING(THAILAND)Ltd.を設立。
  • 2008年8月: リコーエレメックス株式会社を完全子会社化。
  • 2008年10月: 米国のOA機器販売会社IKON Office Solutions,Inc.(現・RICOH USA, INC.)を米国の現地法人RICOH AMERICAS CORPORATIONを通じて買収。
  • 2010年7月: 株式会社リコーの販売事業部門および国内の販売会社7社を合併しリコージャパン株式会社を設立。
  • 2010年8月: リコーテクノロジーセンター(神奈川県海老名市)敷地内に新棟が完成。
  • 2011年10月: HOYA株式会社のPENTAXイメージング・システム事業を買収(現・ペンタックスリコーイメージング株式会社)。
  • 2013年4月: リコーテクノロジーズ株式会社へ、国内製造子会社および株式会社リコーの設計機能の一部を移管。リコーインダストリー株式会社へ、国内製造子会社および株式会社リコーの生産機能の一部を移管。

株式会社リコーの主要事業

画像&ソリューション

オフィス向けの画像機器である、デジタル複合機やプリンターなどの製品を中心に製造・販売を行っている。

株式会社リコーの強み

環境負荷を低減するための技術開発

樹脂フィルムを使用した洗浄技術である「ドライ洗浄技術」や、温暖化防止に寄与する材料であるバイオプラスチックを素材とする製品の実用化など、環境負荷を低減するための技術開発を行っている。

リコーデザイン

人々が共感を持つようなデザイン、利便性・文化性に富んだデザイン、また環境にやさしいデザインを目指して取り組んでおり、それらのデザインやが認められ数々の受賞実績がある。最近では、GOOD DESIGN AWARD 2013 BEST100にて「2013年度グッドデザイン賞」を受賞している。

株式会社リコーの社風・労働環境

社内制度
スキルアップ支援特別長期休暇制度

ビジネススキルアップのための進学などのための制度で、勤続3年以上の社員を対象としている。

株式会社リコーの関連会社

会社名 事業内容
リコー光学株式会社 光学機器製造
迫リコー株式会社 事務機器部品製造
東北リコー株式会社 事務機器及び消耗品の製造
リコープリンティングシステムズ株式会社 事務機器製造販売
リコーエレメックス株式会社 事務機器・精密機器の製造販売
リコーマイクロエレクトロニクス株式会社 事務機器部品製造
リコージャパン株式会社 事務機器販売
リコーテクノシステムズ株式会社 事務機器の保守、サービス・販売
リコーITソリューションズ株式会社 ネットワークシステムの開発・構築
リコーロジスティクス株式会社 物流および船積通関業務

株式会社リコーの著名人

市村 清
  • リコーを中心とする「リコー三愛グループ」の創始者。
  • 戦後、三愛主義をモットーに三愛商事、三愛石油を設立。本拠の理研光学でも、二眼レフカメラを発表。大衆カメラブームを巻き起こした。

株式会社リコー関連のTwitter・ブログ・Facebook

社員ブログ
社員Twitter
部署Twitter
社員Facebok
部署Facebok

関連まとめ / 株式会社リコー

新着クチコミ

スキルアップ、キャリア開発、教育体制
【良い点】 基本的にホワイトである。 しかし残業は規制されている部署もあり。 【気になること・改善したほうがいい点】 残業代があまり稼げない。 評価制度がしっかりしてお... 続きを読む
スキルアップ、キャリア開発、教育体制
【良い点】 社内教育が充実しており、スキルアップの方法は提供されています。 キャリアは、やる気次第で色々な経験をさせてもらえるので、キャリアアップの道は、豊富にがありま... 続きを読む
スキルアップ、キャリア開発、教育体制
【良い点】 私は中途入社なので新卒の教育体制がについては分からないが、基本は現場でのOJTが中心。プリンタやソフトウェア商材の社内研修は都度ある訳ではない。周りがフォロ... 続きを読む

株式会社リコーの会社情報・転職・求人情報なら転職会議

「【良い点】社内教育が充実しており、スキルアップの方法は提供されています。キャリアは、やる気次第で色々な経験をさせてもらえるので、キャリアアップの道は、豊富にがあります。外国語、特に英語が堪能の方は、どんな職場でも有利だと思います。また、学閥などはまったくないので公平にキャリアを築ける環境です。【気になること・改善したほうがいい点】外部の研修があまり活用できない。」など、リコーの転職・採用・求人のクチコミから、中途採用・就職情報まで、転職クチコミサイト『転職会議』ならリコー社員のクチコミで幅広く調べられます。