資生堂の転職/採用/求人のクチコミ(全1030件)

  1. 株式会社資生堂の転職/採用/求人

株式会社資生堂

同名企業あり

同名企業一覧

閉じる

4.7
クチコミ投稿数:1030
東京都中央区
会社概要をもっと詳しく
求人情報
TOP
評判
869件
年収
98件
面接
63件

「企業のクチコミ」が無料で見られます!会員登録(無料)

総合評価 4.7 / 5.0 (404人)

仕事が多い 仕事が少ない
実力主義 年功序列
トップダウン ボトムアップ
チーム重視 個人重視
長く働ける 88% 英語使う 31%

評判や社風 / 株式会社資生堂

その他ビューティー系関連職
【良い点】 社内販売で化粧品や日用品などが安く買えます。特に、廃盤になった商品や... (全185文字)
販売・接客・ホールサービス
20代前半
【良い点】 沢山研修があり勉強になります。月一回必ずトレーニングがあります。新製... (全185文字)

年収の事例 / 株式会社資生堂

営業マネージャー・管理職
1000万円
40代後半 課長クラス
【良い点】 組合員のうちは、決して高い給与ではないが、管理職になると年収が増える... (全184文字)
ブランド・プロダクトマーケティング
1350万円
50代前半 その他
【良い点】 管理職への登用スピードが早くなってきている、また部門長クラスも年齢が... (全209文字)

面接の事例 / 株式会社資生堂

広告・宣伝・プロモーション
Q1. 資生堂に入って貢献できることを聞かれます。
Q2. 当時の会社を辞める理由について聞かれます。
販売スタッフ
Q1. 自分を色に例えると何か、また、その理由はという質問がありました。
Q2. 資生堂を色に例えると、またその理由はという質問がありました。

会社概要 / 株式会社資生堂

会社名
株式会社資生堂
フリガナ
シセイドウ
本社所在地
東京都中央区
電話番号
03-3572-5111
FAX
03-6218-7404
代表者名
前田新造
業界
食品・化粧品
資本金
64,500,000,000円
決算月
3月
従業員数
3573人
設立年月
1927年6月
上場区分
上場
証券コード
4911
上場市場
東証1部
もっと詳しく▼

株式会社資生堂

株式会社資生堂は、1872年に創業。本社所在地は東京都中央区銀座7-5-5。本社事務所は東京都港区東新橋1-6-2にある。グループ会社数は104社、資本金は645億円(2013年3月31日現在)。

株式会社資生堂の経営理念

Our Mission, Values and Way

資生堂グループでは、企業理念を「Our Mission, Values and Way」としてまとめ、国・組織・ブランドを問わず、資生堂グループで働く全員で共有されている。
「Our Mission」は、「資生堂グループは何をもって世の中の役に立っていくのか」という企業使命と事業領域を定めたもの。「私たちは、多くの人々との出会いを通じて、新しく深みのある価値を発見し、美しい生活文化を創造します」としている。
「Our Values」は「Our Mission」を実現するために、資生堂グループで働く一人ひとりが共有すべき心構えを定めたもの。「多様性こそ、強さ 挑戦こそ、成長性 革新を続ける伝統こそ、卓越した美を創造する」としている。
「Our Way」は、Our Missionを実現するために、資生堂グループで働く一人ひとりがとるべき行動を定めたもの。「お客さまとともに 取引先とともに 株主とともに 社員とともに 社会・地球とともに」となっている。

株式会社資生堂の沿革

  • 1872年: 洋風調剤薬局「資生堂」を創業。
  • 1915年: 商標「花椿」と花椿マークを制定。
  • 1916年: 意匠部、試験室を開設。
  • 1919年: 現存する日本で最古の画廊である資生堂ギャラリーを開設。
  • 1924年: 愛用者向け文化情報誌「資生堂月報」を創刊。
  • 1927年: 株式会社資生堂となる。
  • 1933年: 「資生堂月報」に代わって「資生堂グラフ」を創刊。
  • 1937年: 美容法「資生堂式新美顔術」を完成し、専用化粧品発売。
  • 1949年: 東京証券取引所に株式を上場。
  • 1956年: 東京・渋谷に資生堂美容室を回転。
  • 1957年: 台湾で販売開始。
  • 1959年: 資生堂美容学校を開校。
  • 1962年: 資生堂会館(後のパーラービル」)が完成。
  • 1970年: 資生堂シンガポールを設立。
  • 1971年: 資生堂ニュージーランドを設立。
  • 1972年: 資生堂タイランドを設立。
  • 1975年: 「資生堂ザ・ギンザ」が開店。
  • 1980年: 資生堂フランスを設立。
  • 1981年: 中国・北京で販売開始。
  • 1982年: 資生堂オーストラリアを設立。
  • 1986年: 資生堂ユナイテッドキングダムを設立。
  • 1992年: 資生堂アメニティグッズ株式会社を設立。
  • 1993年: 資生堂カナダを設立。
  • 1995年: 資生堂インターナショナルを設立。
  • 1997年: 資生堂企業行動宣言「THE SHISEIDO WAY」、資生堂企業倫理・行動基準「THE SHISEIDO CODE」制定。
  • 2000年: 国内外の全工場でISO14001の認証を取得。
  • 2001年: 東京銀座資生堂ビル完成。
  • 2004年: 資生堂プロフェッショナル株式会社を設立。
  • 2009年: 化粧品業界で初めて環境省から「エコ・ファースト企業」に認定。
  • 2011年: 「SHISEIDO THE GINZA」を開店。
  • 2012年: 創業140周年の「未来椿プロジェクト」をスタート。
  • 2012年: ワタシプラス、Beauty & Co.を開始。

株式会社資生堂の主要事業

国内化粧品事業

化粧品事業(化粧品、化粧用具、トイレタリー製品の製造・販売)、ヘルスケア事業、(美容食品、一般用医薬品の製造・販売)、その他ノン資生堂・通販化粧品の製造・販売等を行う。

株式会社資生堂の強み

100年以上の歴史と強いブランド力

株式会社資生堂は、1872年日本で初めての洋風調剤薬局として東京銀座に創業。以来100年以上にわたり、日本の化粧品技術と文化をリードしてきた実績があり、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界各地でも事業を展開している。現在では、100億円から500億円規模のブランド・ラインを10以上も保有している。

高機能と安全性

世界中の化粧品研究者が注目する、最も権威のある研究発表会が「IFSCC(国際化粧品技術者会)」であるが、株式会社資生堂は通算18回の最優秀賞を受賞している。これは世界の化粧品メーカーの中で最も多い受賞数である。

質の高いカウンセリング

資生堂のビューティーコンサルタント(BC)は、美容のプロとして店頭に立ち、質の高いカウンセリングを行っている。行動指標「SHISEIDO BC OMOTENASHI CREDO」は26言語に翻訳され、全世界のビューティーコンサルタントに配布されている。「グローバルBCコンテスト世界大会」も開かれ、店頭での対応力の向上につとめている。

株式会社資生堂の社風・労働環境

社内制度
力ンガル一スタッフ制度

店頭でお客さまに応対するビューティーコンサルタントが育児時間制度を利用する際、ビューティーコンサルタントに代わって夕刻以降の店頭活動をサポートする「カンガルースタッフ」を派遣する。

きゃりあすたっふ制度

退職する社員のうち、一定の基準を満たす場合に「きゃりあすたっふ」のライセンスを付与し、再雇用を希望する場合は希望事業所での採用を検討するという制度。

知恵椿提案制度

研究、生産、マーケティング、販売にわたるすべての領域の社員が、自分で工夫・改善した内容を提案し、それを評価する制度である。全社員が業務改革参画することを目的としている。

株式会社資生堂の関連会社

会社名 事業内容
資生堂販売株式会社 国内化粧品事業
資生堂フィティット株式会社 国内化粧品事業
株式会社資生堂インターナショナル 国内化粧品事業
株式会社ザ・ギンザ 国内化粧品事業
資生堂アメニティグッズ株式会社 国内化粧品事業
株式会社ディシラ 国内化粧品事業
株式会社エテュセ 国内化粧品事業
株式会社アユーララボラトリーズ 国内化粧品事業
資生堂アメリカズCorp. グローバル事業
資生堂アメリカInc. グローバル事業

株式会社資生堂関連のTwitter・ブログ・Facebook

関連まとめ / 株式会社資生堂

新着クチコミ

福利厚生、社内制度
【良い点】 社内販売で化粧品や日用品などが安く買えます。特に、廃盤になった商品や、新しく改良される前の化粧品は70パーセントオフで購入できるので、化粧品が好きな人ならと... 続きを読む
年収、評価制度
【良い点】 組合員のうちは、決して高い給与ではないが、管理職になると年収が増える。 評価も結果とプロセス両方を見ようとしており、比較的フェア。 【気になること・改善した... 続きを読む
スキルアップ、キャリア開発、教育体制
【良い点】 沢山研修があり勉強になります。月一回必ずトレーニングがあります。新製品に対してのスキルアップにはよいいと思います。本部の研修はマナーや外部の講師をはけんして... 続きを読む

株式会社資生堂の会社情報・転職・求人情報なら転職会議

「【良い点】組合員のうちは、決して高い給与ではないが、管理職になると年収が増える。評価も結果とプロセス両方を見ようとしており、比較的フェア。【気になること・改善したほうがいい点】トレーニングは少なく、属人的な体制。仕事は、上からの一方的な指示が多い。組合員は、残業した分しっかりつけるようになっているものの、36協定を超える残業は、厳しくコントロールされる。」など、資生堂の転職・採用・求人のクチコミから、中途採用・就職情報まで、転職クチコミサイト『転職会議』なら資生堂社員のクチコミで幅広く調べられます。