アステラス製薬の転職/採用/求人のクチコミ(全363件)

  1. アステラス製薬株式会社の転職/採用/求人
TOP
評判
291件
年収
56件
面接
16件

「企業のクチコミ」が無料で見られます!会員登録(無料)

総合評価 4.7 / 5.0 (236人)

仕事が多い 仕事が少ない
実力主義 年功序列
トップダウン ボトムアップ
チーム重視 個人重視
長く働ける 64% 英語使う 62%

評判や社風 / アステラス製薬株式会社

MR・MS
20代後半
【良い点】 支店内に産休を取得している方の多くいたので、働きやすいと思う。全国的... (全176文字)
MR・MS
30代前半
【良い点】 研修制度が整っている(職種別、役職別など) 研修の機会も頻繁にある ... (全177文字)

年収の事例 / アステラス製薬株式会社

MR・MS
300万円
20代前半 社員クラス
【良い点】 合理的な考え、行動が重視される社風であり、やった分だけ評価に繋がる。... (全183文字)
生産技術(医薬)
680万円
30代前半
【良い点】 ある程度の年齢まではあまり成果による差は出ません。ただ個人の能力で成... (全235文字)

面接の事例 / アステラス製薬株式会社

MR・MS
Q1. 今までの成功例を細かく聞かれました。
Q2. 基本的に職務経歴書を中心に質問され難しい内容は全く聞かれませんでした
MR・MS
Q1. お酒は飲めますか?という質問
Q2. ストレスへの対処法は

会社概要 / アステラス製薬株式会社

会社名
アステラス製薬株式会社
フリガナ
アステラスセイヤク
本社所在地
東京都中央区
電話番号
03-3244-3000
代表者名
畑中好彦
業界
医療・医薬
資本金
103,000,000,000円
もっと詳しく▼

アステラス製薬株式会社 

アステラス製薬株式会社の創業は1923年。本社は東京都中央区日本橋本町2-5-1に所在する。医薬品業界に属し、主な事業内容は医薬品の製造・販売および輸出入である。
従業員数は連結ベースで17,454名(2013年3月31日現在)。資本金は103,000百万円である。代表取締役社長は2011年6月20日就任の畑中好彦。

アステラス製薬株式会社 の経営理念

先端・信頼の医薬品で世界の健康に貢献

生命科学の未知なる可能性を探求し、最先端の医薬品を生む事、そして、高品質と確かな情報提供でゆるぎない信頼を築く事、これらで世界の健やかな生活に貢献することを社の「存在意義」とする。こうして高められた企業価値で、全てのステークホルダーに選ばれ、信頼されることを「使命」とする。この使命を果たすため、高い倫理観、顧客志向、創造性発揮、競争の視点、という4つの「信条」を実践する。
2013年現在好調な業績を果たすも、常に競争の視点を忘れず、人員や研究所の削減などで先端医療実現のための研究開発効率化を怠らない。「VISION2015」で掲げた経営資源集中を果たすべく、名門といわれた発酵創薬研究部門の閉鎖など、一貫した姿勢でビジョン達成を目指す。

アステラス製薬株式会社 のビジョン

理念実現を目指し「VISION2015」

成長率低下、規模や多様な競争優位の存在が想定される医薬品市場において、”アンメット・メディカルニーズ”が高く、高い専門性の求められる複数分野で、各「カテゴリー」における「グローバル」に付加価値の高い製品を提供し、競争優位を成し、「リーダー」としての存在を確立する、「グローバル・カテゴリー・リーダー」を目指す。具体的には泌尿器疾患、免疫疾患(移植を含む)、がんなどに経営資源を集中、2010年には米OSIファーマメディカルズを買収、欧米での売上増を果たす。また人的資源の活用とマネジメントの最適化を行う。

アステラス製薬株式会社 の沿革

  • 1923年4月: 故山内健二が大阪市において、母体となる山之内薬品商会を創立。
  • 1942年5月: 同系5社を吸収合併し、本社を東京に移転。
  • 1949年3月: 日本医薬工業株式会社を合併。(資本金6,356万円)
  • 1949年5月: 東京証券取引所及び大阪証券取引所に株式を上場。
  • 1963年2月: 台湾に台湾山之内製薬Co.,Ltd.を設立。
  • 1964年5月: 中央研究所完成。
  • 1986年4月: アイルランドに山之内アイルランドCo.,Ltd.を設立。
  • 1989年3月: 筑波研究センター完成。
  • 1989年5月: シャクリーコーポレーション(米国)を買収。
  • 1990年8月: 英国に山之内U.K.Limitedを設立。
  • 1990年12月: オランダに山之内ブロカデスB.V.を設立。
  • 1991年2月: ロイヤルヒストブロカデスN.V.(オランダ)の医薬品部門を買収し、統括会社としてブロカデスファーマB.V.(オランダ)を設立。
  • 1992年4月: 米国に山之内U.S.A.Inc.を設立。
  • 1994年7月: 韓国に合併会社韓国山之内製薬株式会社を設立。
  • 1994年10月: 中国に合併会社瀋陽山之内製薬有限公司を設立。
  • 1997年4月: フィリピンに山之内フィリピンInc.を設立。
  • 1999年1月: タイに山之内タイランドCo.,Ltd.を設立。
  • 1999年12月: シャクリーコーポレーションの医薬品生産・製剤技術研究組織を山之内ファーマテクノロジーズInc.として分離独立。
  • 2000年3月: インドネシアにP.T.山之内インドネシアを設立。
  • 2000年6月: 米国に山之内アメリカInc.を設立。
  • 2001年9月: 米国に山之内ファーマアメリカInc.を設立。
  • 2002年4月: 山之内U.S.A.Inc.と山之内アメリカInc.を山之内ファーマアメリカInc.に統合。
  • 2002年7月: 瀋陽山之内製薬有限公司を山之内製薬(中国)有限公司に改称。
  • 2004年5月: 日本シャクリー株式会社、シャクリーコーポレーション、イノービス(米国)の株式を譲渡。
  • 2004年6月: ベアリーク(米国)の株式を譲渡。
  • 2004年10月: 藤沢薬品工業株式会社と一般医薬品事業を統合し、ゼファーマ株式会社を設立。
  • 2005年1月: 株式会社サンウェルの株式を譲渡。
  • 2005年4月: 藤沢薬品工業株式会社と合併し、アステラス製薬株式会社発足。製剤生産機能を統合・分社化し、アステラス東海株式会社を設立。
  • 2006年4月: 原薬製造機能を統合・分社化し、アステラスファーマケミカルズ株式会社を設立。ゼファーマ株式会社の全株式を第一三共株式会社へ譲渡。
  • 2007年4月: アステラス東海株式会社がアステラス静岡株式会社他1社を吸収合併。
  • 2007年12月: がん領域の抗体医薬を専門とするバイオベンチャー、アジェンシスInc.(米国)を買収。
  • 2008年4月: 米国にグローバル開発本社機能を有するアステラス ファーマ グローバルディベロップメントInc.を設立。
  • 2008年11月: インドに医薬品販売子会社アステラス ファーマ インディア PTV.Ltd.を設立。
  • 2009年7月: ブラジルに医薬品販売子会社アステラス ファーマ ブラジルを設立。
  • 2010年6月: がん、糖尿病/肥満の領域に事業基盤を持つOSI ファーマシューティカルズ Inc.(米国)を買収。
  • 2010年12月: オーストラリアに医薬品販売子会社アステラス ファーマ オーストラリア Pty Ltdを設立。
  • 2011年4月: アステラス富山株式会社及びアステラスファーマケミカルズ株式会社をアステラス東海株式会社に統合し、その社名をアステラス ファーマ テック株式会社に変更。
  • 2011年5月: 米国マキシジャン社との合併会社である、パーシード セラピューティクス LLC(米国)の全持分を取得。

アステラス製薬株式会社 の主要事業

医薬品事業

国内外併せ連結子会社と持分法適用関係会社の80社で構成され、研究から開発、生産・技術、MR活動までを行う。
国内では、自社または子会社が製造・仕入れをした製品を自社が販売している。海外では米州、欧州、アジア及びその他の地域で関係会社が製造・販売を行い、これらの関係会社に原料及び製品の一部を供給している。

アステラス製薬株式会社 の強み

専門性の高い領域への特化

移植や泌尿領域といった専門性が高い領域に特化して、革新的な製品を創出。
その領域においてグローバルなリーディングポジションを確立している。

グローバル販売網

研究開発・生産・販売の一貫した体制を構築し、グローバルに展開している。
世界50か所で自社販売を行い、日本、欧州、米州アジアでバランスのとれた事業展開を行う。
中国、ロシアなど新興国への販売網拡大も手掛ける。

強固な国内営業基盤

幅広い製品群のポテンシャルを最大化する強固な国内営業基盤を有する。国内支店は14か所。
消化性潰瘍・ 胃炎治療剤がスターなど、数多くの優れた製品で、医療用医薬品市場国内2位のシェアを確立する。

アステラス製薬株式会社 の社風・労働環境

社内制度
アステラスビジネススクール

教養課程のAstellas Growth Program(AGP)と専門課程のAstellas Professional Program(APP)がある。まずAGPは、入社5年間で行う課程で、一人前のプロフェッショナルとして活躍する体力を養うものである。仕事の基本的スキル習慣化まで徹底的な成長支援を行い、自律的キャリア形成の後押しとする。また、APPはプロフェッショナルな人材育成のために行う課程で、多種多様な最高水準のプログラムを必要な人に用意するものである。このAPPでは成果が期待できる人材に傾注した投資を行う。

ジョブチャレンジ制度

「社内リクルート制」「フリーエージェント制」「グローバル・キャリア・エントリー制」がある。
「社内リクルート制」は各部門が社内で必要な人材をリクルートし、募集と応募のニーズが合えば異動が実現する制度。
「フリーエージェント制」は、本人の挑戦意欲でやりたい仕事を宣言し、自己アピールを行う。要因計画と人材ニーズが合致すれば異動が実現する制度。
「グローバル・キャリア・エントリー制」は、将来グローバルビジネスの中核を担う可能性を持つ若手人材を全社から公募する。合格者は本社コーポレートスタッフ部門に異動となり、早い段階で海外トレーニーとしての派遣機会を得、グローバルビジネスパーソンへと大成することが期待される。
社員の合併後の不安や不満に応える公正で明確な納得感のある人事体制と、優秀な人材を高位に抜擢する機会作り、グローバルな人材育成、などに成果を果たす。

後継候補者選抜・育成計画

数年先の経営幹部候補者をリストアップし育成するプログラムである。年1回経営トップや欧州米州の人事部長などが集まり、サクセッション・プランの検証、見直しを行う。また、課長級についても人事部と部門長で同様のことを行う。この制度により、経営陣の強化と質・量の確保、部門横断型人材ローテーション、候補者のキャリア形成サポート、といったメリットが期待される。また、人的資源の強化による長期的な競争優位性確立を目指すものである。

客観性の高い評価制度

実績や経験に加え、適性や意欲等定性情報を包括的に把握できる、人材情報管理システムを導入している。
人材情報の客観的なリストアップとリアルタイムアクセスが可能になり、選抜や配置の精度が向上する。
人事に総合的かつ客観的な視点を与え、適材適所の人事に対する意識改革が浸透する。

多様な労働時間制度

各社員の役割と成果に基づく評価を基本としているため、職務に応じてフレックスタイム制度、事業場外みなし労働制度、裁量労働制度など、多様な働き方を認めている。2012年度は98%がこれらの制度の対象となっている。

子育て支援制度

産前・産後や育休者の復職を容易にする支援として、休職中の会社情報や自己啓発機会の提供、新制度の周知や利用促進のための復職支援実施等、コミュニケーションの促進を図っている。
また、ベビーシッター派遣会社と法人契約し、利用補助や、育児休業復職時の託児費用補助、育児短時間勤務制度の期間延長、在宅勤務制度導入といった様々な支援を行う。
女性の働きやすさ向上に貢献している。

アステラス製薬株式会社 の社風・雰囲気
風邪通しが良く高い倫理観のある風土

合併前の山之内製薬株式会社と藤沢薬品工業株式会社は経営トップと中堅社員の距離が近く、営業スタイルが粘着質という相似点があった。アステラス製薬株式会社へと合併するに伴い、人事制度の改変を行い年功序列的人事や賃金制度を廃止、グローバルな人事制度の導入へと素早い転換を図った。個人の意欲、能力を公平に評価し、成長意欲の高い個人には成長機会を与える風土となっている。
また、女性活用の推進にも積極的で、育児支援も充実。女性が働きやすい環境を作っている。

アステラス製薬株式会社 の関連会社

会社名 事業内容
アステラス US ホールディング Inc. 医薬品事業
アステラス ファーマ テック 株式会社 医薬品事業
アステラス US LLC 医薬品事業
アステラス ファーマ US,Inc. 医薬品事業
アステラス ファーマ グローバル ディベロップメント Inc. 医薬品事業
アジェンシス Inc. 医薬品事業
アステラス ファーマ テクノロジーズ Inc. 医薬品事業
アステラス US テクノロジーズ Inc. 医薬品事業
アステラス B.V. 医薬品事業
アステラス ファーマ ヨーロッパ Ltd. 医薬品事業

アステラス製薬株式会社 の著名人

重富俊二
  • 早稲田大学工学修士(経営工学)卒業。
  • 1978年に藤沢薬品工業に入社する。2005年アステラス製薬発足時にはシステム統合を統括し、情報システム本部・企画部長を務める。2007年には組織改編により社長直轄組織のコーポレートIT部長に就任する。2011年9月30日退社。
  • 2011年12月1日ガートナー ジャパンのエグゼクティブ プログラム バイス プレジデント兼エグゼクティブ パートナーに就任。

アステラス製薬株式会社 関連のTwitter・ブログ・Facebook

関連まとめ / アステラス製薬株式会社

新着クチコミ

女性の働きやすさやキャリア
【良い点】 支店内に産休を取得している方の多くいたので、働きやすいと思う。全国的にみても多くいると思う。 休みも取りやすいので、子育てと両立している方が多いのだと感じた... 続きを読む
福利厚生、社内制度
【良い点】 研修制度が整っている(職種別、役職別など) 研修の機会も頻繁にある 新しい試みがある 福利厚生が充実している(女性でも仕事がしやすい) 福利厚生が充実してい... 続きを読む
ワークライフバランス
【良い点】 フレックスと裁量労働制から働き方が選べるのでより自分に合う働き方ができると思います。時短勤務者に対しても理解があり、在宅勤務制度も整っているため、制度および... 続きを読む

アステラス製薬株式会社の会社情報・転職・求人情報なら転職会議

「【良い点】研修制度が整っている(職種別、役職別など)研修の機会も頻繁にある新しい試みがある福利厚生が充実している(女性でも仕事がしやすい)福利厚生が充実しているからか、社内の雰囲気がいい研修担当の社員が切磋琢磨し、情熱を注いでもらっているのが分かる【気になること・改善したほうがいい点】若干研修の機会が多いと感じるまた研修の種類も多め」など、アステラス製薬の転職・採用・求人のクチコミから、中途採用・就職情報まで、転職クチコミサイト『転職会議』ならアステラス製薬社員のクチコミで幅広く調べられます。